ラリー遠田〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラリー遠田

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)、『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。近著は『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)。http://owa-writer.com/

  • NEW

    四千頭身、3時のヒロイン 続々台頭”新世代トリオ芸人”の新しい可能性

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     日本のお笑い界では、ほとんどの芸人はコンビを組んで活動している。コンビの次に多いのはピン芸人だが、ピン芸人の多くはコンビを解散してピン芸人に転身しており、初めから1人で活動している人はあまりいない。 そんなピン芸人よりもさらに珍しいのが、3人で1つのグループを作っているトリオ芸人である。そもそもト...

  • 石橋貴明 覚悟のYouTube進出で期待されるルール無用の暴れっぷり

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     とんねるずの石橋貴明が、自身のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を開設したことが話題になっている。いまや芸人がYouTubeを始めるのは珍しいことではなくなった。雨上がり決死隊の宮迫博之やTKOの木下隆行のように、何らかのトラブルを起こした芸人がYouTubeという新天地で再起をはかる例も...

  • 最近続々暴露 お笑いのネタを書く方と書いてない方の”コンビ確執”

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     芸人が笑いを取るためにどんな努力をしているか、テレビに出たときに少しでも目立つためにどんなことを意識しているか、といったことは、もともとは人前で語るようなことではないと思われていた。 だが、ある時期から、テレビなどで芸人がそういったお笑いの専門的なことを赤裸々に語るようになった。それは恐らく『アメ...

  • “今年のブレーク芸人”のはずが…コロナ禍で「寸止め」のエイトブリッジ

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

    「こんなはずじゃなかった」 誰もがそう思っているはずだ。新型コロナウイルス感染症の流行によって、世界中の人々が仕事面や生活面で大打撃を受けている。そのショックの大きさは立場によって異なるものの、多かれ少なかれ何らかの影響を受けている人がほとんどだろう。 日本で生活する芸人たちも例外ではない。一時はテ...

  • 渡部建の不倫を容赦なく斬った「おぎやはぎ」 炎上無縁の物言い

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     芸能人の不倫報道はいまや珍しくも何ともないが、報道されるスキャンダルの内容が世に出る前に、芸能人が自らメディア出演の自粛を申し入れる「先行自粛」というのは珍しい。 アンジャッシュの渡部建は、週刊誌による自身の不倫報道に対して、先行自粛という異例の対応を行った。それがさまざまな憶測を呼び、世間をます...

おすすめの記事おすすめの記事