平昌五輪特集

AERA dot.

山田清機

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機

山田清機

山田清機(やまだ・せいき)/ノンフィクション作家。1963年生まれ。早稲田大学卒業。鉄鋼メーカー、出版社勤務を経て独立。著書に『東京タクシードライバー』(第13回新潮ドキュメント賞候補)、『東京湾岸畸人伝』。SNSでは「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれている

  • NEW

    「エバンゲリオンだとバカっぽい」大センセイの「バかヴか問題」

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「ヴ」。*  *  *「バかヴか問題」に初めて直面したのは、駆け出しの編集者だったときである。 副編集長がとってきた映画評論の入稿を任されて、...

  • 財布の値段×200倍=年収? 大センセイ「高級長財布」を購入した結果

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「長財布」。*  *  * お金に縁がないくせに、お金に関する取材はたくさんしたものである。 おそらく多くの人がお金に興味がある、というか、お...

  • 大センセイ、雪の日に“いい思い”をするも読みが外れて…

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「雪の日に」。*  *  * 首都圏に大雪が降るたびに、JRが止まったとか、転倒して怪我をした人が何人もいたといったニュースが流れる。多くの都...

  • 大センセイVS元新聞記者 “優先席で居眠り”をめぐりバトル!

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「スカートの中」。*  *  * ある日、新宿行きの小田急線に乗っていたときのことである。 平日の昼間だというのに、車内は結構混み合っていた。...

  • 「あの課長、ウロコだよね」の意味は? 大センセイが販売員時代を振り返る

    大センセイの大魂嘆! 週刊朝日

     SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「三越の隠語」。*  *  * 若者のデパート離れが進んでいるというが、とんでもないことである。 大センセイ、新卒で入った会社を辞めてしばらく...