「がん」に関する記事一覧

  • 放射線治療が効きやすいのはどの「がん」? 専門医に聞く

     がんの3大治療のひとつ・放射線治療。体を切らずに治療できるというメリットがありますが、副作用などに少し不安を抱く人もいるかもしれません。しかし、近年では放射線治療の合併症のリスクは著しく低下している

    dot.

    5/28

  • がんで「手術ができない」と医師に告げられたらどうすれば? 専門医が解説

     がんの治療といえば手術。近年は、患者にあわせてさまざまな手術方法が取り入れられています。医師が映像モニターを見ながらロボットアームを操作する「ロボット手術」もその一つ。『手術数でわかる いい病院20

    dot.

    5/26

  • がん手術「1カ月先と言われたが、手遅れにならないの?」 がん専門医の答えは

     新型コロナ感染拡大の影響で、がんなど病気の治療スケジュールにしわ寄せがきているケースもある昨今。そうでなくても、がんの治療では「手術が必要」と言われてから実際に手術をするまで、日があくケースが以前か

    dot.

    5/24

  • 「薬が切れるのが心配」…がんサバイバーで増える医療用麻薬依存の深刻

     医療用麻薬による依存症が増えている。がん患者を中心に、痛み止めとして一回に数百錠を処方されている患者もいるという。医師が処方するからといって安全とは限らない。医療用麻薬に関する知識が不十分な医師も少

    ダイヤモンド・オンライン

    5/24

  • がんの治療法を選べないときは誰に相談したらいい? 専門医に聞く

     がんの3大治療と呼ばれる手術、放射線、抗がん剤。とはいえ、患者からするとどれがいいのかわからないことも。『手術数でわかる いい病院2021』(朝日新聞出版)で、がんの専門医に疑問をぶつけました。* 

    dot.

    5/22

  • 写真家・山岸伸の「終活」 瞬間に見せる男の素顔を1000人撮ることを目指す

     写真家・山岸伸さんの作品展「瞬間の顔」が5月20日から東京・新宿のオリンパスギャラリー東京で開催される。山岸さんに聞いた。*  *  *「ぼく、71歳なんですけど」という言葉に軽いショックを受けた。

    dot.

    5/19

この人と一緒に考える

  • コロナ受診控えの影響で患者数減 甲状腺がん手術数全国トップ病院の対応は?

     甲状腺がんはステージIIIまでなら5年生存率(治癒率)はほぼ100%であり、「治りやすい」ことで知られる。ただ、手術で甲状腺を摘出することで、甲状腺ホルモン薬を生涯のみ続ける必要があるなど、長期にわ

    dot.

    5/15

  • 「便が細くなった」「排便に腹痛を伴う」は大腸がんの可能性も? 便秘は病気になりやすい!

     便秘ぐらいと軽視してはいませんか? 便秘になると腸内に溜まった老廃物の毒素が血液を介して全身を巡り、疲労や肌荒れなどの不調につながります。さらには人体最大の免疫器官である腸が正しく働かなくなると免疫

    セルフドクター

    5/13

  • 子宮頸がんは放射線治療で治せる? 進行期によっては手術と同等の効果

     子宮頸がんは、女性特有の臓器である子宮の頸部(入り口の部分)にできるがんで、20、30代の若い世代から罹患のリスクがある。他の婦人科がんに比べて、放射線治療の効果が期待できるのが特徴だ。外

    dot.

    5/12

  • 甲状腺がん手術数ランキング全国1位になった病院 その理由とは?

     甲状腺がんの多くはゆっくり進む「治りやすい」がんだが、一方で、急速に進行するタイプでは命に関わる場合もある。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこな

    dot.

    5/12

  • 「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

     20、30代の若い世代から罹患のリスクがある子宮頸がん。子宮頸がんは、女性特有の臓器である子宮の頸部(入り口の部分)にできるがんだ。進行したCIN(がんの前段階)からIIB期までが手術の適応となり、

    dot.

    5/9

  • 抗がん剤は「悪」? 本当にやっていいの? がん専門医の答えは

     副作用がつらく、治療が苦しいというイメージの強い薬物療法ですが、現在は治療の選択肢が広がっています。『手術数でわかる いい病院2021』(朝日新聞出版)で、「抗がん剤は悪と言われているけど、本当にや

    dot.

    5/8

この話題を考える

  • がんの治療費、後遺症、再発の心配 悩んだときは誰に相談すればいい?

     治療以外にも生活面でさまざまな問題を抱えることになる「がん」。その支えの一つとなるのが、患者の体験談だ。ネットの怪しい医療情報に惑わされない方法を医師に聞いた中編に続き、ネット上の体験談との向き合い

    dot.

    5/7

  • 楽天・三木谷浩史「父のがん治療には間に合わなかったが」 光免疫療法に懸ける思い

     がん細胞に光を当てることで薬剤が反応し、がんを破壊する「光免疫療法」。その実現のために個人出資をし、2020年、日本で薬事承認・保険収載されるまでをリードしたのが三木谷浩史氏だ。開発者・小林久隆医師

    dot.

    5/6

  • がんに光を当てて破壊する「光免疫療法」治療開始 開発医師が語る苦闘の34年間

     がん細胞に光を当てることで薬剤が反応し、がんを破壊する――2020年に日本で薬事承認・保険収載された「光免疫療法」。すでに一部のがんに対し国内で治療が始まっている。開発したのは、アメリカで研究を続け

    dot.

    5/6

  • ネットの「怪しい医療情報」に騙されない! チェックするべき3つのポイント

    「100%完治」「副作用がない」……病気について検索すると、こうしたフレーズを見ることも少なくない。しかしこれらは本当なのだろうか? ネットにあふれる医療情報の現状をまとめ

    dot.

    5/6

  • 病気になったら「ネットで検索」は正しい? 医師が注意する「落とし穴」

    「検索疲れ」を起こしやすい現代。医療においても、患者は情報を求めて検索をする。患者の家族が不安から検索し、その情報の多さに参ってしまうことも。インターネットで病気についての正しい情報は得られるのだろう

    dot.

    5/5

  • 前立腺がん治療数全国トップ病院 新型コロナでも治療数が減らなかった理由とは?

     がんと診断される人が日本人男性で最も多い前立腺がん。ゆっくり進むケースが多いものの、新型コロナウイルス感染症の流行拡大によって治療が遅れてしまうと、命に関わるおそれがある。このような状況下に、治療数

    dot.

    5/4

3 4 5 6 7

カテゴリから探す