【来日50周年】歓迎されなかった声もあったパンダ来日 日中関係に翻弄された50年とは

書籍

2022/10/28 11:30

 今年2022年は日中国交正常化50周年、そしてパンダが初めて来日してから50周年となる節目の年です。中国の北京動物園から海を越えて、カンカンとランランが東京の上野動物園にやってきたのは1972年10月28日のことでした。以来、上野動物園のパンダたちは常に日中関係に大きく翻弄されることになります。その歴史を、東京女子大学准教授の家永真幸先生に振り返っていただきました。(監修・日本パンダ保護協会『来日50周年メモリアル パンダが日本にやってきた!』より一部を抜粋・再構成)

あわせて読みたい

  • 日中「パンダ外交」 “国賓級”出迎えの裏で飼育員は竹収集に奔走!?

    日中「パンダ外交」 “国賓級”出迎えの裏で飼育員は竹収集に奔走!?

    週刊朝日

    1/17

    シャンシャンとは2歳でお別れ!? 日本の動物園にパンダがいる理由

    シャンシャンとは2歳でお別れ!? 日本の動物園にパンダがいる理由

    dot.

    12/19

  • 日中平和友好条約から40年 日中関係のこれまでを振り返る

    日中平和友好条約から40年 日中関係のこれまでを振り返る

    dot.

    12/28

    『11月5日はなんの日?』上野動物園のパンダがはじめて一般公開された日、音楽シーンの“パンダ・ブーム”といえばアノ人

    『11月5日はなんの日?』上野動物園のパンダがはじめて一般公開された日、音楽シーンの“パンダ・ブーム”といえばアノ人

    Billboard JAPAN

    11/7

  • 黒柳徹子「ひとり追っかけでした」 70年来の“パンダエピソード”明かす

    黒柳徹子「ひとり追っかけでした」 70年来の“パンダエピソード”明かす

    AERA

    1/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す