AERA dot.

ラリー遠田

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、インタビュー取材、コメント提供、講演、イベント企画・出演などを手掛ける。お笑いWEBメディア『オモプラッタ』の編集長を務める。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『逆襲する山里亮太』(双葉社)、 『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。http://owa-writer.com/blog/

  • NEW

    1人10役のなりきり芸に挑戦するロバート秋山の意外な「品の良さ」

    dot.

     今から20年ほど前に、新宿の外れにある喫茶店に入って驚いたことがある。自分のまわりのすべてのテーブルで、マルチ商法らしきものの勧誘が行われていたのだ。テーブルの一方には、やたらと明るくハキハキとまくし立てるようにしゃべり続ける男性がいて、もう一方にはそれにじっと耳を傾けている気弱そうな若者がいた。...

  • 「めちゃイケ」から「72時間ホンネテレビ」へ 王道バラエティの歴史が変わった瞬間

    dot.

     先日、フジテレビを代表する番組である「めちゃ×2イケてるッ!」が2018年3月で終了することが発表された。「とんねるずのみなさんのおかげでした」も打ち切られると報じられている。「おかげでした」の前身番組である「とんねるずのみなさんのおかげです」が始まったのは1988年。「めちゃイケ」が始まったのは...

  • 香取慎吾が萩本欽一に見いだされたある才能とは?

    dot.

     11月3日、萩本欽一を題材にしたドキュメンタリー映画『We Love Television?』が公開された。『電波少年』シリーズで知られる土屋敏男が監督を務め、2011年から萩本の新番組制作に密着した。萩本自身は撮影中、この映画を作っていることを知らされていなかったという。 40代以上で萩本のこと...

  • 低迷するフジテレビに新鉱脈 殺人ドキュメンタリーで高視聴率の裏側

    dot.

     フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』が大きな反響を巻き起こしている。10月15・22日に2週にわたって放送された「人殺しの息子と呼ばれて…」という企画だ。ここでは、日本中を震撼させた「北九州連続監禁殺人事件」の犯人の息子が初めてテレビの取材に応じ、インタビューに答えていた。15...

  • 異端の男女コンビ「にゃんこスター」に取材依頼が殺到するワケ

    dot.

    『キングオブコント2017』(TBS系)で準優勝した男女コンビ・にゃんこスターの勢いが止まらない。独創的な縄跳びのコントで視聴者に衝撃を与え、賛否両論の大反響を巻き起こした。 その後、スポーツ紙の取材で2人が交際中であることが明かされると、そのこと自体が新たに注目の的になった。男女コンビで付き合って...