「がん」に関する記事一覧

  • 膵がんの新たな放射線治療 費用は?可能な病院は?

     2019年に改訂された診療ガイドラインで、「手術+補助療法」が基本とされた膵がん。その手術や補助療法に、近年新しい手法や装置が用いられるようになってきた。患者にどんなメリットがあるのか。週刊朝日ムッ

    dot.

    8/1

  • 早期発見が難しい膵がん 生存率向上へ治療の何が変わった?

     早期発見がむずかしいとされる膵がん。2019年に診療ガイドラインが改訂され、主に手術前後の治療方針が大きく変わったという。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、最新の膵がん治療について

    dot.

    7/31

  • 帯津良一

    帯津良一

    がん治療で「28年生」も 帯津医師がうれしい「患者の卒業式」とは?

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を

    週刊朝日

    7/27

  • 移植が必須だった慢性骨髄性白血病 新薬登場で根治可能に

     急性白血病と比較し、病状がゆるやかに進行する慢性白血病だが、中でも慢性骨髄性白血病はかつて移植が必須だった。しかし、近年は新薬の登場で治療の選択肢が増えてきているという。週刊朝日ムック『新「名医」の

    dot.

    7/24

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    子宮頸がんワクチン 日本で積極的勧奨中止のままだと5000人以上が死亡する

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「子宮頸がん」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・

    dot.

    7/1

  • しこり?腫れ?首やわきの下の異変に気づいたら「がん」だった…増加する悪性リンパ腫とは

     血液のがんである悪性リンパ腫は、全身のどこにでもできる可能性がある。1年間に新たに診断される人は約3万4千人であり、膵臓がんに次いで8番目に多い。高齢になるほど増え、近年、増加傾向がみられる。*&n

    dot.

    6/29

この人と一緒に考える

  • 帯津良一

    帯津良一

    がんは完治がゴールではない 帯津医師、さらに「死の先の希望を見つけて」

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を

    週刊朝日

    6/29

  • 爪の黒い筋は「がん」だった…転移する前に見つけて!悪性度が高い皮膚がん

     皮膚がんのなかでもメラノーマは悪性度が高く、治療が遅れればリンパ節や内臓に転移する。だが、近年では免疫チェックポイント阻害薬をはじめとする薬物療法の進化で、治療成績が向上してきた。メラノーマの特徴や

    dot.

    6/22

  • 医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

     がんの治療薬が次々に開発され、薬物療法は日進月歩の進化を遂げている。一方、高齢者には、これまで科学的根拠に基づく治療指針がなく、現場の医師は経験則で対応していた。昨年、その指針が作成され、徐々に対策

    dot.

    6/19

  • 日に当たると肌が赤くなる人は注意!紫外線が影響する皮膚がん、できやすいのは、目の周辺と鼻と…

     紫外線による日焼けが気になる季節が到来した。実は、皮膚がんのうち日本人に多い基底細胞がん、有棘細胞がんは、紫外線の影響が強く、特に基底細胞がんは頸から上にできやすい。がんが小さく、悪性度が低ければ、

    dot.

    6/16

  • 鈴木おさむ

    鈴木おさむ

    ワッキーさん!ファイトです!最近コケやすくなった鈴木おさむが語る「同学年」の希望

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、自身の体の衰えとがんを公表したワッキーさんへの思いをつづります。*  *  * 僕は19

    dot.

    6/11

  • 足の裏に“ほくろ”を発見、実はがんだった…放置してはいけない皮膚の異変

     ほくろやしみのような見かけの皮膚がん。皮膚がんの5年生存率は90%以上と高い水準にあるが、顔にできたがんが進行すると、見た目の面での問題が生じる。また、がんとは思わずに見過ごしていて、気づいたときに

    dot.

    6/8

この人と一緒に考える

  • 「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

     お笑いコンビ、ペナルティのワッキー(本名・脇田寧人<わきた・やすひと>)さん(47)が、公表した中咽頭(いんとう)がん。ステージ1で、外科手術はせずに放射線化学療法を受ける方針という。中咽頭がんは、

    dot.

    6/8

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    米国8万人ががん診断の遅れも コロナ禍で健康に関わるこれだけの心配事

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ後の生活への様々な影響」について、NPO法人医

    dot.

    6/3

  • 界面活性剤は効果アリ、首から下げる空間除菌は消費者庁が注意…コロナ対策の正解は?

     新型コロナウイルス感染拡大を受け、常に品薄状態といわれる除菌・消毒用のアルコール液やジェル。一方、通販サイトなどにはさまざまな“除菌”“消毒”商品が出

    dot.

    5/26

  • がん医療にコロナを持ち込まない 「専用外来」「病院分け」患者守る病院の対策

     医療体制がひっ迫する中、がんと闘病する人を新型コロナウイルス感染から守る取り組みが進んでいる。AERA 2020年5月18日号から。*  *  * 医療者と産官学が連携し、がんにまつわる課題解決を目

    AERA

    5/17

  • 【人工透析】なぜ日本は血液透析97%とアンバランスなのか? 専門医が指摘する理由

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から回答を得た結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。病院ランキングだけでなく

    dot.

    5/15

  • 映画を信じた大林宣彦監督 校正でも楽しませる遊び心

     映画監督の大林宣彦さんが4月10日、肺がんのため死去した。享年82。その日は、新型コロナウイルスの影響で延期されたものの、遺作「海辺の映画館─キネマの玉手箱」の公開が当初予定されていた日だった。 1

    週刊朝日

    4/15

3 4 5 6 7

カテゴリから探す