石井志昂

石井志昂(いしい・しこう)/1982年、東京都町田市出身。中学校受験を機に学校生活があわなくなり、教員や校則、いじめなどを理由に中学2年生から不登校。同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。19歳からNPO法人全国不登校新聞社が発行する『不登校新聞』のスタッフとなり、2006年から編集長。これまで、不登校の子どもや若者、識者など400人以上に取材してきた

  • 「自分でもどうして?」中3女子は突然学校に行けなくなった 疲れた子どもが抱える“生きづらさ”

    「自分でもどうして?」中3女子は突然学校に行けなくなった 疲れた子どもが抱える“生きづらさ”

     文科省の発表によれば、昨年度の小・中学生の不登校は19万6127人。8年連続で増加し、過去最多を記録しました(※)。なぜ不登校は増えたのでしょうか。不登校新聞編集長の石井志昂さんが、専門家や現場の声

    dot.

    11/9

  • 夏休み明けに多い不登校や自殺 山田ルイ53世も経験「宿題できてない」に込められたSOS

    夏休み明けに多い不登校や自殺 山田ルイ53世も経験「宿題できてない」に込められたSOS

     子どもの自殺や不登校が「夏休み明けに多くなる」という話、聞いたことがあるでしょうか。じつは内閣府や文部科省も注意を促すほど、夏休み明けは子どもにとって危険な時期です。特に今年の夏は収束の兆しがみえな

    dot.

    8/30

  • 小学生の不登校急増 「もう誰かに殺してほしい」と追い詰められる人間関係とは?

    小学生の不登校急増 「もう誰かに殺してほしい」と追い詰められる人間関係とは?

     1年以上に及ぶコロナ禍で「不登校が増えた」と言われています。正確な結果は、今秋の文科省調査を待つしかありませんが、不登校新聞編集長の石井志昂さんは、フリースクールや相談機関の職員から「不登校の相談件

    dot.

    7/20

  • 教室で居場所を失った“ヤンキー気質”な元ひきこもり女子34歳 自傷の過去からまさかの「転身」

    教室で居場所を失った“ヤンキー気質”な元ひきこもり女子34歳 自傷の過去からまさかの「転身」

     世間では「ひきこもり」と一口に言いますが、ひきこもる理由も、そのキャラクターも千差万別です。ゲーム廃人と呼ばれたひきこもりもいれば、健康オタクで早寝早起きを崩せないというひきこもりもいます。不登校新

    dot.

    6/27

  • 旭川女子中学生凍死事件はなぜ起きたのか 「心のホームレス状態」を見逃さないで

    旭川女子中学生凍死事件はなぜ起きたのか 「心のホームレス状態」を見逃さないで

     北海道旭川市の公園で中学2年の女子生徒(当時14歳)が凍死しているのが見つかり、市と市教委は、いじめの有無などを調査することを決めたと報じられました。なぜこんな事件が起きてしまったのか、周囲にはどん

    dot.

    4/25

  • 元ひきこもり男性33歳がゲーム廃人と化し、株で散財し、バーのマスターになるまでの10年間

    元ひきこもり男性33歳がゲーム廃人と化し、株で散財し、バーのマスターになるまでの10年間

     ひきこもりといえば、学校へ行かず、働きもせず、家でも何もしていない人というイメージが強いと思います。ところが外出はせずとも、家族としか話さずとも、自分の世界では七転八倒のドラマが繰り広げられている人

    dot.

    3/22

  • 校風がゆるい?今や15人に1人は通信制高校 入ってよかった子と後悔した子の違い 

    校風がゆるい?今や15人に1人は通信制高校 入ってよかった子と後悔した子の違い 

     近年、親世代にはなじみの薄かった「通信制高校」の役割が高まってきています。KADOKAWA・ドワンゴが創る「N高(N高等学校)」も話題になりました。いまや高校生の15人に1人が通信制高校に通っていま

    dot.

    2/27

  • 「受験失敗で人生が好転した」第6志望も不合格だった不登校新聞編集長が今伝えたいこと

    「受験失敗で人生が好転した」第6志望も不合格だった不登校新聞編集長が今伝えたいこと

     本日1月16日、「大学入学共通テスト」の初日が実施されました。この先、大学入試だけでなく中学入試や高校入試なども予定され、受験シーズン本番を迎えます。しかし今年は例年以上に苦労をしている受

    dot.

    1/16

  • 主犯格がストーカーのように監視 親の“教育虐待”が原因? いじめ低年齢化の実態

    主犯格がストーカーのように監視 親の“教育虐待”が原因? いじめ低年齢化の実態

     文部科学省の調査で過去最多を更新した「いじめの認知件数」。その件数の多さもさることならが、心配なのはいじめの低年齢化です。子どもたちに今、何が起きているのでしょうか。不登校新聞編集長の石井志昂さんが

    dot.

    12/26

  • 「どうして裸なの?」と母親 25歳男性“ひきこもり生活”7年が終わった日のリアル

    「どうして裸なの?」と母親 25歳男性“ひきこもり生活”7年が終わった日のリアル

     引きこもりが終わった日は、いったい本人に何が起き、家族はどんな反応をするものなのでしょうか。ドラマのような感動的な場面を想像しがちです。不登校新聞編集長の石井志昂さんによると、その日というよりは出て

    dot.

    11/1

1 2 3 4 5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す