写真・図版 | パラリンピック「視覚」競技の見どころは? 見えないからこそ生まれた「魅力」とは〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

パラリンピック「視覚」競技の見どころは? 見えないからこそ生まれた「魅力」とは 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
深澤友紀AERA#リオ・パラリンピック

ゴールボール/安達阿記子(あだち・あきこ、32、左)/リーフラス/福岡県八女市出身。14歳で右目に黄斑変性症を発症、19歳で両目の視力をほぼ失った。22歳でゴールボールに出合う。パラリンピックは北京大会、ロンドン大会と出場し、ロンドンで金メダル (c)朝日新聞社

ゴールボール/安達阿記子(あだち・あきこ、32、左)/リーフラス/福岡県八女市出身。14歳で右目に黄斑変性症を発症、19歳で両目の視力をほぼ失った。22歳でゴールボールに出合う。パラリンピックは北京大会、ロンドン大会と出場し、ロンドンで金メダル (c)朝日新聞社

[スポーツの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい