最新記事

「食べ放題店ばかり行く男」と結婚した彼女の観点

「食べ放題店ばかり行く男」と結婚した彼女の観点

<覚えていらっしゃいますでしょうか? 実は、この度結婚しましてそのご報告をと思ってメールを差し上げた次第です。2人とも1976年生まれの46歳ってことで、言うまでもなく晩婚さんです!!(中略

東洋経済

1時間前

  • 基礎疾患のある感染者はコロナ死者数に含めず火葬場はフル稼働 “ゼロコロナ後”中国の実態

     中国では新型コロナウイルスを封じ込めるゼロコロナ政策の幕引き後、感染者が爆発的に増えた。一方で徹底的な検査や隔離がなくなり、市民の日常生活の回復が進んでいる。AERA2023年2月13日号の記事を紹

    AERA

    1時間前

  • 岩合光昭

    岩合光昭

    【岩合光昭】ヤドカリと遊ぶ沖縄・伊平屋島の2匹の子ネコ

     動物写真家・岩合光昭さんが見つけた“いい猫(こ)”を紹介する「今週の猫」。今回は、沖縄県伊平屋島の「にゃんくるにゃいさー」です。*  *  * 沖縄本島から船で80分。県最北

    週刊朝日

    1時間前

  • 「高齢者は周囲に迷惑をかけてもいい」 映画「PLAN75」で専門家が涙した理由

     75歳以上に安楽死を勧める制度ができたら──。昨年公開されたフィクション映画「PLAN75」はリアルな現実と架空の近未来が重なって観る人の心をかき乱した。「映画のような社会を現実のものとしないために

    週刊朝日

    1時間前

  • 「梅沢富美男」72歳で超多忙の日々 “昭和の頑固オヤジ”が「3度目のブレーク」をできたワケ

     72歳という高齢でありながらバラエティー番組に引っ張りだこの梅沢富美男。人気番組「プレバト!!」(TBS系)では、俳句で確かな才能を発揮して永世名人として君臨。句集出版にあと一歩まで迫りつつ、&ld

    dot.

    1時間前

  • 大企業が続々賃上げの動き 長年横ばいだった日本の賃金は物価上昇率を超えるか

     久しぶりのインフレ下の春闘。みんなで渡れば怖くないのか、多くの大企業には賃上げの動きが目立つ。だが持続的な賃上げを果たすには経営のイノベーションが必要だ。AERA2023年2月13日号の記事を紹介す

    AERA

    1時間前

  • 「冷たくて、硬い体」は老化のはじまり? 整体プロが教える血流改善法

     冷え、むくみ、肩コリ、腰痛、便秘、不眠といった、なんとなくの不調。『すごい自力整体』の著者・矢上真理恵さんは、「不調のほとんどは自力整体で解消できる」と語る。「自力整体」とは、人の手を借りずに、「整

    ダイヤモンド・オンライン

    2時間前

この人と一緒に考える

  • トヨタ新社長、豊田章男氏にそっくり 「努力を惜しまない」「クルマ愛」など多くの共通点

     トヨタ自動車の豊田章男社長が、トップ交代を決断した。後任はエンジニアで執行役員の佐藤恒治氏。大抜擢の背景とは。AERA 2023年2月13日号の記事を紹介する。*  *  * ついに動いた。なぜ、い

    AERA

    4時間前

  • 「呼吸追いつかずぶっ倒れるきつさ」でもマスクは外さない 「マスクはもはや顔の一部」と専門家

     政府は、5月8日に新型コロナを5類感染症に引き下げると発表した。マスク着用は「個人の判断に委ねる」方針。外す、外さない、あなたはどうする? AERA 2023年2月13日号の記事を紹介する。*  *

    AERA

    4時間前

  • 「あきらめ」で自律神経を整える!? 自分の悩みを書き出す可視化のすすめ

     肩こり、頭痛、不眠……こうした体調不良は、自律神経が乱れているサインかもしれない。対処法はさまざまだが、「あきらめる」ことで目に見えて改善することもあるという。ストレス時

    週刊朝日

    5時間前

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    料金値上げなら電力完全分離を 古賀茂明

     電気料金急騰で生活苦に陥る家庭が激増中だ。政府の補助金で1月分から若干下がるが、4月と6月には中部電力と関西電力、九州電力を除く大手電力会社7社が大幅値上げを予定する。ウクライナ危機や円安による燃料

    週刊朝日

    6時間前

  • アイデアは作れる! 既存価値のバイアスを外すことで見えてくる消費者の本音

    たとえばコンビニで缶コーヒーを買おうとしたときに、同じブラックコーヒーでA社とB社が並んでいたとする。その日はA社の缶コーヒーを購入したとして、あなたはなぜA社を選んだのだろうか? また、家から同じく

    BOOKSTAND

    17時間前

  • 「14歳の中学生女流棋士」鎌田美礼 師匠も期待する終盤戦での力

      AERAの将棋連載「棋承転結」では、当代を代表する人気棋士らが月替わりで登場します。毎回一つのテーマについて語ってもらい、棋士たちの発想の秘密や思考法のヒントを探ります。渡辺明名人、「初

    AERA

    18時間前

この話題を考える

  • 上野のジャイアントパンダ、シャンシャンが中国へ 動物園職員が語る成長の軌跡

     2017年の誕生以来、日本中から愛されてきたジャイアントパンダのシャンシャン。中国への返還を前に、上野動物園教育普及課長・大橋直哉さんがその歩みを振り返った。AERA2023年2月6日号の記事を紹介

    AERA

    18時間前

  • 隈研吾が“勝つ建築”に疑念を抱いた理由は実家のボロ屋? 連載「東大ふたり同窓会」で大宮エリーに語る

    作家・画家の大宮エリーさんの連載「東大ふたり同窓会」。東大卒を隠して生きてきたという大宮さんが、同窓生と語り合い、東大ってなんぼのもんかと考えます。今回は10人目のゲスト・隈研吾さんが建築家を目指した

    AERA

    18時間前

  • 「第100回夏の甲子園世代」投手、野手で最も活躍してるのは? “出世レース”の途中経過

     近年の甲子園大会で最も盛り上がりを見せた大会となると、第100回記念となった2018年夏の選手権ではないだろうか。吉田輝星(現・日本ハム)を擁する金足農(秋田)が横浜(神奈川)、近江(滋賀)、日大三

    dot.

    18時間前

  • “かなだい”に芽生え始めた確かな自信 四大陸選手権ではトップチームと「真剣勝負」へ

     2月7日からアメリカ・コロラドスプリングスで行われる四大陸選手権に、村元哉中&高橋大輔は昨季同大会の銀メダリストとして臨む。 昨季の全日本選手権ではリズムダンスでの転倒が響き2位となった村元&高橋は

    dot.

    18時間前

  • 稲垣えみ子

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「時代の変化は本当に『進化』? 何事も『ちょうどいい』地点があるはず」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    19時間前

  • 東大合格者が参考に ヨビノリ、いだちゃんねる…“受験界”席巻するYouTuber

     受験シーズンが本格化している。孤独な闘いを続ける受験生の支えとなっているものの一つがYouTubeだ。難関大学の合格者に人気の配信者に、番組を始めたきっかけや裏側を聞いた。*  *  *「受験は基本

    週刊朝日

    19時間前

1 2 3 4 5

カテゴリから探す