「松田聖子」に関する記事一覧

なぜ「紅白歌合戦」は80年代にこだわるのか 安全地帯に聖子、明菜、工藤静香の名前まで
なぜ「紅白歌合戦」は80年代にこだわるのか 安全地帯に聖子、明菜、工藤静香の名前まで

今年の「NHK紅白歌合戦」に安全地帯が出場するらしい。まだ内定というニュースが出ただけだが、実現すれば1985年以来2度目の出場となる。

dot.
松田聖子は「私たち女子の神様です!」 バックダンサー経験もある森口博子が語る
松田聖子は「私たち女子の神様です!」 バックダンサー経験もある森口博子が語る
永遠のアイドルとして、歌姫として今なお人々を魅了する松田聖子さん。歌手でタレントの森口博子さんも彼女に憧れる一人だ。
松田聖子森口博子
週刊朝日 10/29
“松田聖子の誕生”と“歌姫への道” 伝説のプロデューサーが明かす
“松田聖子の誕生”と“歌姫への道” 伝説のプロデューサーが明かす
1980年のデビューから、数々の伝説を作り続けてきた「永遠のアイドル」松田聖子。その誕生は、一本のカセットテープがきっかけだった。聖子の才能を見いだし、二人三脚で歩んできたプロデューサーの若松宗雄さんに話を聞いた。
松田聖子
週刊朝日 10/29
還暦の松田聖子がティーカップからピンクの衣装で登場! ツアーファイナルで見せる偉大さ
還暦の松田聖子がティーカップからピンクの衣装で登場! ツアーファイナルで見せる偉大さ
松田聖子の2022年のコンサートツアー『Seiko Matsuda Concert Tour 2022“My Favorite Singles & Best Songs”』は、6月11日のさいたまスーパーアリーナを皮切りに、大阪、福岡、愛知、そして、9月3日の日本武道館追加公演でファイナルを迎えた。今年3月10日に還暦を迎えた節目の年の「聖子ちゃん」見たさにツアーファイナルを訪れた筆者が、ライブで実感した松田聖子の「すごさ」を、ルポでお届けする。
松田聖子
dot. 9/9
平成生まれの若者に「明菜推し」「聖子推し」が続出 22歳女子大生シンガーが語る「80年代アイドルの魅力」
平成生まれの若者に「明菜推し」「聖子推し」が続出 22歳女子大生シンガーが語る「80年代アイドルの魅力」
平成生まれの10代、20代の間で昭和歌謡や昭和ポップスにはまる人が増えている。TikTokでは昭和の楽曲を使ったショート動画が数多く投稿され、総再生回数は9億4400万回を超える。若者の間でとりわけ人気なのが、80年代に双璧をなしたアイドル・中森明菜と松田聖子。YouTube上での再生回数が数百万回を超える動画も多く、コメント欄では「リアルタイムで応援したかったな…」「私はこれからも明菜ちゃんを愛し続ける高校生です!」といった声が上がる。なぜ、今の若者が「80年代アイドル」に魅了されるのか。昭和マニアであり中森明菜を深く愛する現役大学生シンガー・ソングライター・アマイワナさん(22)に話を聞いた。
アマイワナ中森明菜昭和松田聖子
dot. 2/9
松田聖子が「元祖ママドル」として歩んだ35年の“光と影”
宝泉薫 宝泉薫
松田聖子が「元祖ママドル」として歩んだ35年の“光と影”
松田聖子が「NHK紅白歌合戦」の出場を辞退した。ひとり娘の神田沙也加が急逝したショックから立ち直るには、やはり時間が足りなかったのだろう。
松田聖子神田沙也加紅白歌合戦
dot. 12/31
神田沙也加さん交際相手・前山剛久への誹謗中傷「叩きのエンタメ化」懸念 聖子の紅白出場で荒れるのか
上田耕司 上田耕司
神田沙也加さん交際相手・前山剛久への誹謗中傷「叩きのエンタメ化」懸念 聖子の紅白出場で荒れるのか
女優・神田沙也加さん(享年35)が18日、宿泊していた札幌市内のホテルで急逝したショックがいまだ残る中、沙也加さんと真剣交際していたことを明かした俳優・前山剛久(30)に対するインスタグラムやツイッターなどでの非難、誹謗中傷の投稿が相次いだ。こうしたネット上での過剰反応は何故、沸き起こって来て、どう対処するべきなのか。また、記事の配信時点で、母の松田聖子がNHK「紅白歌合戦」に出場する可能性が高まっているとの報道もある。出場した場合に懸念されることを、元上智大学文学部新聞学科教授でメディア文化評論家の碓井広義氏に聞いた。
松田聖子神田沙也加
dot. 12/24
松田聖子、神田正輝が沙也加さんと最後のお別れ「親子3人の知られざる本当の関係」
上田耕司 上田耕司
松田聖子、神田正輝が沙也加さんと最後のお別れ「親子3人の知られざる本当の関係」
札幌市のホテルで急逝した女優の神田沙也加さん(享年35)。父で俳優の神田正輝(71)と母で歌手の松田聖子(59)が急きょ札幌入りし、亡き娘と悲しみの対面をした。
松田聖子
dot. 12/21
神田沙也加さん「奇跡みたいに嬉しいことがあった」からわずか1か月後の早すぎる死
上田耕司 上田耕司
神田沙也加さん「奇跡みたいに嬉しいことがあった」からわずか1か月後の早すぎる死
歌手で女優の神田沙也加さん(享年35歳)が亡くなったことを所属事務所が19日早朝、発表し、芸能界に衝撃が走っている。
松田聖子神田沙也加
dot. 12/19
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
1
カテゴリから探す
ニュース
〈天皇誕生日を祝って〉被災地に心を寄せる両陛下 愛子さまの装いから伝わる人びとへの「共感」と「いやし」のキーワード
〈天皇誕生日を祝って〉被災地に心を寄せる両陛下 愛子さまの装いから伝わる人びとへの「共感」と「いやし」のキーワード
愛子さま
dot. 8時間前
教育
〈受験シーズン〉東大卒・ピアニスト角野隼斗さんが語る演出論 「理系でなければ新しさと価値を求められなかったかも」
〈受験シーズン〉東大卒・ピアニスト角野隼斗さんが語る演出論 「理系でなければ新しさと価値を求められなかったかも」
東大
AERA 2時間前
エンタメ
ナイツ・塙宣之 浅草の演芸界を復興させた功績「崇高な使命感すら感じる」理由とは
ナイツ・塙宣之 浅草の演芸界を復興させた功績「崇高な使命感すら感じる」理由とは
ナイツ
dot. 8時間前
スポーツ
「この成績でもダメ?」イチローは有力視も、米野球殿堂入りの“難易度”が高すぎる
「この成績でもダメ?」イチローは有力視も、米野球殿堂入りの“難易度”が高すぎる
MLB
dot. 1時間前
ヘルス
【関節リウマチ】悪化させないための生活習慣は? 医師解説 カフェイン過剰摂取は薬の作用を弱める
【関節リウマチ】悪化させないための生活習慣は? 医師解説 カフェイン過剰摂取は薬の作用を弱める
関節リウマチ
dot. 2/21
ビジネス
〈テレ東モーニングサテライト出演きょう〉ハーバード大卒のパックンが「今すぐ捨て去るべき」と断言する、日本人特有のお金の感覚とは?
〈テレ東モーニングサテライト出演きょう〉ハーバード大卒のパックンが「今すぐ捨て去るべき」と断言する、日本人特有のお金の感覚とは?
お金
dot. 2/23