日本で困窮するベトナム人に手を差し伸べる NPO法人日越ともいき支援会代表、浄土宗僧侶・吉水慈豊<現代の肖像> (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本で困窮するベトナム人に手を差し伸べる NPO法人日越ともいき支援会代表、浄土宗僧侶・吉水慈豊<現代の肖像>

澤田晃宏AERA
NPO法人日越ともいき支援会代表・浄土宗僧侶 吉水慈豊/ベトナム人の命と人権を守る活動を通して「ともにいきる」社会の実現を目指し、NPO法人を立ち上げた(撮影/横関一浩)

NPO法人日越ともいき支援会代表・浄土宗僧侶 吉水慈豊/ベトナム人の命と人権を守る活動を通して「ともにいきる」社会の実現を目指し、NPO法人を立ち上げた(撮影/横関一浩)

オフの時間はほとんどない。7匹の愛犬・カニンヘンダックスフントと遊ぶ時間が最もリラックスできる時間だと言う。3人の子どもたちはNPOの青年部として母の支援活動をサポートする(撮影/横関一浩)

オフの時間はほとんどない。7匹の愛犬・カニンヘンダックスフントと遊ぶ時間が最もリラックスできる時間だと言う。3人の子どもたちはNPOの青年部として母の支援活動をサポートする(撮影/横関一浩)

 NPO法人日越ともいき支援会代表・浄土宗僧侶、吉水慈豊。増え続ける外国人労働者のなかでも、近年、その最大の人材供給国となっているのがベトナムだ。それに比例するように、実習先から失踪する技能実習生や、自ら死を選ぶ留学生など、悲惨な状況に陥るベトナム人が増えた。吉水慈豊の元には、そんなベトナム人からのSOSが毎日入る。遠方であろうと、夜中であろうと、吉水は駆けつける。

【写真】愛犬・カニンヘンダックスフントと遊ぶ時間が最もリラックスできる時間だと言う

*  *  *
 ベトナム人元技能実習生のグェン・ドゥック・フー(34)を乗せた車が、成田空港に向かっていた。

 フーは多くの技能実習生同様、日本でお金を稼ぐことを夢見て来日したが、わずか3カ月で実習先から失踪した。労働環境は劣悪で、15時間働いても7時間分の給与しか支払われなかった。

 寮費や光熱費を引いた手取り給与は約6万4千円。これでは、母国の送り出し機関に支払うために借りたお金を返すだけで約2年半かかる。

 借金を返すためだけに働き続けられないと、フーは失踪。在日ベトナム人などを頼り、愛知県の野菜農家や滋賀県の梱包会社の仕事に就くなどしたが、3年目に脳梗塞(こうそく)を患った。

 外国人は入管当局に認められた「在留資格」がなければ、日本に滞在できない。失踪したフーは「不法滞在者」扱いになり、医療保険が適用されず、病院から請求された入院費などの医療費は約400万円。一命はとりとめたが、半身まひと言語障害が残り、車椅子なしには動けなくなった。記憶の一部が欠落し、帰る場所もない。

 フーを保護したのが「ベトナム人の駆け込み寺」とも言われる東京都港区の浄土宗寺院「日新窟(にっしんくつ)」だった。同院の寺務長でもある吉水慈豊(よしみずじほう)(51)は、ベトナム人僧侶とともにベトナム大使館、入管当局に掛け合い、母国に帰りたいというフーの航空券を手配し、帰国の手はずを整えた。

 成田空港に向かう車中、フーが残した言葉が、吉水の心を切り裂いた。

「失踪した僕のことを犯罪者と言うけれど、犯罪者にしたのは日本人だ。僕は犯罪者になりたくて日本にきたわけじゃない」

 こんな子をこれ以上、出してはいけない──。

 2019年のことだった。

 翌年には新型コロナの感染拡大の影響で、不当解雇にあったり、行き場を失ったりするベトナム人技能実習生や留学生が急増。吉水の携帯には毎日、彼らからのSOSが届く。緊急性があれば、遠方だろうが、真夜中だろうが、吉水はハンドルを握り、保護に向かう。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい