「東京五輪」に関する記事一覧

実は絶妙な演出だった紅白のマツケンサンバ 日本にはこのサンバが必要だった!

実は絶妙な演出だった紅白のマツケンサンバ 日本にはこのサンバが必要だった!

 2021年12月31日放送の『NHK紅白歌合戦』は、2年ぶりに有観客で開催された。見どころ盛りだくさんの中で特に話題になったのは、前半を締めくくる企画コーナーで松平健が「マツケンサンバII」を歌った

dot.

1/8

  • 大量のオリンピック使用車両が中古車市場で大人気! 半導体不足などで新車生産が減

     東京五輪・パラリンピックが閉幕してからずいぶんと月日が経ったが、大会運営で使用されたクルマをめぐっては、今もアツい戦いが繰り広げられているのをご存じだろうか。 「東京2020大会運営車両」

    週刊朝日

    11/11

  • 東京五輪グッズが安売りスタート? 「廃棄よりまし」も、組織委判断に「遅すぎる」の本音

     東京五輪・パラリンピックの公式グッズを販売する東京2020オフィシャルショップの一部店舗で9日から「感謝セール」が始まった。大会前、グッズの売上げ不振が報じられてもセールはしない姿勢だった組織委が、

    dot.

    9/9

  • 東京五輪日本代表「メダリスト」の出身大学&出身高校ランキング 1位は?

     過去最多となる583人の日本選手が参加した東京五輪。東京2020大会で獲得したメダルは、金27、銀14、銅17の計58個だった。金メダルはアメリカ、中国に次いで3番目の多さだった。 メダリストのなか

    dot.

    9/8

  • 平井伯昌

    平井伯昌

    決勝進出者が少なかった競泳 平井コーチが東京五輪の結果を分析

     かつて北島康介選手を指導し、先日の東京五輪でも日本競泳チームの活躍を支えた平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第79回は、「競

    週刊朝日

    9/6

  • ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ「ゲイの常識『五輪閉会式といえばカイリー』」

     ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、カイリー・ミノーグさんについて。*  *  * 祭りのあとの余熱や残り香が

    週刊朝日

    9/1

  • 五輪効果は? 11月中旬販売再開の選手村マンション「晴海フラッグ」の今後

     フタを開けてみれば、日本人選手のメダルラッシュに沸いた東京五輪。パラリンピックも24日に開幕し、選手村として使われる大型マンション「晴海フラッグ」の注目度も高まっている。だが“宣伝効果&

    週刊朝日

    8/31

この人と一緒に考える

  • 平井伯昌

    平井伯昌

    五輪2冠の大橋悠依が実は直前合宿で「もう泳ぎたくない」 コーチが明かす

     連載筆者の平井伯昌コーチ(58)が指導する大橋悠依選手(25)が、東京五輪の競泳女子個人メドレー2冠を達成した。日本女子選手が夏季五輪で1大会2個の金メダルを獲得したのは史上初。五輪本番での「金メダ

    週刊朝日

    8/30

  • 東京五輪のお祭りの空気は一気に消失 ただの消費コンテンツだった 能町みね子さん

     新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって1年延期された東京五輪が幕を閉じた。人の交流を避けることが求められた緊急事態宣言の中、多くの反対を押し切って開かれた大会は、五輪のあり方を問う機会となった

    週刊朝日

    8/29

  • 丸山茂樹

    丸山茂樹

    松山英樹「メダル取って」に稲見萌寧は「私じゃなくて…」 ゴルフ五輪裏話

     ゴルファーの丸山茂樹さんが「東京五輪」について振り返る。*  *  * みなさんお久しぶりです。ゴルフの日本代表監督として参加した東京オリンピックも終わり、連載を再開させていただきます! いやあ、暑

    週刊朝日

    8/29

  • 松岡修造氏が「僕は泣いた」コロナ禍の東京五輪 世界から「ありがとう」を感じた

     新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって1年延期された東京五輪が幕を閉じた。人の交流を避けることが求められた緊急事態宣言の中、多くの反対を押し切って開かれた大会は、五輪のあり方を問う機会となった

    週刊朝日

    8/28

  • カネよ、カネよの東京五輪 スポーツが企業やメディアの食いものに 前衆院議員亀井静香氏

     新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって1年延期された東京五輪が幕を閉じた。人の交流を避けることが求められた緊急事態宣言の中、多くの反対を押し切って開かれた大会は、五輪のあり方を問う機会となった

    週刊朝日

    8/28

  • 東尾修

    東尾修

    侍ジャパン・稲葉監督を東尾修が称賛 「伊藤大海、栗林良吏の起用は見事」

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、東京五輪で金メダルを獲得した野球日本代表について語る。*  *  * 東京五輪が終わった。まずは参加されたすべての方々にお疲れ様といいたい。そして

    週刊朝日

    8/28

この話題を考える

  • 「東京五輪は観客を入れてほしかった」元都知事・猪瀬直樹氏 中止・延期論が同調圧力に 

     新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって1年延期された東京五輪が幕を閉じた。人の交流を避けることが求められた緊急事態宣言の中、多くの反対を押し切って開かれた大会は、五輪のあり方を問う機会となった

    週刊朝日

    8/27

  • 下重暁子

    下重暁子

    「必ず次は金メダルをめざす」に違和感 下重暁子「五輪は勝者だけのものか」

     人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、東京五輪について。*  *  * オリンピックは終わった。その分、新型コロナの感染は増え続けた。や

    週刊朝日

    8/27

  • 東京五輪閉幕 最も深い傷とは? 作家 赤川次郎氏が目にとめた2つの小さな記事

     新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって1年延期された東京五輪が幕を閉じた。人の交流を避けることが求められた緊急事態宣言の中、多くの反対を押し切って開かれた大会は、五輪のあり方を問う機会となった

    週刊朝日

    8/26

  • 東京五輪閉幕 日本人が莫大な授業料を払って学んだ「負の遺産」 社会学者上野千鶴子さん

     新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって1年延期された東京五輪が幕を閉じた。人の交流を避けることが求められた緊急事態宣言の中、多くの反対を押し切って開かれた大会は、五輪のあり方を問う機会となった

    週刊朝日

    8/26

  • ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ「トランスジェンダー選手」の複雑さと「多様性」の薄っぺらさ

     ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、トランスジェンダーの選手について。*  *  * LGBTQを公表している

    週刊朝日

    8/18

  • 五輪で「多様性尊重されない現実」露わに 杉山文野・JOC理事「今大会はスタート地点」

     東京五輪が掲げた多様性だが、結果的に尊重されていないことを露呈することになった。それでも、日本オリンピック委員会(JOC)理事の杉山文野さんは、今大会の持つ意義は大きいという。AERA 2021年8

    AERA

    8/16

1 2 3 4 5

カテゴリから探す