いろどり温野菜のバーニャカウダ(撮影/写真映像部・松永卓也)
いろどり温野菜のバーニャカウダ(撮影/写真映像部・松永卓也)
この記事の写真をすべて見る

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「いろどり温野菜のバーニャカウダ」。

【作り方のワンポイントアドバイスを写真で紹介!】

*  *  *

 根菜やキノコがおいしい季節。イタリア料理「バーニャカウダ」を添えればいつもと違った味わいに。ニンニクやアンチョビの風味がきいた温かなソースは秋冬の食卓にぴったりです。

野菜が焦げつかないように、途中、鍋底の水がなくなったら少量加えて蒸す。(撮影/写真映像部・松永卓也)
野菜が焦げつかないように、途中、鍋底の水がなくなったら少量加えて蒸す。(撮影/写真映像部・松永卓也)

 野菜はゆでずに蒸してやわらかくします。重ならないようにフライパンに並べ、水と塩を加えてフタをするだけなので簡単。お湯を沸かす手間なく短時間でいろんな野菜を調理できるのがいいところ。ただし火の通りにくいカボチャやレンコンは薄く切り、蒸し上がり時間をそろえるのがポイントです。

皮付きのニンニクをグリルやオーブントースターで中がやわらかくなるまで焼く。(撮影/写真映像部・松永卓也)
皮付きのニンニクをグリルやオーブントースターで中がやわらかくなるまで焼く。(撮影/写真映像部・松永卓也)

 バーニャカウダは、まずニンニクを皮付きのままグリルで焼き、フォークでつぶしてください。これをオリーブ油の中でゆっくりと火を入れ、香りを油に移します。そこに細かく刻んだアンチョビを加えて全体をよく混ぜ合わせ、黒胡椒を加えたら完成です。

 このソースをかけると野菜が不思議とパクパク食べられ、お酒のおつまみに大変身。バゲットにのせて食べても最高ですよ。いろいろおためしください。

(構成/沖村かなみ)

■いろどり温野菜のバーニャカウダ

【材料】(2人分)ニンニク4片、アンチョビ4~5枚、オリーブ油100ml、黒胡椒少々、ニンジン、ブロッコリー、紫イモ、レンコン、カボチャ、椎茸各適量

【作り方】(1)ニンジン、レンコンは皮をむき、すべての野菜を食べやすい大きさに切る。椎茸は石づきを切り落とし、かさに隠し包丁を入れる。(2)(1)を重ならないようにフライパンに並べ、分量外の水50mlと塩小さじ1をふり入れ、フタをして5~6分やわらかくなるまで蒸す。(3)ニンニクを皮付きのままグリルで5~6分焼く。皮をはずしてフォークでつぶす。(4)鍋にオリーブ油と(3)を入れて中火にかける。香りが出たら細かく刻んだアンチョビを加えてよく混ぜ合わせ、黒胡椒をふる。(5)皿に野菜を盛り付け、(4)のソースをかける。

【ワンポイントアドバイス】野菜が焦げつかないように、途中、鍋底の水がなくなったら少量加えて蒸す。

皮付きのニンニクをグリルやオーブントースターで中がやわらかくなるまで焼く。

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All
黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

週刊朝日  2022年11月4日号

著者プロフィールを見る
黒田民子

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

黒田民子の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
香りとおしゃれ感を部屋にもたらす!Amazonでみんなが「欲しいアロマディフューザー」ランキング