「転職」に関する記事一覧

今の仕事なんてとっとと辞めたほうがいい? やる気を失ったときの転職“以外”の解決法

今の仕事なんてとっとと辞めたほうがいい? やる気を失ったときの転職“以外”の解決法

「面倒くさい」「もういいや」……やる気を下げるマインドは誰の心の中にも存在しています。いったいどうすれば、大きくやる気が下がったとき、再び情熱を取り戻すことができるのでしょ

dot.

8/10

  • 西野一輝

    西野一輝

    新しい職場は最初の100日間が大事? 入社、異動、転職で差がつく「ハネムーン期」

     人事異動や転職など、新たな職場環境に変わる人が多い4月。これまでと違う上司や同僚に不安を抱える時期と言えます。厄介な人物への対策を『モチベーション下げマンとの戦い方』(朝日新聞出版)として上梓した経

    dot.

    4/1

  • なぜ年収200万円アップ? コロナ禍でPR会社出身の人材が「宝の山」と評価される理由

     新型コロナの感染拡大の影響から会社員の収入が減っている。その一方で年収アップを果たした人もいる。先行き不透明な時代に企業が求めるものとは。AERA 2020年12月21日号で掲載された記事から。* 

    AERA

    12/20

  • SNSは“実名”で! ビジネスパーソンが仕事やキャリアアップにつなげる具体的な方法

     「炎上」や「バカッター」。SNSに対しては、こうした負のイメージを抱きがちだ。そのためか、これらのツールを“実名”で利用しているビジネスパーソンは、少数派かもしれない。 しか

    dot.

    10/1

  • 転職市場はすでに活性化 コロナで変わった仕事選びの“新基準”

     コロナ禍のいま、転職活動に踏み切る人が増えている。背景にあるのは、企業や仕事を選ぶ基準の変化だ。 都内で働く20代の女性は、7月にネット関連会社を辞め、8月に医療関連会社で働き始めた。「コロナで3月

    週刊朝日

    8/21

  • コロナ禍でも生き生きとした老後を! 定年までに「定活」のすすめ

     新たな門出を迎える人が多い春だが、今年は違う。新型コロナウイルスの感染拡大は、社会や経済に与える影響が長期化しそうだ。定年を迎える人のなかには、「再雇用制度を利用して65歳まで居続けたほうがいいので

    週刊朝日

    5/25

  • 宇賀なつみが明かす息苦しかった中学時代「自分改革」のモデルは「冴島翠」<現代の肖像>

     昨年3月にテレビ朝日を退社し、フリーアナウンサーになった宇賀なつみさん。テレ朝の看板アナの退社は話題になった。入社初日に看板番組の「報道ステーション」の気象キャスターとしてテレビに登場したのを皮切り

    AERA

    4/13

この人と一緒に考える

  • 40・50代での転職はアリ? 「3度の減収の覚悟を」とお金のプロが助言

     新しいキャリアという理想を描いても、お金という現実が大きな壁となることもある。AERA2020年2月17日号は、この問題にどう向き合えばいいのかを専門家に聞いた。*  *  * 働き方を変えたいと思

    AERA

    2/15

  • ソニー新卒入社も退社後の再就職に苦難…30代女性を変えた「空白の4年」

     キャリアは前に進むだけがすべてはない。一見、遠回りやリセットしたように見ても、その経験が未来につながることがある。AERA 2019年9月30日号の特集「転職の新常識」では、そうしたしゃがんで力をた

    AERA

    10/1

  • 東大卒→米国公認会計士→スタートアップ入社も最初は苦戦…窮地を救った経験とは?

     転職ではこれまでの自信や報酬が一度下がることもあるだろう。キャリアにおいてマイナスのように思えるが、プラスに転じるために必要な経験だった場合もある。AERA 2019年9月30日号の特集「転職の新常

    AERA

    9/30

  • 30歳で年収1300万円「しんどかった」 低迷時代をプラスに変えたルート型キャリア

     自身の壁を打ち破って、一気に成長したい──。 転職をそう考えたり、求めたりする人は多いだろう。 でも、それだけが魅力ではない。自分をリセットするかのように、 一度ゆっくり、しゃがんでみるのも、悪くな

    AERA

    9/29

  • 安定キャリアをなげうって…40代男性が日銀からベンチャーに転じた理由

     安定した職をなげうって、ベンチャー企業へと思い切った転身を図る人が増えている。時には「嫁ブロック」に遭いながら、新たなキャリアを築こうと踏み出した人もいる。*  *  * ブルーのジャケットにコット

    AERA

    11/18

  • 転職12回、5社目でうつに…「怒濤の転職人生」で見た絶望と希望

     病に苦しみながらも、働くことをあきらめなかった女性たちがいる。転職を繰り返し、人生の酸いも甘いもかみわけてきた教訓とは?*  *  *外資系の金融企業を渡り歩いてきた東京都在住の40代の女性は、これ

    AERA

    11/18

この人と一緒に考える

  • 「こんなカッコいい人と働けたら」人脈でつかんだ“幸せな転職”

     就活ルールがなくなり、新卒と中途の境目は薄れていく。中途の強みはビジネスで培った人脈だ。幸せな転職をした人たちを訪ねた。*  *  * おにぎりの写真を投稿するだけで、1枚につき給食5食分に当たる1

    AERA

    11/17

  • 「40代で年収が下がる人」と「上がる人」を分けるたったひとつの違い

    どれだけ会社に尽くしても、スキルが陳腐化すれば減給は当たり前「どうすれば、一生食える人材になれるのか?」「このまま、今の会社にいて大丈夫なのか?」 ビジネスパーソンなら一度は頭をよぎるそんな不安に、新

    ダイヤモンド・オンライン

    6/25

  • いま転職市場で本当に欲しがられる「3つの職種」とは

     最近、人手不足が世の中の大きな問題になるのと並行して、「10年後になくなる仕事」といった職業の淘汰に関するテーマがよく議論されています。目の前のビジネスの現場では人手不足が深刻になっている一方で、A

    ダイヤモンド・オンライン

    4/16

  • 「銀行員=金融のプロ」ではない? 転職で成功する銀行員、失敗する銀行員

     銀行が守ってきた出向・転籍という人員循環システム自体、崩壊しつつあると言われている。つまり、銀行はこれまでのように「終身雇用」や「出世」というニンジンをぶら下げられなくなる。となれば、将来を危ぶんで

    AERA

    1/20

  • 就活生&転職したい人必見! 面接官に刺さる言葉は「決算書」にある

     誰もが条件のいい会社、働きやすい会社に就職したいと思うものだ。しかし勤務時間や給与、福利厚生といった待遇面はわかっても、「働きやすさ」や「仕事のやりがい」を事前に把握することは難しい。 会社の商品や

    dot.

    11/23

  • 元三井物産の社員が起業 無名で業績もない中で唯一できたことは…

     個人に任される裁量やスピード感など、大手にはない魅力があるのがベンチャー企業。しかし一方で「知名度のなさ」という弱点も。ベンチャー企業の現場を取材した。 今回取材したベンチャー経験者全員が、ベンチャ

    AERA

    11/10

1 2 3 4 5

カテゴリから探す