ゴルフ界で輝く高校生ルーキーと恐るべし46歳 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゴルフ界で輝く高校生ルーキーと恐るべし46歳

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
高校生ゴルファーたちが健闘!(イメージ)

高校生ゴルファーたちが健闘!(イメージ)

 石川遼選手や松山英樹選手など、アマチュア時代から活躍し、プロでも実績を重ねるゴルファーたちが増えている。そんななか丸山茂樹氏が注目する高校生ゴルファーたちがプロを相手に健闘した。

*  *  *
 いやぁ、うれしかったですね。JGTOチャレンジトーナメント「グッジョブチャレンジ」(5月28、29日、茨城・イーグルポイントゴルフクラブ)で、僕のジュニアファンデーションの推薦で出た3人の高校生が、見事に2日間、プロと戦い抜きました。

 5月6日の丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会で高校男子の部を制した高橋宝将(ほうしょう)君(日本ウェルネス高2年)と、僕が過去の実績で選んだ坂本雄介君(埼玉栄高2年)、杉原大河君(生光学園高1年)。3人とも予選を通過! さらに高橋君は、通算4アンダーの11位でベストアマに輝きました!

 みんなの「勉強になりました」というひとことは、すごくありがたかったですね。ゴルフ場の設備やコースの整備が非常に行き届いてたんで、「プロのトーナメントはすごいなあ」と思ったはずなんです。プロへのあこがれが、より強くなったと思います。

 彼らに「試合が終わったら、アプローチを見てください」なんてお願いされてたんですけど、天気が悪くなっちゃって……。次にチャンスがあったら、しっかりアドバイスしてあげたいと思いますね。ジュニアファンデーションから上のレベルへとつながっていく試みは、みんなが頑張ってくれたおかげで、上々の滑り出しとなりました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい