※写真はイメージです(Getty Images)

 いつまでたっても自分に自信が持てず、収入に釣り合わないハードな働き方をしたり、仕事のことで頭がいっぱいになって上手く休めない…という経験は、誰しもあるのではないだろうか。月の生活費7万円の小さな暮らしを実践するYouTuberかぜのたみ氏は、まず、「すでに手元にあるもの」や「いまの自分」を認めることが大事、と気づいたという。同氏の新著『低コスト生活 がんばって働いている訳じゃないのに、なぜか余裕ある人がやっていること。』(朝日新聞出版)から一部を抜粋、再編集し、自分に自信をつける“褒め方”を紹介する。

【図】逆に自分を褒められないと……

*  *  *

「ミクロ褒め」を習慣化する

 低コストライフを送っているうちに、気づいたことの中でも、とくにお伝えしておきたいのが「自信を持つこと」の大切さです。

 昔の私は、これができていなかったから、いくらお金を洋服や持ち物に使っても、満足できなかったのだと気づきました。

 世間一般では、自信をつける方法ってどんなことだと考えられているでしょうか。

「少し背伸びした目標を達成できたら自信はつくはず」と、資格の勉強や貯金などに励まれている方も多いかもしれません。

 それも一つとして、自信をつけるには「小さいこと」の積み重ねが大事だと思って日々過ごしています。

 大きなことよりも小さなことの方がクリアもしやすいですし、達成感もあったりして、私にはすごく効いたのです。

 普段見逃しそうなレベルで、自信を積み重ねるための「小さな材料」は散らばっています。

 でも多くの人はできて当たり前と思っているか、「やるべきタスク」と認識しているため、見逃されていることの方が多い気がします。

 どんな小さなことでも自分ができたことは「逐一褒める」で過ごすようになってからは、以前よりも心の安定度が増して、「ものすごく自信がない」という状態は減った気がするのです。

著者プロフィールを見る
かぜのたみ

かぜのたみ

「暮らしと自分をととのえる」をテーマに、YouTubeでの音声配信「かぜたみラジオ」のパーソナリティをつとめる。仕事での無理がたたって心身の調子を崩して以来、持ち物やお金の使い方、働き方など生活にまつわるあらゆる側面を見直し、月の生活費7万円以下の暮らしにたどり着いた。ラジオでの柔らかな語り口と、物事の本質をつく鋭い内容が話題を呼び、SNSフォロワー数は8万人を突破している

かぜのたみの記事一覧はこちら
次のページ
息をするように自分を褒める