山田清機〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田清機

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機

山田清機

山田清機(やまだ・せいき)/ノンフィクション作家。1963年生まれ。早稲田大学卒業。鉄鋼メーカー、出版社勤務を経て独立。著書に『東京タクシードライバー』(第13回新潮ドキュメント賞候補)、『東京湾岸畸人伝』。SNSでは「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれている

  • NEW

    祭りの夜はやっぱり…大センセイの流儀

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回は「酔って候」。*  *  * 過日、大センセイご一家は、阿波踊りを見るために高円寺を訪れた。 中央線を降りると、高円寺駅は大混雑。何か途方もないも...

  • 老婆を使った同情ビジネス? 3度の「拝まれ体験」で気付いたこと

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「拝まれた」。*  *  *「俺、人からよく道を聞かれるんだよね」 という人は、意外にたくさんいるものである。 この手の人は、暗に自分は人...

  • 何度もネズミ捕りにひっかかったスピード違反常習犯が運転をやめた理由

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「ネズミ捕り」。*  *  *交通違反における東西の横綱といえば駐車違反とスピード違反だが、実はこのふたつ、累犯率が高いと大センセイは睨ん...

  • “仕事嫌い仲間”の友が逝き 美しい「電照菊」の思い出

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回は1年ほど職場を共にしたSという友人について。*  *  * 去る者は日々に疎しというが、友人のSが突然亡くなってからあっという間に2年の歳月が流れ...

  • 一種のプレイ!? 「回転ずし」を愛でる人の流儀とは

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「回転ずし」。*  *  * 何が嫌いといって、いちいち流儀だの所作だのと、もったいぶった御託を並べる人が嫌いである。 思うに、人様の語る...