「転職」に関する記事一覧

転職で人事が食いつく職務経歴書、2つの「言葉遣いの機微」で勝負あり

転職で人事が食いつく職務経歴書、2つの「言葉遣いの機微」で勝負あり

 これからのキャリアを考えるなら、新たなスキル習得に励むだけでなく、これまでの自分自身の経験や実績を「魅力的に見せる」工夫も重要だ。今回は、前後編にわたって「職務経歴書(レジュメ)」で押さえておきたい

ダイヤモンド・オンライン

6/14

  • デキる会社員こそ転職活動をし続ける理由 市場価値を上げた「転職強者」に共通の思考とは

     転職活動の「過程」というのは、個々によって大きく異なり、ベールに包まれている。だがその過程で、何を聞き、どのように行動し、いかに交渉するかによって、その後の人生の明暗が分かれると言っても過言ではない

    dot.

    5/13

  • 転職の成功のカギは「自分はいくらで売れるか」の視点 具体的なポイントは3つ

     これからの「働く」をAERAdot.と一緒に考える短期集中連載「30代、40代の#転職活動」。最終回のテーマは、転職を成功させるためのノウハウ。その前編では、毎年欠かさないルーティンが転職活動という

    dot.

    5/13

  • 正社員を捨てた43歳女性「給料が半分以下になっても」 お金より時間は「正解」なのか

    「コロナ禍で人々の価値観が変化している」とは、よく聞かれること。テレワークの普及し、本社を首都圏から地方に移転する脱首都圏の動きも進み、多拠点生活など、ここ数年で働き方の選択肢が大きく広がった。 これ

    dot.

    5/12

  • 「フルリモート求人」の落とし穴 「チャットで公開処刑」された38歳男性の場合

    「日本全国どこに住んでもOK!」をアピールするフルリモートの求人。少し前までなら考えられなかったような“転職なき移住”も一部企業では認められつつあり、テレワークの普及などから、

    dot.

    5/11

  • 憧れの「フルリモート職場」のシビアな現実 「安易に応募すると痛い目に」専門家が指摘

     これからの「働く」をAERAdot.と一緒に考える短期集中連載「30代、40代の#転職活動」。第2回目のテーマは、テレワークのリアル。その前編では、妻の2人目出産を機に「フルリモート可」の求人に飛び

    dot.

    5/11

  • 中途採用35歳限界説は崩れた? 40代アパレル店長からIT業界へ“越境転職”のリアル

     長引くコロナ禍、働き方や人生そのものの価値観が大きく変化する中で、人々の仕事観はどのように変化しているのだろうか。そんな世の中の流れが変化する中、ここ最近、転職に踏み切った30代、40代の個人のスト

    dot.

    5/10

この人と一緒に考える

  • コロナ禍の転職「50代未経験も珍しくない」異業種・異職種は過去最高 成功するコツは?

     これからの「働く」をAERA dot.と一緒に考える短期集中連載「30代、40代の#転職活動」。第1回は、全く経験のない異業種や異職種へ飛び込む「越境転職」について。前編では、転職当時43歳でアパレ

    dot.

    5/10

  • 頭がいい人と悪い人「転職の職務経歴書」で現れる差

    「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、そんな悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という

    ダイヤモンド・オンライン

    5/9

  • 社会人の学び直し モチベーションを維持できる人、できない人の違いとは?

     学び直したい社会人にとって、課題となるのはモチベーションの維持だ。仕事の忙しさを言い訳に勉強をおろそかにしないために、どのような視点を持つが大切なのだろうか。AERA 2022年3月21日号から。*

    AERA

    3/20

  • 810以上の資格を持つ専門家に聞く 「年代別取るといい資格」「ニーズが高い資格」

     自分の市場価値を上げるため、新たな知識や技能を獲得したいと思うビジネスパーソンも少なくないはず。これまで積み上げてきたスキルを軸に、何を学べばいいのだろうか。AERA 2022年3月21日号は、専門

    AERA

    3/19

  • 広報×デザイン、マーケ×資金調達…「複数スキル」の掛け合わせで起きた変化

     今持っているスキルに加えて、新たな知識や技能を獲得するスキルの足し算「リスキリング」に取り組む人が増えてきた。ビジネスパーソンたちは何を学び、どう仕事に生かしているのか。社会人の学びの実例を紹介しよ

    AERA

    3/18

  • 広告クリエイターがMBA取得で開けた道 CM制作だけでなく事業成長支援も

     一つの会社で一つの仕事をまっとうすればいい時代は終わった。変化の激しい時代に、必要となるスキルを求め、働きながら常にアップデートする人が増えている。大人の”リスキリング”に今

    AERA

    3/17

この話題を考える

  • 退職者「アルムナイ」と交流する企業が増加 目指すは「終身信頼」関係

     会社を辞めることは昔なら、どこか後ろめたい響きを伴っていたかもしれない。しかし、近頃は退職者を「アルムナイ」(alumni)と呼び、協業や再雇用といった形でつながりを保つ企業が増えている。働く人と組

    週刊朝日

    1/12

  • 西野一輝

    西野一輝

    今の仕事なんてとっとと辞めたほうがいい? やる気を失ったときの転職“以外”の解決法

    「面倒くさい」「もういいや」……やる気を下げるマインドは誰の心の中にも存在しています。いったいどうすれば、大きくやる気が下がったとき、再び情熱を取り戻すことができるのでしょ

    dot.

    8/10

  • 西野一輝

    西野一輝

    新しい職場は最初の100日間が大事? 入社、異動、転職で差がつく「ハネムーン期」

     人事異動や転職など、新たな職場環境に変わる人が多い4月。これまでと違う上司や同僚に不安を抱える時期と言えます。厄介な人物への対策を『モチベーション下げマンとの戦い方』(朝日新聞出版)として上梓した経

    dot.

    4/1

  • なぜ年収200万円アップ? コロナ禍でPR会社出身の人材が「宝の山」と評価される理由

     新型コロナの感染拡大の影響から会社員の収入が減っている。その一方で年収アップを果たした人もいる。先行き不透明な時代に企業が求めるものとは。AERA 2020年12月21日号で掲載された記事から。* 

    AERA

    12/20

  • SNSは“実名”で! ビジネスパーソンが仕事やキャリアアップにつなげる具体的な方法

     「炎上」や「バカッター」。SNSに対しては、こうした負のイメージを抱きがちだ。そのためか、これらのツールを“実名”で利用しているビジネスパーソンは、少数派かもしれない。 しか

    dot.

    10/1

  • 転職市場はすでに活性化 コロナで変わった仕事選びの“新基準”

     コロナ禍のいま、転職活動に踏み切る人が増えている。背景にあるのは、企業や仕事を選ぶ基準の変化だ。 都内で働く20代の女性は、7月にネット関連会社を辞め、8月に医療関連会社で働き始めた。「コロナで3月

    週刊朝日

    8/21

1 2 3 4 5

カテゴリから探す