丸山茂樹 リオ五輪ゴルフ「一人は表彰台にあがってほしい」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 リオ五輪ゴルフ「一人は表彰台にあがってほしい」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
表彰台に立つ感動を日本代表は味わえるか(※イメージ)

表彰台に立つ感動を日本代表は味わえるか(※イメージ)

 開幕が間近に迫ったリオデジャネイロオ五輪。丸山茂樹氏は、表彰台に立つ感動を日本代表にも味わってほしいと意気込む。

*  *  *
 さあ8月、夏本番って感じですね。リオデジャネイロ・オリンピックのゴルフ競技は男子が8月11~14日、女子が17~20日にあります。

 僕は日本代表のヘッドコーチですので、オリンピックの期間中はメディア活動が禁じられています。この連載は、来週号から3週はお休みさせていただきまして、帰国後にドンとリオの思い出を語らせてもらいます。いい報告ができるといいなあ。

 現地からの情報によると、日中は気温が30度に達する日もあるそうなんですけど、朝晩は15度以下だそうです。ジカ熱を媒介すると言われている蚊を見ることは、ほとんどないって聞いてます。僕は競技会場になる「オリンピック・ゴルフコース」のそばのホテルに泊まります。車で「オリンピックロード」という道を走って、10分ぐらいで着くんですって。

 有力選手の辞退が相次いだのは事実ですけど、7月の全英オープンではオリンピックに出るヘンリック・ステンソン(40、スウェーデン)がメジャー初優勝を果たし、リオに向けて大きな華を添えてくれました。ヘンリックのようにオリンピックへ出場の意欲が強くて、前向きな人もいっぱいいます。僕としては頑張って日本勢を応援してこようという気持ちですね。

 日本の4選手から一人は表彰台に上がってほしいと思ってますし、十分にメダルの可能性はあると考えてます。

 表彰台はいいもんですよ。僕は日大3年だった1990年の北京アジア大会で個人、団体とも優勝できました。表彰台の真ん中の一番高いところに立って、メダルを首にかけてもらい、「君が代」が流れて国旗が揚がっていく。あのときの気分は格別ですよ。感極まるものがあります。オリンピックならなおさらでしょう。ぜひ日本の選手に経験してもらいたいです。

 厳しい戦いを乗り越えて栄冠をつかんでくれたら、これからの日本ゴルフ界を担う若い選手たちにも、広くオリンピックのよさが伝わっていくはずです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい