「卵巣がん」に関する記事一覧

【子宮・卵巣がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位はがん研有明、2位は兵庫県立がんセンター
【子宮・卵巣がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位はがん研有明、2位は兵庫県立がんセンター

子宮頸がんは30代後半~40代に多く、子宮体がん、卵巣がんは50代に多く発症します。いずれのがんも年々増加しているため、病気の特徴を知り、早期発見・早期治療を心がけることが大切です。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「子宮・卵巣がん手術」の全国ランキングをお届けします。

dot.
【病院ランキング】子宮・卵巣がん手術数全国トップ40病院 3位・兵庫県立がんセンター、2位・埼玉医大、1位は
【病院ランキング】子宮・卵巣がん手術数全国トップ40病院 3位・兵庫県立がんセンター、2位・埼玉医大、1位は
子宮頸がんは30代後半~40代に多く、子宮体がん、卵巣がんは50代に多く発症します。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊21年目を迎えた2023年版では、2021年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、子宮頸がん、体がん、卵巣がんを合計した「子宮・卵巣がん手術」の全国ランキングをお届けします。
いい病院2023がん卵巣がん子宮がん病気病院
dot. 6/16
【卵巣がんの薬物療法】分子標的薬2剤が承認 医師「圧倒的に予後が改善」
【卵巣がんの薬物療法】分子標的薬2剤が承認 医師「圧倒的に予後が改善」
がんの3大治療として手術、放射線治療にならぶ薬物療法。その進歩は目覚ましく、近年新しい薬が登場し、劇的に変化している。今回は、卵巣がんの薬物療法の最新状況について、専門医を取材した。本記事は、2023年2月27日に発売予定の『手術数でわかる いい病院2023』で取材した医師の協力のもと作成し、お届けする。
いい病院2023がん卵巣がん病気
dot. 2/11
【子宮・卵巣がん】早期なら生殖機能を残せることも 温存、腹腔鏡手術は再発リスクの検討を慎重に
【子宮・卵巣がん】早期なら生殖機能を残せることも 温存、腹腔鏡手術は再発リスクの検討を慎重に
「子宮頸がん」は比較的若い世代に多く、早期発見できれば5年生存率は90%以上ですが、初期にはほとんど症状がなく、不正出血や下腹部痛などの症状があらわれるのは進行してから。早期発見するには検診を受けることが重要とされています。今回は、50代に多い「子宮体がん」「卵巣がん」もあわせて、病気の特徴や治療法を紹介します。本記事は、 2023年2月27日発売の『手術数でわかる いい病院2023』で取材した医師の協力のもと作成し、お届けします。
いい病院2023がん卵巣がん子宮がん病気病院
dot. 1/15
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
1
カテゴリから探す
ニュース
〈国民と触れ合う皇室〉佳子さま、キリリとした表情で公務に励む 精力的な姿に辛酸なめ子さんが感じた「決意」とは
〈国民と触れ合う皇室〉佳子さま、キリリとした表情で公務に励む 精力的な姿に辛酸なめ子さんが感じた「決意」とは
佳子さま
dot. 1時間前
教育
万引きを繰り返す「クレプトマニア」の元受刑者の女性50歳が続ける「償い」 「たたかれるのは承知」
万引きを繰り返す「クレプトマニア」の元受刑者の女性50歳が続ける「償い」 「たたかれるのは承知」
クレプトマニア
dot. 3時間前
エンタメ
【ゲッターズ飯田】7月の開運のつぶやき「遠くにあるからよく見えることもある」銀のインディアン座
【ゲッターズ飯田】7月の開運のつぶやき「遠くにあるからよく見えることもある」銀のインディアン座
ゲッターズ飯田
dot. 1時間前
スポーツ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
メジャーリーグ
dot. 18時間前
ヘルス
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
いい病院
dot. 7/14
ビジネス
AIは本当にホワイトカラーの仕事を奪い始めたのか ? 過熱する「懸念」への現時点の回答 崔真淑
AIは本当にホワイトカラーの仕事を奪い始めたのか ? 過熱する「懸念」への現時点の回答 崔真淑
生成AI
dot. 1時間前