「旧統一教会」に関する記事一覧

  • 【朝日ジャーナル #7】統一教会「霊感商法」幼稚な脅迫電話(1987年1月30日号)

     安倍晋三元首相銃撃事件を機に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政界の癒着が次々と明るみに出ている。そもそも旧統一教会が話題に上ったのは1980年代。印鑑や壺(つぼ)などを高額な値段で売りつける「

    dot.

    9/2

  • 旧統一教会問題「空白の30年」を経た今 有田芳生らが問いかけるメディアの役割

     1980年代に社会問題化した旧統一教会の霊感商法や合同結婚式。当時、盛んに報道されていたのになぜ、次第に下火になったのか。そして今、メディアに問われる役割とは。AERA 2022年9月5日号の記事か

    AERA

    9/1

  • 自民党が旧統一教会と関係を続けてきた理由 教団信者が選挙で見せる「パワーは随一」

     自民党と旧統一教会の関係が、安倍晋三元首相に対する銃撃事件をきっかけに次々と明らかになった。両者を結びつけるものは何か。証言で解き明かす。AERA 2022年9月5日号の「自民党と旧統一教会」の特集

    AERA

    9/1

  • 【朝日ジャーナル #6】統一教会「霊感商法」水子が畳を這い回る「悪霊」恐喝の背後捜査書(1987年1月30日号)

     安倍晋三元首相銃撃事件を機に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政界の癒着が次々と明るみに出ている。そもそも旧統一教会が話題に上ったのは1980年代。印鑑や壺(つぼ)などを高額な値段で売りつける「

    dot.

    9/1

  • 旧統一教会への追及、急先鋒だった「朝日ジャーナル」と「週刊文春」の報道とは?

     1980年代に社会問題化した旧統一教会による「霊感商法」。当時メディアはこの問題をどう報じたか。AERA 2022年9月5日号の記事から紹介する。*  *  * ワイドショーや新聞、週刊誌では、旧統

    AERA

    8/31

  • 小選挙区導入後、自民党に「選挙基盤の弱い」議員も 教団は「選挙マシン」として魅力的

     安倍晋三元首相に対する銃撃事件をきっかけに次々と明らかになった自民党と旧統一教会の関係。両者を結びつけるものは何か。証言で解き明かす。AERA 2022年9月5日号の「自民党と旧統一教会」の特集記事

    AERA

    8/31

この人と一緒に考える

  • 【朝日ジャーナル #5】統一教会「霊感商法」のあくなき食欲(1986年12月26日号)

     安倍晋三元首相銃撃事件を機に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政界の癒着が次々と明るみに出ている。そもそも旧統一教会が話題に上ったのは1980年代。印鑑や壺(つぼ)などを高額な値段で売りつける「

    dot.

    8/31

  • なぜ政治家と旧統一教会は結びついたのか? 紀藤正樹弁護士と仲正昌樹教授が語る「切っても切れない関係」

     大きな社会問題になっている世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治家の関係。全国霊感商法対策弁護士連絡会で被害者救済に取り組む紀藤正樹弁護士と元信者の仲正昌樹・金沢大学教授が意見を交わした。AERA

    AERA

    8/31

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「旧統一教会問題で無知を装う議員は日本を衆愚政治へ向かわせている」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 毎日新聞が8月20~21日に行った世論調査では、岸田内閣の支持率は

    AERA

    8/31

  • 【朝日ジャーナル #3】統一教会「霊感商法」の巨大な被害(1986年12月5日号)

     安倍晋三元首相銃撃事件を機に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政界の癒着が次々と明るみに出ている。そもそも旧統一教会が話題に上ったのは1980年代。印鑑や壺(つぼ)などを高額な値段で売りつける「

    dot.

    8/30

  • 【朝日ジャーナル #2】統一教会「霊感商法」の巨大な被害(1986年12月5日号)

     安倍晋三元首相銃撃事件を機に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政界の癒着が次々と明るみに出ている。そもそも旧統一教会が話題に上ったのは1980年代。印鑑や壺(つぼ)などを高額な値段で売りつける「

    dot.

    8/30

  • 【朝日ジャーナル #1】統一教会「霊感商法」の巨大な被害(1986年12月5日号)

     安倍晋三元首相銃撃事件を機に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政界の癒着が次々と明るみに出ている。そもそも旧統一教会が話題に上ったのは1980年代。印鑑や壺(つぼ)などを高額な値段で売りつける「

    dot.

    8/30

この話題を考える

  • 政治家の「旧統一教会との関係を見直す」という説明だけでは不十分な理由 紀藤正樹弁護士×仲正昌樹教授対談

     世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治家の関係が注目されている。全国霊感商法対策弁護士連絡会で被害者救済に取り組む紀藤正樹弁護士と元信者の仲正昌樹・金沢大学教授が意見を交わした。AERA 2022

    AERA

    8/30

  • 台風、地震「被災地」に忍び寄る旧統一教会ボランティア 「布教活動はしない」と約束も本当の役割とは?

     世界平和統一家庭連合(旧統一教会)がさまざまな政治家の事務所にボランティアを送り込み、選挙活動を支援してきたことが明るみになっている。しかし、彼らのボランティア活動は政治の世界にとどまらない。旧統一

    dot.

    8/28

  • 日本では違和感ない「無宗教です」の言葉も海外では危険 元大使が経験した“凍りついた”現場

     世界平和統一家庭連合(旧統一教会)による高額な献金被害の実態が明らかになるとともに、テレビでコメントする政治家やタレント、SNSで自身を「自分は無宗教」などと口にする人が増えてきた。日本国内では違和

    dot.

    8/27

  • 旧統一教会との癒着ぶりが群を抜く自民党 「国際勝共連合」の改憲案に共通点あり

     安倍晋三元首相銃撃事件を機に、旧統一教会側と自民党の関係が次々と表に出ている。選挙支援だけでなく、政策面やデモ活動などあらゆるところで結びついていた。AERA 2022年8月29日号の記事から紹介す

    AERA

    8/23

  • “ダミー会社”通じて買い取り 旧統一教会の大阪の拠点はもともと市の施設 住民「今も不安」

     世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と、政治や行政との関係が取り沙汰されているが、大阪市が所有していた施設を旧統一教会が“ダミー会社”を通じて2011年に買い取り、拠点施設にし

    dot.

    8/17

  • なぜ統一教会問題は放置された? 「失われた30年間」有田芳生らが振り返る

     旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)と政治家との関係が注目されている。だが、それらは35年前、「朝日ジャーナル」が徹底的なキャンペーン報道で迫ったテーマだった。問題解決の機会はなぜ失われてしまった

    週刊朝日

    8/16

1 2 3

カテゴリから探す