ラリー遠田〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラリー遠田

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、インタビュー取材、コメント提供、講演、イベント企画・出演などを手掛ける。お笑いWEBメディア『オモプラッタ』の編集長を務める。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『逆襲する山里亮太』(双葉社)、 『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。近著は『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)。http://owa-writer.com/blog/

  • NEW

    有吉に「元気の押し売り」というあだ名をつけられたベッキーが幸せを掴むまで

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     ベッキーが2月13日、プロ野球・巨人の片岡治大ファーム内野守備走塁コーチと結婚したことを発表した。2人は1月中に都内で婚姻届を提出したという。 SNSなどで一般人の反応をざっと見る限りでは、ベッキーの結婚に関して「肯定派」「否定派」「興味ない派」がそれぞれ一定の割合で存在している。どんな芸能人でも...

  • 柳原可奈子の2重人格的な別の顔は結婚後、どうなるのか?

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     柳原可奈子が『バイキング』(フジテレビ系)に2月5日、出演。一般人男性と結婚したことを発表した。友人の紹介で知り合い、1年の交際を経てゴールイン。プロポーズのときに指輪を渡されたが、サイズが合わず指の爪のところまでしか入らなかったという。 柳原可奈子の登場は鮮烈だった。2007年に始まった『爆笑レ...

  • 『ロンハー』ゴールデンから深夜に降格で過激路線の復活はあるか?

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     テレビ番組は視聴率が命である。特に、視聴率が広告収入に直結する民放では、それは絶対的なものだと見なされる。バラエティ番組の視聴率が下がってくると真っ先に行われるのが「テコ入れ」と言われるものだ。新しい企画を試したり、出演者を入れ替えたりすることで、危機的な状況から脱しようとするのである。 それでも...

  • ビートたけしが古今亭志ん生にほれ込んだ意外な理由

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     1月6日、NHKの大河ドラマ『いだてん』が始まった。今回のドラマは開始前から何かと話題になっていた。その最大の理由は、宮藤官九郎が脚本を務めているからだ。宮藤は数々のドラマや映画の脚本に携わってきた。彼がNHKの作品を手がけるのは、2013年の連続テレビ小説『あまちゃん』以来となる。『いだてん』の...

  • 絶好調のナイナイ・岡村隆史が「真面目すぎる」弱点を克服するまで

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     ここ数年、ナインティナインの岡村隆史の活躍がめざましい。数あるレギュラー番組の中でも『チコちゃんに叱られる!』(NHK)の注目度は桁違いである。レギュラー放送だけでなく再放送すら高い視聴率を保っていて、子供から年配者まで幅広い年齢層に愛されている。 番組のマスコットキャラクターであるチコちゃんの決...