ラリー遠田〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラリー遠田

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)、『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。近著は『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)。http://owa-writer.com/

  • NEW

    フワちゃん 動画とテレビを横断するハイブリッド芸人は「令和のシノラー」なのか

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     今から4年前、変わり者の芸人ばかりが出るというコンセプトのお笑いライブを見に行ったことがある。どの芸人も面白かったのだが、その中でひときわ印象に残る男女コンビがいた。 ネタの内容はよく覚えていないのだが、野性的な雰囲気のギャルっぽい女性が「乳首、痛えよ!」というフレーズをひたすら何度も連呼していた...

  • ハライチ岩井、初のエッセーが絶好調 “夢見ない”リアリストの日常にあふれる「深い学び」とは

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     どんな人の人生もそれほど特別ではない。超一流の経営者もモデルもアスリートも、トイレに入って用を足すし、家では爪を切ったり顔を洗ったり歯を磨いたりしている。人生の大半を占めるのは当たり前の日常だ。ほとんどの場面では普通のことが普通に行われている。 歴史上の偉人の伝記では、その人が家具の角に足の小指を...

  • 純粋お笑い番組「有吉の壁」と“あの伝説的番組”の共通点

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     一昔前に比べると、地上波テレビのバラエティ番組の内容が大きく様変わりしている。一言で言うと「純粋なお笑い番組」が激減しているのだ。 確かに、芸人が出ている番組はたくさんある。いまやテレビのほとんどすべてのジャンルで芸人が積極的に起用されている。だが、その一方で、純粋なお笑い番組は少なくなっている。...

  • とんねるず石橋貴明が新ユニット結成 「野猿」が一世を風靡したわけ

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     とんねるずの石橋貴明が、元「野猿」の平山晃哉、神波憲人と共に新ユニット「B Pressure」を結成することを発表した。11月1日に3曲入りの1stシングル『Freeze』がリリースされる。10月28・29日には大阪のROCKTOWNでお披露目ライブ「サビ落とし」が開催されるという。 野猿の中心メ...

  • ロンブー淳の「イジリ論」が大反響 いじめとの違いは?

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     9月10日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で行われたのは、田村淳らが深夜に悩みを抱えた芸人の家を訪れ、彼らの相談に乗るという企画だった。 最初に訪れたのはにゃんこスターの自宅だった。男女コンビのにゃんこスターは現在、一つ屋根の下で同棲している。だが、アンゴラ村長がスーパー3助に不信感を持っ...

おすすめの記事おすすめの記事