「紅白歌合戦」に関する記事一覧

「紅白」過去最低視聴率からの脱却は望み薄 若者偏重もツイッターで「紅白見ない」トレンド入りの悲劇

「紅白」過去最低視聴率からの脱却は望み薄 若者偏重もツイッターで「紅白見ない」トレンド入りの悲劇

 今年の大みそかに放送される「第73回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が11月16日に発表され、その人選が話題になっている。 紅白合わせて42組が出場し、「特別企画」として演歌歌手・氷川きよしが出場するこ

dot.

11/23

  • なぜ「紅白歌合戦」は80年代にこだわるのか 安全地帯に聖子、明菜、工藤静香の名前まで

     今年の「NHK紅白歌合戦」に安全地帯が出場するらしい。まだ内定というニュースが出ただけだが、実現すれば1985年以来2度目の出場となる。 ちなみに、ボーカルの玉置浩二はソロとして96年と2020年に

    dot.

    10/30

  • 中森明菜“再始動宣言”でささかれる「紅白出場」と「男性マネジャー」との関係性

     8月30日、歌手の中森明菜(57)がTwitterアカウントを開設し、活動再開に向けたメッセージを発表して注目を集めている。 明菜は「長い間、ご心配をおかけしており申し訳ありません。ほんの少しですが

    dot.

    9/2

  • ラリー遠田

    ラリー遠田

    実は絶妙な演出だった紅白のマツケンサンバ 日本にはこのサンバが必要だった!

     2021年12月31日放送の『NHK紅白歌合戦』は、2年ぶりに有観客で開催された。見どころ盛りだくさんの中で特に話題になったのは、前半を締めくくる企画コーナーで松平健が「マツケンサンバII」を歌った

    dot.

    1/8

  • 史上最低「紅白歌合戦」視聴率34.3%の衝撃 業界人も驚いた“最悪の失敗”とは

     昨年大みそかに放送された「第72回NHK紅白歌合戦」は、午後9時からの第2部の平均世帯視聴率が34.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と過去最低を記録した。 そもそも、今年の「紅白」は長年のライバ

    dot.

    1/5

  • 松田聖子が「元祖ママドル」として歩んだ35年の“光と影”

     松田聖子が「NHK紅白歌合戦」の出場を辞退した。ひとり娘の神田沙也加が急逝したショックから立ち直るには、やはり時間が足りなかったのだろう。 しかし、世間では出場するのではという見方もかなりあった。そ

    dot.

    12/31

  • NHK「紅白歌合戦」の迷走が止まらない 細川たかし、BiSH、ケツメイシなど情報の小出しがことごとく“裏目”に…

     今年も大みそかの風物詩となっている「NHK紅白歌合戦」が近づいてきた。「紅白」といえば、1963年放送の「第14回」で記録した最高視聴率81.4%を筆頭に1960年代から80年代半ばまでは平均視聴率

    dot.

    12/29

この人と一緒に考える

  • 川口春奈「異例の紅白司会抜擢」の背景にある“嫌われない力”

     大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」の司会が10月末に発表され、女優の川口春奈(26)や俳優の大泉洋、同局の和久田麻由子アナウンサーが務めることが明らかになった。昨年まで4年にわたって総合司会を務

    dot.

    11/6

  • 時代に追いつけない「紅白歌合戦」がそろそろ終わっていい理由 懐メロ&ジャニーズ路線も限界に

     今年も「NHK紅白歌合戦」が近づいてきた。50回連続出場中の五木ひろしが「紅白引退」を表明したり、ピアノユーチューバー・ハラミちゃんのゲスト出演がうわさされたりと、さまざまな話題が飛び交っている。 

    dot.

    10/31

  • 番組制作者が「内村光良の反応」を気にするワケ 

     番組制作者は、「内村がスタジオで笑うかどうかが番組作りの指標になる」と口をそろえる。その真意とはなんなのか? 理想の上司ランキング、男性部門で5年連続1位のウッチャンこと内村光良の“上司

    dot.

    7/7

この話題を考える

1

カテゴリから探す