「FA」に関する記事一覧

ソフトバンク和田「人的補償」騒動を経て最後に得した西武 山川FA移籍で甲斐野獲得は「最高の補強」
ソフトバンク和田「人的補償」騒動を経て最後に得した西武 山川FA移籍で甲斐野獲得は「最高の補強」

今オフのプロ野球、国内のフリーエージェント(FA)をめぐり、大きな騒動があった。西武からFA権を行使した山川穂高のソフトバンク移籍、それに伴う人的補償で名前があがったのが「ソフトバンクの顔」である和田毅という衝撃的な展開だ。他の選手にも動揺が広がり、怒りをあらわにするファンの声も。最終的には甲斐野央(ひろし)の獲得で西武が得をした?

dot.
巨人では退団に繋がった選手…FA入団で起きた確執やライバル関係、定位置失い引退早まった例も
久保田龍雄 久保田龍雄
巨人では退団に繋がった選手…FA入団で起きた確執やライバル関係、定位置失い引退早まった例も
広島・西川龍馬のオリックス移籍が決まるなど、今オフもFA戦線で活発な動きが見られた。その一方で、過去にはFA選手の加入によって、ポジションが重なるライバルやレギュラー獲り目前の若手・中堅選手が影響を受けた事例も多い。
プロ野球FA
dot. 1/7
阪神「2024年オフの主力FA問題」 移籍する選手も出る? “金銭的”には引き留め可能も
dot.sports dot.sports
阪神「2024年オフの主力FA問題」 移籍する選手も出る? “金銭的”には引き留め可能も
38年ぶりの日本一に輝くなど2023年のプロ野球界の話題を独り占めにした感もある阪神。これから全盛期を迎えるであろう選手も多く、黄金時代の到来も予感させるが、そのためには乗り越えなければいけないハードルがある。
阪神プロ野球FA
dot. 1/3
なぜ今オフのFA市場でオリ山崎福也が一番人気なのか 6球団争奪戦も「過度な期待は禁物の理由」
今川秀悟 今川秀悟
なぜ今オフのFA市場でオリ山崎福也が一番人気なのか 6球団争奪戦も「過度な期待は禁物の理由」
今オフのFA市場で一番人気となっているのが、オリックスの山崎福也だ。巨人、ソフトバンク、DeNA、ヤクルト、日本ハムと争奪戦に5球団が参加する。宣言前に残留交渉を行ったオリックスを含め、6球団の争奪戦の様相を呈している。
山崎福也FA6球団争奪戦
dot. 11/23
オリ山本、DeNA今永、楽天松井、日ハム上沢はメジャーで通用するか 過去の投手成績徹底分析
オリ山本、DeNA今永、楽天松井、日ハム上沢はメジャーで通用するか 過去の投手成績徹底分析
山本由伸(オリックス)、今永昇太(DeNA)、松井裕樹(楽天)、上沢直之(日本ハム)がメジャーリーグ挑戦を表明した。4人はメジャーリーグで活躍できるのか?1995年の野茂英雄(近鉄)以来、過去29年間で海を渡った日本人メジャーリーガーは全50投手。今回の4人と「同タイプの活躍投手」の傾向を探ってみた。
山本由伸今永昇太松井裕樹上沢直之FA
dot. 11/22
山川穂高がFA権行使 ソフトバンクが獲得報道も「過度な期待は禁物」との意見が出るワケ
今川秀悟 今川秀悟
山川穂高がFA権行使 ソフトバンクが獲得報道も「過度な期待は禁物」との意見が出るワケ
西武の山川穂高が14日、国内FA権を行使したことを球団が公式サイトで発表した。
山川穂高FAソフトバンク
dot. 11/17
中田翔がFAで争奪戦の可能性 人的補償が必要も「パリーグ複数球団が高評価」
今川秀悟 今川秀悟
中田翔がFAで争奪戦の可能性 人的補償が必要も「パリーグ複数球団が高評価」
今オフのFA市場は左腕投手が争奪戦になりそうだ。山崎福也(オリックス)は自身最多の11勝をマークし、リーグ3連覇に貢献。野手顔負けの打撃もセリーグ球団の評価を高めている。加藤貴之(日本ハム)は7勝にとどまったが抜群の安定感でゲームメーク能力が高い。リーグ3位の163回1/3を投げて防御率2.87とタフなことも魅力だ。リリーバーに目を移すと、守護神・田口麗斗(ヤクルト)がリーグ2位の33セーブをマーク。2試合連続失点したことがなく、50試合登板で防御率1.86と5位に沈んだチームの中で奮闘した。
中田翔FA
dot. 10/20
中田翔は“巨人残留”が基本線の声も、FAなら人気に「移籍なら有力なのは?」去就どうなる
dot.sports dot.sports
中田翔は“巨人残留”が基本線の声も、FAなら人気に「移籍なら有力なのは?」去就どうなる
巨人・中田翔は来季どのチームでプレーするのだろうか……。今オフ、FA権行使の可能性が報じられる中で去就が注目されている。
中田翔巨人FA
dot. 10/12
巨人は来季に向け補強どうする FAで“弱点”補うなら候補は4人の投手か 有望株も多い中で決断は
西尾典文 西尾典文
巨人は来季に向け補強どうする FAで“弱点”補うなら候補は4人の投手か 有望株も多い中で決断は
プロ野球のレギュラーシーズン終了間近の10月3日、大きなニュースが飛び込んできた。2年連続のBクラスが決まった巨人の原辰徳監督が契約をあと1年残しながら、今シーズン限りで辞任することが報じられたのだ。最終戦終了後のセレモニーで原監督の口から正式に発表され、後任の監督は阿部慎之助ヘッド兼バッテリーコーチが就任することも明らかになった。
巨人FA補強
dot. 10/5
去就大注目、松井裕樹はメジャーでも高評価か 日米で争奪戦の予感 NPB球団なら“本命”はどこ
dot.sports dot.sports
去就大注目、松井裕樹はメジャーでも高評価か 日米で争奪戦の予感 NPB球団なら“本命”はどこ
今オフの動向が今から気になるのが楽天・松井裕樹だ。球界屈指の左腕クローザーは4年契約最終年を迎えるだけでなく、海外FA権も取得した。国内外を巻き込んだ争奪戦に発展しそうな雰囲気が漂っている。
松井裕樹FA楽天
dot. 9/6
巨人3年連続V逸濃厚、原監督は契約最終年に向け「大型補強」か 候補のFA選手と“国内助っ人”は
dot.sports dot.sports
巨人3年連続V逸濃厚、原監督は契約最終年に向け「大型補強」か 候補のFA選手と“国内助っ人”は
阪神が独走状態となり、3年ぶりのセ・リーグ制覇が絶望的な状況となっている巨人。2年連続Bクラスの危機にも瀕しているが、来季が3年契約の3年目を迎える原辰徳監督がオフにどう動くのか早くも注目されている。
巨人原辰徳監督FA
dot. 9/4
巨人は動くか、地元・広島入りも? 早くも去就注目、ヤクルト田口麗斗が“選びそうな”球団は
dot.sports dot.sports
巨人は動くか、地元・広島入りも? 早くも去就注目、ヤクルト田口麗斗が“選びそうな”球団は
今シーズン国内フリーエージェント(FA)の権利を取得したヤクルト・田口麗斗の去就が早くも注目されている。
ヤクルトFA田口麗斗
dot. 8/1
FA権取得の日ハム・近藤健介 「西武が争奪戦を制する可能性ある」と囁かれる理由とは
FA権取得の日ハム・近藤健介 「西武が争奪戦を制する可能性ある」と囁かれる理由とは
今オフのFA市場で人気を集めているのが日本ハムの近藤健介だ。今月8日にFA権を行使する意思を日本ハムに伝え、申請書類を提出した。オリックス、ソフトバンク、ロッテ、西武の4球団が獲得に興味を示し、セリーグの球団も参戦する可能性がある。
FA日本ハム近藤
dot. 11/10
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
今オフのFAは捕手が主役?森友哉、伏見寅威、嶺井博希らの決断はいかに
今オフのFAは捕手が主役?森友哉、伏見寅威、嶺井博希らの決断はいかに
今オフのFA市場で、チーム編成に大きな影響を及ぼす可能性があるのが捕手陣の動向だ。西武・森友哉、オリックス・伏見寅威、DeNA・嶺井博希がFA権の行使を検討していることが、メディア各紙で報じられている。
FA巨人森友哉
dot. 11/4
残留か移籍かFA去就注目の日本ハム・近藤健介 「新庄野球をどう判断するか」の指摘
残留か移籍かFA去就注目の日本ハム・近藤健介 「新庄野球をどう判断するか」の指摘
今オフのFA市場は大物選手が多い。西武・森友哉、阪神・西勇輝、楽天・浅村栄斗…そして、この選手もFA権を行使するか注目される。日本ハムの安打製造機・近藤健介だ。
FA日本ハム近藤
dot. 10/28
「FAの目玉」西武・森友哉獲得 「残留の可能性は十分にある」の指摘
「FAの目玉」西武・森友哉獲得 「残留の可能性は十分にある」の指摘
ペナントレースは後半戦に入り連日熱戦が繰り広げられているが、今オフの「FAの目玉」として動向が注目されるのが西武・森友哉だ。8月中に国内FA権の取得要件を満たす予定で、権利行使すれば複数球団の争奪戦になるだろう。
FA西武
dot. 8/4
1
カテゴリから探す
ニュース
天皇陛下は「悠仁さまを見守っている」 誕生日会見に込めた令和の天皇のメッセージ
天皇陛下は「悠仁さまを見守っている」 誕生日会見に込めた令和の天皇のメッセージ
天皇陛下
dot. 2時間前
教育
31歳からほぼ独学でTOEIC満点達成 監修プログラム受講者は3カ月で200点以上アップの英語学習法
31歳からほぼ独学でTOEIC満点達成 監修プログラム受講者は3カ月で200点以上アップの英語学習法
最強ビジネス英語
AERA 1時間前
エンタメ
「見取り図・盛山」コワモテでも女性ファン急増中の理由〈「見取り図の間取り図ミステリー」きょう放送〉
「見取り図・盛山」コワモテでも女性ファン急増中の理由〈「見取り図の間取り図ミステリー」きょう放送〉
見取り図
dot. 12時間前
スポーツ
大谷結婚に“落胆”の海外ファン「もう終わりだよ、みんな」 結婚指輪の次に狙う「リング」とは?
大谷結婚に“落胆”の海外ファン「もう終わりだよ、みんな」 結婚指輪の次に狙う「リング」とは?
大谷翔平
dot. 12時間前
ヘルス
【大腸がん手術】北陸でロボット手術を指導する厚生連高岡病院・小竹優範医師「北陸の医療の底上げ目指す」
【大腸がん手術】北陸でロボット手術を指導する厚生連高岡病院・小竹優範医師「北陸の医療の底上げ目指す」
いい病院
dot. 16時間前
ビジネス
〈ネット証券5社の新NISA生データ入手〉1カ月で実際に買われた投資信託ベスト30
〈ネット証券5社の新NISA生データ入手〉1カ月で実際に買われた投資信託ベスト30
新NISA
AERA 16時間前