選手にとって「超重要時期」 FA権取得のシーズンに成績は上がるのか? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

選手にとって「超重要時期」 FA権取得のシーズンに成績は上がるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
FAでの国内移籍とポスティングでのメジャー移籍を経験している山口俊 (c)朝日新聞社

FAでの国内移籍とポスティングでのメジャー移籍を経験している山口俊 (c)朝日新聞社

 以前ほど大型トレードが行われることが少なくなったプロ野球界において、主力選手の移籍といえばフリーエージェント(以下FA)権を行使してのものが大半となっている。FA権を行使した選手は他球団からの条件を聞くことが可能になり、言ってみれば自分を高く売る最大のチャンスとも言えるのだ。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 メジャーリーグでは通算3166安打を放ったエイドリアン・ベルトレ(レンジャーズなど)がFAとなる年に好成績を残し、2度にわたり大型契約を勝ち取っている。果たしてNPBでもFA権を行使したシーズンで好成績を残した選手はどの程度いたのか。検証してみたいと思う。

 2010年以降にFA権を行使して国内の他球団に移籍したケースは49例で48人(鶴岡慎也が二度FAで移籍)、海外球団に移籍したケースは10人となっている。この中で移籍前年にキャリアハイ、もしくはそれに近い成績をマークした選手を調べたところ、以下の11人だった。

・国内移籍
小林宏之(2010年:ロッテ→阪神)
許銘傑(2011年:西武→オリックス)
糸井嘉男(2016年:オリックス→阪神)
山口俊(2016年:DeNA→巨人)
野上亮磨(2017年:西武→巨人)
浅村栄斗(2018年:西武→楽天)
丸佳浩(2018年:広島→巨人)
鈴木大地(2019年:ロッテ→楽天)
福田秀平(2019年:ソフトバンク→ロッテ)

・海外移籍
建山義紀(2010年:日本ハム→レンジャーズ)
和田毅(2011年:ソフトバンク→カブス)

 全体的に見ると少ない印象を持つのではないだろうか。更にこの中で許と和田については、2011年に導入された統一球によって、極端に投手有利となった影響も差し引く必要がある。昨年オフに移籍した鈴木も新設されたホームランテラスによって、本塁打数が伸ばせたという意味ではラッキーだったと言えるだろう。また、小林は移籍前年にリリーフとして結果を残したが過去には先発としての実績があり、山口はその逆のパターンである。そういう意味ではこの二人も特にFA権を取得する年が目立って好成績だったとは言えないだろう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい