「シニア」に関する記事一覧

  • 生前贈与や特例利用で損も!? やってはいけない“老後資金の守り方”

     近年、相続トラブルを防ごうと「贈与をしたい」と考える人が多い。「贈与をしてしまうと取り返しがつかないことがあります。特に生前贈与は近々、特例の期限が来るものがあるので、慌てて実行すると、老後資金を減

    週刊朝日

    5/16

  • 80歳で「いくら」残って入れば安心か? 介護次第、3千万円必要な場合も

     長寿化が進むにつれ老後資金への不安は募るばかり。先が長すぎるので「中間地点」を設けて、そこでの必要額を探ると、今度は新たに「介護」の準備が必要であることがわかった。介護費用を含めると、いったい80歳

    週刊朝日

    4/14

  • 「施設難民」にならないために! 高齢者施設の選び方

     終(つい)のすみかのつもりで高齢者施設に入ったはいいが、施設から出なければならない事態に直面するかもしれない。初めて施設を探すとき、次の施設を探すとき、どんな点に気をつければいいのか。施設選びのポイ

    週刊朝日

    3/17

  • 年金生活者にとって受難の時代 物価上昇と年金カットのダブルパンチで

     身の回りで値上げが相次ぐなか、公的年金の支給額は下がっている。年金生活者の生活はますます厳しくなるばかりだ。高齢者が生活防衛に走ると、経済の好循環は難しくなるという見方も出ている。*  *  *「物

    週刊朝日

    3/11

  • 高齢者を狙う“悪徳商法” 「光からアナログに戻すと安い」勧誘文句に注意!

     コロナ禍で閉じこもりがちな高齢者を狙い、言葉巧みに契約させ、高額な請求をする悪徳商法が後を絶たない。すぐに契約せず、まずは相談しよう*  *  *「いま、アナログに戻すと安くなりますよ」 そんな勧誘

    週刊朝日

    3/3

  • 60歳を超えると肌の乾燥が進む!? シニアの乾燥肌とかゆみ

     冬に悩まされるのは、冷え性だけではない。気温の低下や空気の乾燥により、肌荒れが起こりやすくなる。特にシニアは、肌が乾燥することで「かゆみ」に悩まされることも多い。かゆみの原因と対処法を専門医に取材し

    週刊朝日

    2/12

この人と一緒に考える

  • 立ち乗りモビリティー「C+walk T」 高齢者の歩行を手助け

     見た目の印象は、近未来感のある電動キックボードといったところか。トヨタは昨年10月、3輪の立ち乗りモビリティー「C+walk T」(シーウォーク ティー)を発売した。「歩行をサポートする」がコンセプ

    週刊朝日

    2/8

  • シニアの発達障害 会社をやめ、状態が不安定になるケースも

     幼少期から症状が表れてくるイメージが強い発達障害だが、シニアの発達障害もある。認知症の初期症状と共通する部分が多く、臨床の場でも混乱の声が聞かれる。それぞれ何がどう違うのか。*  *  *「お父さん

    週刊朝日

    2/3

  • 100歳時代、お金が足りない! 老後破綻を逃れる“4つの手順”

     老後資金の世界が大きく変わりつつある。「100歳まで」と期間は延びても、給料は増えないまま。もはや定年までの準備では、お金が足りないことが明白になってきた。どうすれば老後破綻は防げるのか。新しい考え

    週刊朝日

    1/25

  • 20年後に家計破綻が続出 晩婚がとどめ「老後資金まで手が回らない」

    「このままでは今から20年後、30年後に老後破綻する家計が続出するのではないでしょうか」 こんな物騒な予想をするのは、ファイナンシャルプランナー(FP)の澤木明氏だ。数多くの企業で、50代以上の社員に

    週刊朝日

    1/24

  • 握力低下は死亡リスク増大! 鎌田實式「筋トレ」で“貯筋”のすすめ

     高齢者は体力が衰えやすい。食い止めるには筋トレなどで筋肉量を増やすしかない。特に握力が低下すると、寿命に影響するという。そこで、諏訪中央病院の鎌田實名誉院長に、自ら実践する筋トレ方法などを聞いた。*

    週刊朝日

    1/6

  • トヨタやスターバックスに見る、現代に必要な「DA・DA・DAの無限サイクル」とは

     大きく変化する時代を乗りきるためには、正解主義から修正主義へ移行すべき。そう断言するのは、教育改革実践家の藤原和博さんだ。最新刊『60歳からの教科書――お金・家族・死のルール』(朝日新書)で提唱する

    dot.

    12/21

この話題を考える

  • 介護を見据えた「先回り」リフォームで失敗も 高齢者の住まい作り“注意点”

    「自宅で最期まで過ごしたい」と考えたとき、快適に過ごすための住空間をどう作るか。居心地の良さのポイントは人それぞれで、どんな改修が適しているかは身体の状態によっても変わってくるが、早ければ早いほどなじ

    週刊朝日

    12/14

  • “バリアー”がリハビリに役立つことも 最低限のリフォームでよい場合

     高齢期の住まいづくりは、住みやすさに加えて安全面も考慮したい。在宅生活を快適かつ安心して過ごすために、リフォームが必要である場合もあれば、本人の身体の状態によっては、最小限で済むこともある。どんな視

    週刊朝日

    12/14

  • コンプレックスを“武器”に60歳以降を幸せにする方法

     還暦は「第二の成人」。最新刊『60歳からの教科書――お金・家族・死のルール』(朝日新書)で、人生のエネルギーカーブについて解説する藤原和博さんは、「コンプレックスは人生に必要」と説く。とことん自分ら

    dot.

    12/14

  • 在宅療養のための“自宅リフォーム” 介護体験から学んだ「七つの改修点」

     高齢者の転倒事故が起こる場所は、約半数が住み慣れた自宅だという。在宅療養が始まったら、住みやすさに加えて安全面も考慮したい。在宅生活を快適に、安心して過ごすためのリフォームには、どんなポイントが必要

    週刊朝日

    12/10

  • “死に方”を決めれば“生き方”が見える 「ピーターの法則」が示す“死なない生き方”

     死に方とは生き方なり。最新刊『60歳からの教科書――お金・家族・死のルール』(朝日新書)で、人生100年時代を生き抜くスベをまとめた藤原和博さんは、「組織における死」が生きるヒントになるという。無能

    dot.

    12/7

  • おひとりさまの“死に支度” 身元保証会社の破綻で問題も 

    “おひとりさま”は、元気なうちは自由気ままでいいが、問題は高齢になってから。家族がいない場合などは、入院した時の身元保証人や、お迎えがきた時の看取り、死んだ後の手続きは誰がやる

    週刊朝日

    12/7

1 2 3 4 5

カテゴリから探す