「天を楽しみ生長」がより良く老いるカギ 『益軒養生訓新説』とは?

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2021/03/29 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは『益軒養生訓新説』。

あわせて読みたい

  • 休肝日はいらない? 医師・帯津良一が「酒は天の美禄なり」を解説
    筆者の顔写真

    帯津良一

    休肝日はいらない? 医師・帯津良一が「酒は天の美禄なり」を解説

    週刊朝日

    6/17

    種田山頭火、尾崎放哉 ── 自由律俳句の魅力

    種田山頭火、尾崎放哉 ── 自由律俳句の魅力

    tenki.jp

    6/5

  • 貝原益軒が養生訓で語った「心の内にある楽しみ」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    貝原益軒が養生訓で語った「心の内にある楽しみ」

    週刊朝日

    12/26

    老人は「つねに小児を養うように」江戸時代から語られる介護の重要性
    筆者の顔写真

    帯津良一

    老人は「つねに小児を養うように」江戸時代から語られる介護の重要性

    週刊朝日

    1/23

  • 「心に余裕を持つ」って結局どういうこと? 医師が解説!
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「心に余裕を持つ」って結局どういうこと? 医師が解説!

    週刊朝日

    1/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す