終末期では間に合わないことも 緩和ケアは「患者がどの段階から受けるか選べる」が大事

ヘルス

2022/11/07 18:00

腫瘍内科・緩和ケア内科医 西智弘さん/川崎市立井田病院腫瘍内科部長。緩和ケアチームや在宅診療にも関わる。一般社団法人プラスケア代表理事として、「暮らしの保健室」を運営(写真:古川雅子)
腫瘍内科・緩和ケア内科医 西智弘さん/川崎市立井田病院腫瘍内科部長。緩和ケアチームや在宅診療にも関わる。一般社団法人プラスケア代表理事として、「暮らしの保健室」を運営(写真:古川雅子)

 緩和ケアとは、重い病気を抱える患者・家族が直面するさまざまなつらさを軽減し、自分らしい生活を送れるように支える医療。その時期を選べることもまた重要だという。腫瘍内科・緩和ケア内科医の西智弘さんに、ケアの取り組みを聞いた。AERA 2022年11月7日号の記事を紹介する。

*  *  *

 僕が川崎市で実践しているのは、「どこのドアからでも入れる緩和ケア」です。

 2017年に、市内に「暮らしの保健室」を作ったことが大きい。医療者と市民が気軽につながることのできるカフェで、がん患者に限らず、医療者と接点を持ちたい市民が利用。保健室から緩和ケアにつながった人も大勢います。

 ここでは、緩和ケアという言葉は使いません。別に、自分ががん患者だと言わなくてもいい。コーヒーを飲みながら、その人が自分の人生のどこに価値を置いているのか語ってもらうことも。それは、緩和ケアでいう「ライフレビュー」の代替にもなります。

 一方、他院で抗がん剤治療を受けている患者さんが「今のうちから、緩和ケアのかかりつけ医に」と希望された場合は、15年に僕が勤務する病院に開設した「早期からの緩和ケア外来」を案内しています。生活の質を維持して過ごすことができるうちに、「これだけはやっておきたいこと」を話し合い、実現できる。終末期にぎゅっと顔合わせをして計画し始めても、間に合わないことは多々あります。早くから関わりを持つようになってから、患者さんの容体が急変しても、僕が患者さんにかける言葉が変わりました。「○○さん、頑張りましたね。あれもこれも達成できてよかったですね」と。

 大事なのは、患者さんがどの段階からケアを受けたいかを選べるということ。最期まで「自分らしく生きる」を誰もが選べる。それを僕ら医療者が支える。そんな構図の方が、医療のあり方として健全だし、僕がつくりたいのは、そういう社会なんです。

(ノンフィクションライター・古川雅子)

AERA 2022年11月7日号

あわせて読みたい

  • 「緩和ケアって末期がんの治療なの?」 医師が指摘する患者が誤解しやすいがん用語

    「緩和ケアって末期がんの治療なの?」 医師が指摘する患者が誤解しやすいがん用語

    週刊朝日

    8/9

    ネットの「怪しい医療情報」に騙されない! チェックするべき3つのポイント

    ネットの「怪しい医療情報」に騙されない! チェックするべき3つのポイント

    dot.

    5/6

  • なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    AERA

    9/13

    「ステージ4」抗がん剤治療をやめた患者に「ケアの空白」 終末期の手前を埋める必要性

    「ステージ4」抗がん剤治療をやめた患者に「ケアの空白」 終末期の手前を埋める必要性

    AERA

    11/6

  • 医師に「有効な治療法はない」と言われた… 誤解してほしくないその言葉の真意とは?

    医師に「有効な治療法はない」と言われた… 誤解してほしくないその言葉の真意とは?

    週刊朝日

    8/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す