国内2連勝の畑岡奈紗を心配 丸山茂樹「日本でポイント稼ぎと…」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

国内2連勝の畑岡奈紗を心配 丸山茂樹「日本でポイント稼ぎと…」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

奈紗ちゃん、強いね!  (c)朝日新聞社

奈紗ちゃん、強いね!  (c)朝日新聞社

 丸山茂樹氏は、父親の死を乗り越えて優勝したショーン・ノリス選手、国内メジャー2連勝の畑岡奈紗選手らについて語る。

【畑岡奈紗選手の写真はこちら】

*  *  *
 国内男子ツアーの「トップ杯東海クラシック」(10月3~6日、愛知・三好CC 西コース)は南アフリカのショーン・ノリス(37)が優勝しました。

 僕がテレビの仕事で現場にいた7月の「日本プロ選手権」に彼が出てたんですけど、大会の期間中にお父さんが亡くなったんです。彼にとって苦しい日が続いたんでしょう。今回優勝して、泣いてましたもんね。

 お父さんが亡くなったショックで精神的にまいってた時期があって、弟さんを日本に呼んでキャディーをしてもらったんですってね。その弟さんと回っての優勝、そりゃ格別の喜びでしょうね。人それぞれのメンタルの維持の仕方があると思うんですけど、やっぱり身内で支え合うのは大切なことなんでしょう。

 亡くなったお父さんにこうして優勝を捧げられるってのはね、スポーツ選手ってそういうことぐらいしかできないですからね。お父さんは息子が戦い続けてる姿をいちばん望んでると思いますから、いい結果を残して伝えることはほんとに素晴らしいと思います。

 さて国内女子メジャーの「日本女子オープン選手権」(10月3~6日、三重・COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジGC QUEENコース)は、畑岡奈紗(20)が2年ぶり3度目の優勝を飾って、国内メジャー2連勝となりました。強さが一段飛び抜けてるというかね、アメリカから帰ってくると優勝しますよね。これだけ簡単にやられてしまうってのは、同世代のみんなは悔しい思いをしてると思います。いい発奮材料にもなってるんじゃないですか?

 10月7日付の世界ランキングで3位につけました。まあ奈紗ちゃん自身としては、日本でポイントを挙げるより向こうで挙げたいでしょうけどね。よく我々も米ツアーの選手から文句言われたんですよ。日本のツアーでポイントを稼いでくるのはズルいって。まあ、奈紗ちゃんは向こうでもいい結果を出してるんで、あんまりないでしょうけどね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい