IR疑獄の本丸は閣僚ルート 秋元容疑者が暴露「I R三羽烏」の正体 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

IR疑獄の本丸は閣僚ルート 秋元容疑者が暴露「I R三羽烏」の正体

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之,上田耕司週刊朝日
下地幹郎衆院議員(左)/岩屋毅前防衛相 (c)朝日新聞社

下地幹郎衆院議員(左)/岩屋毅前防衛相 (c)朝日新聞社

2017年12月に中国の500ドットコム本社を訪れた秋元司容疑者(右から3人目)、白須賀貴樹衆院議員(左から2人目)、勝沼栄明前衆院議員(左から3人目)、一番右は同社の鄭希容疑者 (c)朝日新聞社

2017年12月に中国の500ドットコム本社を訪れた秋元司容疑者(右から3人目)、白須賀貴樹衆院議員(左から2人目)、勝沼栄明前衆院議員(左から3人目)、一番右は同社の鄭希容疑者 (c)朝日新聞社

「報道で名前が出ているのは、職務権限のない議員ばかり。特捜部が目指す“本丸”は、数千万円単位のカネが動いたとされる閣僚ルートでしょう。IR捜査を見ていると、安倍官邸もどこまで捜査の手が伸びるのか、把握できていないんじゃないかという印象は受けますね」(捜査関係者)

 昨年10月には菅官房長官の子飼いだった菅原一秀前経済産業相、河井克行前法務相が週刊文春に狙い撃ちされ、失脚。さらにカジノ疑獄が動きだし、菅官房長官の言動にキレが見られなくなった。

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏はこう言う。

「これまでは、記者の質問を強気にしりぞけていたのに、昨年11月頃からメモを見て話し、目が泳ぎ、うっすらと汗をかいて見えるようになった。まごついて、自信がない感じ。官邸の中でちゃんと情報共有なり意思統一ができてないのではないか……。カジノは菅さんは地元の横浜で推進役の筆頭だし、500社や秋元が関わった北海道、沖縄についても関わりを持っているだけに、不安を感じているのかもしれません」

 当面の節目は1月20日から始まる国会。新年度の予算審議も始まるが、野党からの追及のボルテージも上がりそうだ。自民党のベテラン議員はこう認める。

「秋元が逮捕され、ビクビクしている連中はいるよ。『どこまで検察はやる気なんでしょう』と、不安げに電話してきた議員もいる」

 一連のカジノ疑獄は、政権中枢にも影響を及ぼしつつある。

「IR疑惑浮上で、安倍首相と菅官房長官の間がギクシャクしている。閣議でも、視線も合わせないし、ほとんど言葉も交わさない。麻生(太郎・財務相)さんが2人の間に入ってとりなしたりしている。周囲もハラハラしていますよ」(自民党幹部)

 昨年12月7日、菅官房長官は「世界レベルの高級ホテルを全国で50カ所程度、新設したい」などの構想をぶちあげた。だが、同12月中旬、財務省など各省庁が補正予算の説明を野党議員にした際、菅官房長官のホテル発言について、質問が相次いだが、担当の国土交通省の役人がおろおろして答えられなかったという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい