リポーター阿部祐二は“格差婚” 妻は美人プロゴルファー (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

リポーター阿部祐二は“格差婚” 妻は美人プロゴルファー

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶週刊朝日
阿部祐二(あべ・ゆうじ)(左)/1958年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。83年にドラマデビューし俳優として活躍。94年、リポーターに転身。「ルックルックこんにちは」「ザ!情報通」など数々の番組でリポーターを務める。2007年から「スッキリ」に出演中。著書に『超ハードでも疲れない仕事術』(PHP)がある。阿部まさ子(阿部・まさこ)(右)/1960年、千葉県生まれ。15歳からゴルフのアマチュア大会に参加し、79年からプロゴルファーとして活動。80年から日本女子プロゴルフ協会に所属。現在はティーチングプロフェッショナルとしてゴルフ指導を行っている。23歳の長女・桃子さんはファッションモデル、タレントとして活動中。2017年ミス・ユニバース日本代表に選出された。(撮影/倉田貴志)

阿部祐二(あべ・ゆうじ)(左)/1958年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。83年にドラマデビューし俳優として活躍。94年、リポーターに転身。「ルックルックこんにちは」「ザ!情報通」など数々の番組でリポーターを務める。2007年から「スッキリ」に出演中。著書に『超ハードでも疲れない仕事術』(PHP)がある。
阿部まさ子(阿部・まさこ)(右)/1960年、千葉県生まれ。15歳からゴルフのアマチュア大会に参加し、79年からプロゴルファーとして活動。80年から日本女子プロゴルフ協会に所属。現在はティーチングプロフェッショナルとしてゴルフ指導を行っている。23歳の長女・桃子さんはファッションモデル、タレントとして活動中。2017年ミス・ユニバース日本代表に選出された。(撮影/倉田貴志)

夫:僕は最初から一点の曇りもない、心のきれいな人だなと思った。

妻:うれしいですねえ、そんなこと言ってくれて。

――だが当時、夫と妻の“格差”は歴然だった。

夫:収入もだけど、社会的な格差ですよ。当時、僕は俳優業はあまりうまくいっていなかった。スポーツ紙に「美人プロゴルファー、結婚!」とでかでかと載ったけど、「お相手は俳優」と載った僕の写真は3センチ。

妻:あはは。

夫:周囲は僕のことをヒモ的に見るわけです。さすがにプライドがすごく傷ついた。でも反骨心だけはあるから「なんとか軌道修正してやる!」と。いまでも忘れられないんだけど、ある朝、彼女が新聞の折り込みチラシを見ながら「市場で朝から2時間勤務、時給650円だって。これ、できるんじゃない?」と言ったんです。

妻:発破をかけるつもりでね。そのとき彼は役者の仕事も途切れていて、家庭教師先も2軒だけ。月に10万円も稼げない状態だったから、もうちょっとがんばってもらわないと、って。

夫:僕はそれで発奮したんです。家庭教師センターを立ち上げて、講師も雇った。それが大当たりした。

妻:彼は教えるのがうまいんです。ちゃんと有名大学に合格させるし、お医者さんになった教え子もいるのよね。

夫:役者よりもそっちのほうがメインになってきた。

妻:自宅も購入できたしね。子どもがほしくなって、93年にようやく妊娠したら、そこでわが家の一大事が起こったんです!

夫:そう。僕にリポーターの仕事をやらないか、と話がきた。(聞き手・中村千晶)

「『周りはみんな敵』リポーター阿部祐二を助けた“鬼嫁”の存在」」へつづく

週刊朝日 2017年11月3日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい