推薦入試で見えた東大の“凋落ぶり” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

推薦入試で見えた東大の“凋落ぶり”

東大のブランド力が落ちている?

東大のブランド力が落ちている?

「推薦では高校や大学の先生に受けが良い子が合格する。とがった学生を得るなら面接は向いていません」

 東大医学部出身で精神科医の和田秀樹さんはそう指摘する。自身の経験も踏まえ「むしろペーパー試験のほうがイエスマンではない、おもしろい学生は入りやすい」と言い切る。

「とがった学生」が、東大に魅力を感じるかという問題もある。

 海外大学進学の目安とされる世界大学ランキングで、東大は昨年の23位から43位に下がった。アジアではシンガポール国立大学と北京大学に抜かれた。

 ベネッセコーポレーションが運営する海外トップ大学進学塾「ルートH」の藤井雅徳さんは言う。

「東大のブランド力が落ちています。うちの生徒は、ハーバード大学などの滑り止めとして東大を受けても、両方受かれば海外の大学を選びます。飛び抜けた生徒は入試方式では大学を選びません。どこがわくわくするか、卒業後もどれだけ多様な経路があるか、ちゃんと見ているんです」

(本誌・長倉克枝)

週刊朝日 2015年11月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい