現在巨人が本拠地として使用する東京ドーム

 東京都は4月19日、旧築地市場の跡地を再開発する事業社が、三井不動産を中心とした11社のグループ企業体に決まったことを発表した。
 
 再開発の目玉として約5万人を収容可能な新スタジアムが建設予定であることも明かされ、事業予定者に巨人の親会社・読売新聞社が入っていることから、球団の新本拠地になるのではないかと話題となった。

【写真】本拠地移転から25年以上経つが、今でもファンに愛されている球場がこちら

 しかし、5月1日には巨人の山口寿一オーナーが「巨人軍の本拠地移転を前提にしてきたものではございません」とコメントし、様々な憶測がなされている。新スタジアムは野球以外の競技に加え、他エンタメも開催できる施設となるようだが、現在本拠地として使用する東京ドームの老朽化が指摘される中で、築地の新スタジアムと巨人との“関係”に注目が集まっている。

「巨人が築地にできる新球場を使用するのは既定路線のようには思う。東京ドームの老朽化は深刻で近年は改修も行っているが付け焼き刃的でしかない。エスコンフィールド北海道(以下エスコン)など各地に素晴らしい球場もできており、時代の流れを無視できないでしょう」(巨人担当記者)

 1988年開場の東京ドームは当時「最新式で日本一の球場」とも言われた。しかし今では人工芝の無機質な印象が強くなり、座席の間隔も狭いという問題も指摘されている。「興行を行うだけの箱」になってしまった感も否めず、実際にプレーする選手からの評判も良いと言えないのが現状だろう。

 ここ数年は巨人の新本拠地が築地にできるのではないかと度々噂にはなっていたが、気になるのは立地だ。現在の東京ドーム“最高な場所”にあるだけに築地に建設されるスタジアムへの懸念もあるという。

 開場から早36年の時が経ち、近頃は時代遅れと言われ続けた東京ドームに巨人がこだわってきた理由は、外国にある世界的なスポーツ施設と比べてもトップクラスのアクセスを誇る立地だから。築地新球場が施設として素晴らしいものとなったとしても、東京ドームの方が比較にならないほど便利な場所にあるのは変わらないはずだ。

次のページ
今のアクセス面の良さは手放せない?