「読書」に関する記事一覧

  • 本当のお金持ちとは「お金の元持ち」!? “不労所得”とは何かパックンが解説

     誰もが憧れる「不労所得」。でも、なんで不労所得があるといいの? 実際になにをすれば、不労所得はゲットできるの? そんな疑問に、「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック

    dot.

    11/29

  • 「生活保護」だった少年時代のアルバイト経験が「パックン」という人間を完成させた 新聞配達が教えてくれた一番大事なこととは?

    「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パック

    dot.

    11/28

  • ハーバート卒のパックンが来日した本当の理由から見えた、たくさん稼げる「経済の鉄則」

    「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パック

    dot.

    11/27

  • 貧乏を経験したパックンだからわかる「大金を使うべきタイミング」 思い出には投資すべき!と断言する理由

    「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パック

    dot.

    11/26

  • 北欧で成功した「精子提供ビジネス」の実態と“子供の知る権利”をめぐる衝撃的な事実

     1980年代、エイズの蔓延によって確立した精子の凍結・解凍技術や厳正なセレクションによって信頼度と知名度を上げた海外の「精子バンク」は不妊に悩む多くのカップルを救ってきた。北欧で成功した「精子提供ビ

    dot.

    11/25

  • 徳川家康が示す現代社会の打開策 関ヶ原の戦いは企業の派閥抗争と同じ?

     文芸評論家・末國善己さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『天下大乱』(伊東潤、朝日新聞出版 2310円・税込み)。*  *  * 徳川家康が勝利し、天下人としての地位を決定的にした関ヶ原の戦いは、司馬

    週刊朝日

    11/25

この人と一緒に考える

  • 「100円分我慢した」ではなく「100円儲かった!」 ハッピーな“節約”メンタルの作り方をパックンに聞く

    「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パック

    dot.

    11/25

  • 秀島史香

    秀島史香

    どうしても合わない人と会話するときに「負の感情」に支配されない方法をラジオDJが伝授

     ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんの新刊『なぜか聴きたくなる人の話し方』からの連載。今回は、どうしても相容れない人を相手にしたとき、負の感情に支配されないための「心の持ちよう」

    dot.

    11/24

  • フードロス問題への“もやもや”の正体 <料理研究家・枝元なほみ×農業工学者・藤原辰史対談>

     料理研究家の枝元なほみさんは、農業生産者のサポートや「夜のパン屋さん」「大人食堂」などフードロス×飢餓ゼロ運動に力を注いでいます。枝元さんは、これまでの価値観のままで暮らしていては未来を

    dot.

    11/24

  • 新聞配達員で苦学生だったパックン驚愕!ビバリーヒルズの「金持ち父さん」に聞いた投資の目的とは?

    「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パック

    dot.

    11/24

  • 「言語は『魔法の剣』」辺境探検家が25以上の現地語を学んだワケ

     謎の巨大生物をアフリカに探しに行ったり、アジアの麻薬地帯に潜入したり。高野秀行さんは世界の辺境を訪ねては痛快なノンフィクションを書いてきた。新刊『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル 

    週刊朝日

    11/23

  • 収入は「5・3・2の法則」ではなく「3・5・2の法則」で分けろ!パックン式お金の育て方

    「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パック

    dot.

    11/23

この話題を考える

  • 夫のものではない精子で妊娠・出産する「AID」 生まれた子供が経験する“喪失体験”の実態

     今年4月から日本でも保険適用が認められるようになった不妊治療。中でも「AID」は、夫のものではない精子で妊娠・出産する生殖補助医療で、慶応大学病院を中心に1948年から実施されてきた。不妊に悩むカッ

    dot.

    11/22

  • 同じ精子提供者から75人の兄弟姉妹が生まれた例も AID(非配偶者間人工授精)が抱える重大な問題点

     誰の精子かわからないまま使われ、生まれてきた子供たちの多くが「自分のアイデンティティの半分が空白」と訴える。彼ら・彼女らの「出自を知る権利」はどう保障されるべきなのか。AID[非配偶者間人工授精]が

    dot.

    11/22

  • 鴻上尚史

    鴻上尚史

    「先生を辞めたい」小学校教員の悲痛な叫びに、鴻上尚史が贈った「オンとオフ」と「スルー力」という言葉

    「先生は、勉強を上手に教えられて当然、クラスをまとめられて当然」とのプレッシャーに逃げ出したくなる、と悲痛な叫びを投稿した32歳の小学校女性教員。励みになるような詩や言葉をいただきたいとの相談者の要望

    dot.

    11/22

  • フェミニズムの基礎にタイムリーな話題も 今のトレンドは高齢者・障害者含めた多様性

     文芸評論家・斎藤美奈子さんが本に書かれた印象的な言葉をもとに書評する「今週の名言奇言」。今回は、『フェミニズムってなんですか?』(清水晶子、文春新書 1078円・税込み)を取り上げる。*  *  *

    週刊朝日

    11/22

  • クリスマスプレゼントは80万円!パックンが子どもたちに伝える「お金の英才教育」とは

    「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パック

    dot.

    11/22

  • 吉本ばなな『キッチン』に救われた 交通事故に4回あった僕のマリさん

     人生の終わりにどんな本を読むか――。同人誌即売会で作品を発表する傍ら、商業誌への寄稿も行う、僕のマリさんは、「最後の読書」に『キッチン』(吉本ばなな)を選ぶという。*  *  *「危ない!」が、人生

    週刊朝日

    11/21

1 2 3 4 5

カテゴリから探す