松井市長(当時)が呼びかけた翌日2020年4月15日、市役所には市民らから寄付された雨がっぱなどが大量に届いた
松井市長(当時)が呼びかけた翌日2020年4月15日、市役所には市民らから寄付された雨がっぱなどが大量に届いた
この記事の写真をすべて見る

 2020年4月。新型コロナウイルスの感染拡大で医療が逼迫(ひっぱく)するなか、大阪市では治療に使われる医療用のガウンや防護服が不足した。そこで松井一郎市長は、代用として雨がっぱを送ってもらうよう呼びかけたところ、大量のかっぱが送られてきた。あれからちょうど3年。松井市長は今月6日に任期満了で退任となり、セレモニーが開かれるなか市役所をさったが……。

【写真】今も病院に残る雨がっぱはこちら

「使用していない雨がっぱがあれば、ぜひ大阪府・市に連絡してほしい」

 2020年4月14日、松井市長が記者会見でそう訴えると、4日間で約33万枚の雨がっぱが送られてきた。

 大阪市の幹部は当時を振り返り、こう話す。

「医療機関には市役所まで取りにきてもらいました。その後、1~2カ月すると供給が追い付いたためなのか、市役所ロビーはかっぱの山で埋め尽くされました」

 市の火災予防条例では、燃えやすい合成樹脂類を1カ所に3トン以上保管する場合は、消防への届け出を義務付けており、呼びかけから2カ月後の6月には、市役所ロビーでの保管について消防から指導を受けた。

 さて、あれからちょうど3年。あの雨がっぱはどうなったのか。

 大阪市が情報公開で出した「雨合羽払出し」という一覧表がある。

 約200の医療や介護施設に何枚配布したかを記録している。60枚から、多いところでは4万枚という数字もあった。

 万単位で雨がっぱをもらったという大阪市総合医療センターでは、

「あの時は救急車3台を出動させて市役所まで行き、雨がっぱを受け取りました。救急車が病院に戻ってくると、医療従事者が取り合っていて、非常に助かりました」

 と振り返る。一方で

「使えるものは次々に現場で医療従事者が着ていましたが、使い古したものや医療に適さないものも多く、現場感覚では100あれば50は使えない感じでした。残念ながら使えないものは捨てました」

 と説明した。

 同センターの医療従事者は、

「寄付でいただいたものなので、ありがたく使いました。ただ、着脱の際に感染リスクが高くなることがわかり、医療従事者の命を守る、という点では厳しいので、医療用としては使わなくなりました」

 と話した。

著者プロフィールを見る
今西憲之

今西憲之

大阪府生まれのジャーナリスト。大阪を拠点に週刊誌や月刊誌の取材を手がける。「週刊朝日」記者歴は30年以上。政治、社会などを中心にジャンルを問わず広くニュースを発信する。

今西憲之の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
【本日最終日】Amazonプライムデー2024「先行セール」開催中! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介
次のページ
今も“在庫”として