「がん」に関する記事一覧

  • 遺族を先々まで悩ます 「親の死」という反面教師

    親の背を見て子は育つ。子どもは親の生き様から学ぶという意味だとすれば、おそらく死に様にも同様なことがいえるだろう。だが、死に方を親から学ぶのは難しい時代だ。元気な頃から死後について話し合うのははばから

    dot.

    1/28

  • 「腎がん」は約8割が無症状で見つかる! 専門医が勧める負担のない検査とは?

     自覚症状がほとんどなく、健康診断などで偶然に見つかることが多い腎がん。腫瘍が小さいと良性と悪性の区別がつきにくく、診断が難しいことも。進行は比較的ゆるやかで、経過観察という選択肢もある。*  *  

    dot.

    1/25

  • 元ソフトバンク摂津正氏「慢性骨髄性白血病」 新薬登場で根治可能に

     元ソフトバンクの摂津正氏(38歳)が23日、自身のインスタグラムで「慢性骨髄性白血病」と診断されたことを公表した。「同じような病気で苦しんでいる力になれれば」と公表を決意したという。 急性白血病と比

    dot.

    1/23

  • 帯津良一

    帯津良一

    がん克服のための「郭林新気功」とは? 帯津医師、指導者と交流

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を

    週刊朝日

    1/11

  • 帯津良一

    帯津良一

    がん治療「主人公は医師から患者へ」 30年の変化を帯津医師が解説

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を

    週刊朝日

    12/28

  • なかにし礼さん死去 石原裕次郎からの運命を変えた「ひと言」とは? 

    「恋のフーガ」「北酒場」「石狩挽歌」「まつり」……日本の歌謡史に輝く数多くの名曲を生み出し、さらに小説『長崎ぶらぶら節』で直木賞を受賞と昭和・平成を通して大活躍の作家・作詩

    dot.

    12/25

この人と一緒に考える

  • 「過剰な検診」に弊害も 胃部、胸部X線に“2次がん”リスク

     健康増進法に基づき、市区町村で実施しているがん検診(胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮頸=けいがん)だが、なかには効果が期待できない検査があるようだ。 検査でがんが見つかって治療し、運良く回復す

    週刊朝日

    11/13

  • なかなか治らない“口内炎”はがんの前触れ? 堀ちえみさんも患う口腔がんはどんな病気か

     脳の下から鎖骨の上までの範囲(脊髄と眼を除く)にできる「頭頸部がん」には、舌や歯ぐきなど、口の中にできるがんも含まれる。口腔がんもその一つ。女優・タレントの堀ちえみさんが患ったことでも知られる病気だ

    dot.

    11/3

  • 帯津良一

    帯津良一

    がんの転移阻止に効果あり? 注目の「エクソソーム」を帯津医師が解説

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を

    週刊朝日

    11/2

  • 声のかれで見つかる「のどぼとけ」のがん 治療で声を失うか否かの基準は?

     喉頭(こうとう)がんは、脳の下から鎖骨の上までの範囲(脊髄と眼を除く)にできる「頭頸部がん」のひとつ。声帯がある部分にできるがんのため、声帯を温存できるかが治療選択のカギとなる。喉頭がん治療の最新動

    dot.

    10/20

  • ウイルスが原因で起こる「咽頭がん」も! 専門医に聞いた最新動向

     頭頸部がんとは、脳の下から鎖骨の上までの範囲にできたがん(脊髄と眼を除く)の総称だ。そのひとつである「咽頭(いんとう)がん」は、がんができる場所と進行期により治療方針が異なる。咽頭がん治療の最新動向

    dot.

    10/16

  • 早期に見つかる前立腺がんの監視療法とは 10年近く経過する人も

     男性のがん患者数の第4位を占める前立腺がん。早期にはほとんど症状がないが、血液検査のPSA(前立腺特異抗原)検診で、早期発見が可能だ。最初に選択されることが多い治療法は手術だが、合併症を引き起こすこ

    dot.

    9/26

この人と一緒に考える

  • 茶色のおりもの?月経以外で血がでたら…子宮体がんのサインを放置しないで

     子宮体がんには年間約1・6万人が新たに罹患しており、女性ホルモンのエストロゲンが発生に関与するタイプが約8割を占める。比較的見つけやすいがんといわれるが、見逃さないためにはどうすればいいだろうか。*

    dot.

    9/20

  • ガン患った「おぎやはぎ」小木さんも受けた手術支援ロボットの実力とは?  

     8月14日、初期の腎細胞がんを患ったことを明らかにした、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明さん(49)。21日には相方の矢作兼さん(48)が、小木さんの手術が無事に終わり、がんの摘出が完了したこと

    週刊朝日

    8/25

  • がんで膀胱を全摘したら、排泄はどうなる? 生活に支障は?

     膀胱がんは、尿をためる・排泄するはたらきを持つ膀胱にできるがんだ。性質や進行度によってTaからT4に分類され、粘膜の下にある筋層にがんが進行(浸潤)していないものがTa、粘膜下に浸潤はあるが筋層にま

    dot.

    8/17

  • 多発・再発しやすい膀胱がん 取り残しや再発を防ぐための治療法とは

     膀胱内にがんが多発・再発しやすい膀胱がん。その診断の確定に用いられるのが、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-BT)だ。尿道から内視鏡を挿入してがんを電気メスで切除し、組織を採取してがんの性質や進行度を

    dot.

    8/16

  • 血尿や頻尿は膀胱がんのサインかも 早期発見で全摘回避を

     推定患者数が2万人を超える膀胱がん。膀胱内にがんが多発し、再発しやすいことが特徴で、進行すると膀胱全摘除術が必要となる。2018年にはダヴィンチによるロボット支援手術が保険適用となった。週刊朝日ムッ

    dot.

    8/15

  • がん公表おぎやはぎ小木博明、健康オタクで助かった? 腎細胞がん早期発見は機能温存も

     お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明(48)が、腎細胞がん(ステージ1)により、17日から入院し、治療に専念することを所属事務所のホームページ上で発表した。自他ともに認める「健康オタク」の小木。頭痛の

    dot.

    8/14

2 3 4 5 6

カテゴリから探す