山田清機〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田清機

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機

山田清機

山田清機(やまだ・せいき)/ノンフィクション作家。1963年生まれ。早稲田大学卒業。鉄鋼メーカー、出版社勤務を経て独立。著書に『東京タクシードライバー』(第13回新潮ドキュメント賞候補)、『東京湾岸畸人伝』。SNSでは「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれている

  • NEW

    誰も父の「引導」渡せず 大センセイ、「患者も殺す」抗がん剤に疑問

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「抗がん剤」。*  *  * 昭和ヒト桁生まれの親父が亡くなって、あっという間に二年がたった。大センセイ、親父の死については、書き残しておきた...

  • 急行乗り換えは甘いワナ? 東急目黒線の「武蔵小山トラップ」

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「武蔵小山トラップ」*  *  * 近頃、首都圏では電車の相互乗り入れが盛んに行われていて、正直なところ、いったいどの電車に乗ればいいのかわか...

  • 「ヒ、ヒーイズ…」英語から逃げられない場面で出た言葉

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「きょとん」*  *  * 外国人が苦手だ。理由は、英語ができないからである。 先日、品川駅で新幹線のきっぷを買おうとしていたら、隣の券売機の...

  • 中年男も“新人類”だった…「スマホは危険」なワケ

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「スマホは危険」。*  *  * スマホというのは、とても危険なものである。 先日など、エスカレーターを上り切ったところで、仁王立ちになってス...

  • 大センセイ、慶應ボーイに「世の中、そんなに甘くないと思うぞ」

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「慶應ボーイ」。*  *  * 午後の東急東横線に乗っていると、ペンとペンの徽章をつけた高校生によく出くわす。慶應義塾高校の生徒である。慶應高...