鈴木おさむ、息子は私立小ではなく公立小に その理由は「地震」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木おさむ、息子は私立小ではなく公立小に その理由は「地震」

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

鈴木おさむ週刊朝日#鈴木おさむ
鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

高層マンションは怖い?(※写真はイメージ)

高層マンションは怖い?(※写真はイメージ)

 家の中には緊急避難セットを作り置いてある。震災後、そういうものを家に用意していた人も多かったはずだが、これもまた、徐々に減っているのではないか? あのころと大きく違うのは、僕は子供を授かった。たまに地震が起きると、息子の顔が浮かぶ。

 息子はまだ2歳9カ月だが、そろそろ小学校のことを考えている。僕の周りは私立に行かせる人が多いようだ。僕は小学校は公立に通わせたいと思っている。家から歩いて1~2分のところにある。去年、そこに引っ越した。小学校の前には公園もある。

 なぜ、私立ではなくて公立なのか?と聞かれると、僕は迷いなく答える。「地震がきても家が近いから」と。私立に電車で通わせていたら、地震が起きたときに……と、考えてしまう。僕は10年以内に東京、もしくは、関東に大地震が起きると思って行動している。震災直後は、東京にも大地震が起きる可能性を考えて行動していた人も多かったはずだが。今はどうだろう? 僕が小学校を選ぶ理由が地震だと言ったときの、相手の目。共感してくれる人もいるが、大体が、「そうだね」と言いながらも、心からそうではないことはわかる。僕は果たして臆病なのだろうか? でも、油断しちゃダメだ。絶対に。東京か関東に大地震が起きると思って、これからも僕は様々なジャッジをする。

週刊朝日  2018年3月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中。バブル期入社の50代の部長の悲哀を描く16コマ漫画「ティラノ部長」の原作を担当し、毎週金曜に自身のインスタグラムで公開中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい