年齢で抗がん剤治療を拒否? 専門医「高齢者差別につながる」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年齢で抗がん剤治療を拒否? 専門医「高齢者差別につながる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
勝俣範之/「抗がん剤治療の目安は実年齢ではない」

勝俣範之/「抗がん剤治療の目安は実年齢ではない」

ステージIVの肺がん患者に対する抗がん剤治療結果(週刊朝日 11月2日号より)

ステージIVの肺がん患者に対する抗がん剤治療結果(週刊朝日 11月2日号より)

「吐き気や口内炎などで食事が難しくなったり、神経がマヒして歩きにくくなったりすることもあります。高齢の患者さんにとって、食事や外出は楽しみの一つ。副作用で食べられなくなって栄養が不足し、動かなくなって筋力が低下したら、本末転倒。逆にそういう副作用でも乗り越える力があれば、抗がん剤治療を勧めるかもしれません」

 勝俣さんは言う。

「抗がん剤治療の目安は実年齢ではなく、生理的年齢。臓器機能や合併症などがあるかなど、多面的な評価が必要です。何より、本人がこれからどのように人生を送りたいのか。意思を確認することが大事です」

※週刊朝日2018年11月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい