山田清機〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田清機

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機

山田清機

山田清機(やまだ・せいき)/ノンフィクション作家。1963年生まれ。早稲田大学卒業。鉄鋼メーカー、出版社勤務を経て独立。著書に『東京タクシードライバー』(第13回新潮ドキュメント賞候補)、『東京湾岸畸人伝』。SNSでは「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれている

  • NEW

    “天下のクレーマー”がJリーグの応援に苦情を入れた結果…

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さん。今回は「大騒音」をテーマにおくる。*  *  * わが家の妻太郎は、ながら族の親玉のような人物である。持ち帰ってきた仕事をパソコンで処理しながら、平然とテレビドラマを見たりしている。しかも、ちゃんと内容を把握して...

  • 小学校で起きた先生の「謝罪」に大センセイは…

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「謝る」。*  *  *「本当の謝罪とは、相手に許してもらうことを期待せずに謝ることです」 ある人にこう教えられて、なるほどと思ったことが...

  • 断崖絶壁の公衆便所… 吹き返す強風の中で思い出した寺山修司の言葉

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「落書き」。 学生時代、自転車で東北地方を一周したことがある。 夏休みの終わりごろ川崎にある自宅を出発し、太平洋岸をひたすら仙台まで北上し...

  • 廃校で狂乱…UFO飛来の地で翌朝、起きた怪奇

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機さんの『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「位山のUFO」。*  *  * UFOの存在を信じるかどうかは、何かの試金石じゃないかという気がする。 若かりし頃、車に乗って目的地を定...

  • 白髪ハゲでも女子を口説く? オペラ舞台で感じる「愛おしさ」とは

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     いままで隠していたことだが、実は大センセイ、大のオペラ好きであるから、オペラの舞台に出たりしたことがあるんである。 これを知人に話すと、「学校の音楽室に飾ってあったバッハとかモーツァルトの肖像画みたいなヅラを被りたかったからだろう」 とよく言われる。 なんたる邪推であろうか。オペラは単純に面白いん...