ラリー遠田〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラリー遠田

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)、『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。近著は『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)。http://owa-writer.com/

  • NEW

    山田孝之主演「全裸監督」ヒットの深み “無垢な汗と欲望”は時代を超える

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     見ると興奮せずにはいられない。そういう作品がある。8月8日にNETFLIXで8世界同時配信が開始された山田孝之主演のドラマ「全裸監督」である。いまネット上の口コミでじわじわと広まって話題になっている。有吉弘行、いとうあさこをはじめ、多くの著名人もSNSで絶賛のコメントを残している。8月16日には新...

  • 自らが提案したエージェント制度、その行方は…吉本の歴史に刻んだ、加藤の“変”

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     吉本興業をめぐる一連の騒動がこんなにも長引いてしまった理由の1つは、所属タレントの加藤浩次が生放送の番組内で「取締役が変わらなかったら会社を辞める」と高らかに宣言して、経営陣と真っ向から対立する姿勢を示したからだ。いわゆる「加藤の乱」である。 もともとは反社会的勢力を相手にした闇営業に参加した件で...

  • スカッとする仕事ぶり 神田松之丞、死角なし

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     何年か前から噂は聞いていた。講談の世界にとんでもない逸材が現れたというのだ。二ツ目でありながら圧倒的な人気と実力を持ち、メディアに出る機会も多い新進気鋭の講談師・神田松之丞のことだ。ずっと興味は持っていたものの、なかなか舞台を見に行く機会がなかった。 彼はすでに日本一チケットが取れない講談師だと言...

  • 「芸人の性」を読み誤った 吉本騒動が炎上したワケ

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     宮迫博之らの闇営業問題に端を発した一連の吉本興業に関連する騒動が、ようやく沈静化のきざしを見せている。宮迫をはじめとする芸人たちが、所属事務所に無断で反社会的勢力の人間が主催するイベントに参加して、金銭を受け取っていたと報じられたのが事の始まりだ。 その後、このイベントにほかの芸人を斡旋していたと...

  • 最後まで「イジらせない」宮迫博之とは何者だったのか

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     7月19日、吉本興業株式会社が所属タレントである雨上がり決死隊の宮迫博之とのマネジメント契約を解消したことを発表した。反社会的勢力の主催する会合に出席していた件で宮迫はすでに謹慎中だったが、吉本興業は「諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じた」として、契約解消と...