帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など著書多数。本誌連載をまとめた「ボケないヒント」(祥伝社黄金文庫)が発売中
貝原益軒 養生訓 「健脳」養生法――死ぬまでボケない ナイス・エイジングのすすめ
「亡くなった患者さんは皆、安堵の表情」 帯津医師が語る生と死
「亡くなった患者さんは皆、安堵の表情」 帯津医師が語る生と死
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「そして、虚空へ」。
帯津良一
週刊朝日 6/5
新たな医学拠点を創設 帯津医師にとっての最高のプレゼントとは
新たな医学拠点を創設 帯津医師にとっての最高のプレゼントとは
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「最高のプレゼント」。
帯津良一
週刊朝日 5/29
帯津医師が毎日持ち歩くサプリメントとは よい睡眠のために追加も
帯津医師が毎日持ち歩くサプリメントとは よい睡眠のために追加も
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「いつも持っているもの」。
帯津良一
週刊朝日 5/22
87歳でも尾を引く“いじめ”のトラウマ 帯津医師「いまだに一番嫌な記憶」
87歳でも尾を引く“いじめ”のトラウマ 帯津医師「いまだに一番嫌な記憶」
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「一番嫌な記憶」。
帯津良一
週刊朝日 5/15
帯津医師、亡き両親への謝罪「日々の生活のなかで忘れてしまう」
帯津医師、亡き両親への謝罪「日々の生活のなかで忘れてしまう」
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「母を思い父を思う」。
帯津良一
週刊朝日 5/1
女性の色気の出どころは鼻の孔? 帯津医師が語る色気の不思議さ
女性の色気の出どころは鼻の孔? 帯津医師が語る色気の不思議さ
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「女性の色気について」。
帯津良一
週刊朝日 4/24
マスクによる健康へのマイナス 「呼吸の阻害」を帯津医師が解説
マスクによる健康へのマイナス 「呼吸の阻害」を帯津医師が解説
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「マスクをはずそう」。
帯津良一
週刊朝日 4/17
音楽は心のときめきと直結 音痴でも歌う帯津医師の持ち歌2曲とは?
音楽は心のときめきと直結 音痴でも歌う帯津医師の持ち歌2曲とは?
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「音楽は苦手だけど」。
帯津良一
週刊朝日 4/10
帯津医師が「健康のために苦手なものも食べようとは思わない」理由
帯津医師が「健康のために苦手なものも食べようとは思わない」理由
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「苦手な食べ物」。
帯津良一
週刊朝日 4/3
「死ぬ日まで晩酌を楽しみたい」 87歳の帯津医師が続けていること
「死ぬ日まで晩酌を楽しみたい」 87歳の帯津医師が続けていること
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)さん。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「87歳になって思う」。
帯津良一
週刊朝日 3/27
1 2 3 4 5
この話題を考える
医師676人のリアル
医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

この話題の記事をすべて見る
  • 救急車にためらい「血を吐いて様子見」はアリ? 医師が教える「速やかに救急要請すべき症状」とは
    救急車にためらい「血を吐いて様子見」はアリ? 医師が教える「速やかに救急要請すべき症状」とは
    dot. 6/20
    救急車に「厄介なリピーター」「払わないなら断ってOK」  医師9割が“有料化”に賛成するホントの理由
    救急車に「厄介なリピーター」「払わないなら断ってOK」 医師9割が“有料化”に賛成するホントの理由
    dot. 6/19
    「病院に行く?行かない?」迷ったときは「薬局へ」 調剤だけじゃなく相談もOK
    「病院に行く?行かない?」迷ったときは「薬局へ」 調剤だけじゃなく相談もOK
    AERA 6/17
    AIは医師と患者との「情報ギャップ」を埋める  医師の教育やトレーニングにも活用
    AIは医師と患者との「情報ギャップ」を埋める 医師の教育やトレーニングにも活用
    AERA 6/17
カテゴリから探す
ニュース
都知事選”第三の男”石丸伸二氏に集う人たちはどんな人?「顔がタイプです」「軽いスタンスで参加」〈ニュースふり返り〉
都知事選”第三の男”石丸伸二氏に集う人たちはどんな人?「顔がタイプです」「軽いスタンスで参加」〈ニュースふり返り〉
石丸伸二
dot. 2時間前
教育
大喜びの子猫「ねえ、ママ聞いて」 母猫「まぁちょっと落ち着きなさい」【沖昌之】
大喜びの子猫「ねえ、ママ聞いて」 母猫「まぁちょっと落ち着きなさい」【沖昌之】
沖昌之
AERA 1時間前
エンタメ
「キングダム」のモデルになった将軍「蒙恬」の生涯 専門家が挙げた「特筆すべき功績」とは
「キングダム」のモデルになった将軍「蒙恬」の生涯 専門家が挙げた「特筆すべき功績」とは
キングダム
dot. 2時間前
スポーツ
阪神“次期監督”に抜擢も? 藤川球児氏、指導者として資質あり 波乱万丈の野球人生も生きる予感
阪神“次期監督”に抜擢も? 藤川球児氏、指導者として資質あり 波乱万丈の野球人生も生きる予感
阪神
dot. 1時間前
ヘルス
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉世界の5大長寿地域・沖縄の秘訣は塩分と糖分だった ライフスタイルが寿命を延ばす
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉世界の5大長寿地域・沖縄の秘訣は塩分と糖分だった ライフスタイルが寿命を延ばす
エイジング革命
dot. 7/19
ビジネス
30代会社員億り人ハルさん「私が新NISAで日本株を買わない理由はコレです」1775人アンケート結果も
30代会社員億り人ハルさん「私が新NISAで日本株を買わない理由はコレです」1775人アンケート結果も
AERA Money
AERA 1時間前