AERA dot.

石井志昂

このエントリーをはてなブックマークに追加
石井志昂

石井志昂

石井志昂(いしい・しこう)/1982年、東京都町田市出身。中学校受験を機に学校生活があわなくなり、教員や校則、いじめなどを理由に中学2年生から不登校。同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。19歳からNPO法人全国不登校新聞社が発行する『不登校新聞』のスタッフとなり、2006年から編集長。これまで、不登校の子どもや若者、識者など400人以上に取材してきた

  • NEW

    いじめ自殺でアンケート破棄が常態化する学校 「証拠隠滅」は裁判対策?

    dot.

     昨年8月に青森県東北町立中学1年の男子生徒(当時12)がいじめを訴える遺書を残して自殺した問題で、学校側がいじめに関するアンケート結果を破棄していたことが分かった。多くのいじめ裁判を取材してきた不登校新聞編集長の石井志昂さんは、こうした裁判対策とも取れる"証拠隠滅"が「もはや常態化している」と指摘...

  • ロバート キャンベル、米NYでいじめ「地獄の日々」を告白 救った母の行動とは?

    dot.

     文部科学省の調査によると、2016年に年間30日以上欠席した小中学生は全体の2割にあたる13万4398人にのぼった。ホームスクーリングという学校以外の選択肢がある海外からは、この現状がどう見えるのか。不登校新聞の編集長・石井志昂さんが、ニューヨーク生まれの日本文学研究者、ロバート キャンベルさんに...

  • 教師「いじめはどこにでもある」 過去最多32万件でも緊急避難者0.3%の現実

    dot.

     文部科学省は2016年度のいじめ認知件数が前年から約10万件増え、32万件だったと発表した。不登校新聞の編集長・石井志昂さんは件数の増加よりも、注目すべき点があると指摘する。*  *  * 10月26日、いじめなどに関する調査結果の発表がありました(文部科学省「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導...

  • 「ひきこもり女子会」が盛況な3つの理由 実態調査から漏れる主婦、家事手伝い…

    dot.

     ひきこもりの女性たちが集う「ひきこもり女子会」が人気だという。9月22日から全国キャラバンをスタートし、日本初の実態調査も始まろうとしている。不登校新聞の石井志昂さんは、それには理由があると指摘する。*  *  * いま「ひきこもり女子会」が人気です。東京・表参道で開かれた女子会にはなんと100人...

  • 新学期が死ぬほど苦しい君へ 「義務教育は1日も通わず卒業できる」

    dot.

     これから始まる新学期。9月1日は子どもの自殺が1年で最も多い日だ。苦しい気持ちを誰にも打ち明けられずに、学校へ向かう子もいるかもしれない。「不登校新聞」編集長の石井志昂さんは、自身も不登校だった経験から「予想に反して学校へ行かないことは『人生の詰み』じゃなかった」と振り返ります。*  *  * あ...