大学入試2022

2022年度の大学入試、独自の分析記事から合格ランキングまで、最新情報をお伝えします。

  • 名門・青山学院大の志願者数が前年比3割以上激減 それでも大学が「強気」な理由は?

    名門・青山学院大の志願者数が前年比3割以上激減 それでも大学が「強気」な理由は?

     メインキャンパスが東京・渋谷の一等地にあり、受験生からの人気も高い青山学院大学。しかし、その青山学院大の志願者が今年、前年比30%以上も激減した。いったい何が起こっているのだろうか。大学に聞いてみた

    dot.

    5/28

  • 大学入試“実志願者”数ランキング 早慶を抑えてトップは?

    大学入試“実志願者”数ランキング 早慶を抑えてトップは?

     本誌が独自に調査する実志願者数ランキングも、今年で4回目を迎えた。併願をカウントしない実志願者数を見れば、大学の「本当の人気度」が見えてくる。コロナ禍で大学を取り巻く環境が厳しさを増すなか、いま本当

    週刊朝日

    5/9

  • 桜蔭、日比谷、N高…現役で「国公立大医学部」に強い高校の秘密

    桜蔭、日比谷、N高…現役で「国公立大医学部」に強い高校の秘密

     学費が安くて合格が難しい国公立大の医学部受験は、コロナ禍でも底堅い人気を示している。多数の現役合格者を出した高校の特徴を紹介する。*  *  *「300万円と3千万円なら絶対300万円です」 こう語

    週刊朝日

    4/20

  • なぜ子どもの勉強にiPadが必要なのか?東大理IIIに3男1女合格佐藤ママ「便利さは諸刃の剣」

    なぜ子どもの勉強にiPadが必要なのか?東大理IIIに3男1女合格佐藤ママ「便利さは諸刃の剣」

     公立の小学校でも児童に「iPad」などのタブレット端末が配られるようになりました。学習ツールとして便利な反面、自由にネットにつなげられるため、親からは戸惑いの声も聞かれます。三男一女4人の子ども全員

    dot.

    4/19

  • 九州大医学部時代にアイドルに 秋山ありす、国家試験不合格を振り返る

    九州大医学部時代にアイドルに 秋山ありす、国家試験不合格を振り返る

    「アイドルに未練はない」と話すのは、元アイドルの形成外科医・秋山ありすさん。県立修猷館高を卒業後、1年間の浪人を経て九州大医学部に進学。2011年から6年間、福岡市を拠点とするアイドルグループ「Lin

    週刊朝日

    4/17

  • 東大、京大&難関国立大合格1位は甲陽学院、2位は灘 なぜ関西勢は強い?

    東大、京大&難関国立大合格1位は甲陽学院、2位は灘 なぜ関西勢は強い?

     今回の入試速報は全国3千校以上の結果を載せた決定版。高校別の実績が一目瞭然だが、「真の実力校」を探るべく、東大・京大をはじめとする旧帝大、一橋大、東工大、神戸大の難関10大学への「合格率」を分析する

    週刊朝日

    4/10

  • 東大文系合格者が“才能を認める”有名人 2位イチロー、1位は?

    東大文系合格者が“才能を認める”有名人 2位イチロー、1位は?

     新型コロナウイルスの感染拡大の中、計6千人近い受験生が東大・京大の合格を勝ち取った。どんな人たちがどう乗り切ったのか。本誌では合格者にアンケートを実施。今回は東大文系の結果を紹介する。*  *  *

    週刊朝日

    4/5

  • 志願者数は立教大が“一人勝ち”、早大の看板学部は30%減 入試改革が分けた明暗

    志願者数は立教大が“一人勝ち”、早大の看板学部は30%減 入試改革が分けた明暗

     大学入学共通テストの初年度となった2021年度入試では、早稲田大学をはじめ有力な私大が独自入試改革も実施した。ただ、志願者数だけを見ると明暗が分かれた格好だ。AERA 2021年4月5日号の記事を紹

    AERA

    4/4

  • 早稲田・慶應の20年後は? スポ科が文学部より上、SFCも出世学部に!?

    早稲田・慶應の20年後は? スポ科が文学部より上、SFCも出世学部に!?

     私学最難関大として競い合う早稲田と慶應義塾の学部序列に異変が起きている。インターネットでの検索数などを分析したところ、早稲田の社会科学部(通称・社学)が看板学部になりつつあることなどがわかった。両大

    週刊朝日

    3/27

  • 早稲田で起きた“下剋上” 不人気だった学部が注目浴びる理由

    早稲田で起きた“下剋上” 不人気だった学部が注目浴びる理由

     私学最難関大・早稲田の内部で変化が起きている。これまで人気のなかった学部が注目を集め、学内でも人気を誇っているのだ。*  *  *「社学が第1志望でした」 こう話すのは今春、早稲田の社会科学部(通称

    週刊朝日

    3/26

5 6 7 8 9

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す