「恋愛」に関する記事一覧

若者に大ヒット中の恋愛映画「はな恋」を40代以上の男性に勧める理由 鈴木おさむ

若者に大ヒット中の恋愛映画「はな恋」を40代以上の男性に勧める理由 鈴木おさむ

 放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、映画「花束みたいな恋をした」について。鈴木さんは40代以上の男性にぜひ観てほしいといいま

dot.

3/18

  • 「性交渉はマスク着用かオンラインで」とNY保健局 コロナ禍での性のありかたとは

    「あなたの最も安全なセックスパートナーはあなた自身です!」 そんな思わず耳を疑うような呼びかけをしているのは、アメリカ・ニューヨーク市の保健局だ。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、コロナ禍での性

    dot.

    10/23

  • “マスクリテラシー”にドン引き、別れを決意 コロナ禍で激変する恋愛模様

     新型コロナウイルスは、人と人とのつながりや関係性にさまざまな変化をもたらした。 なかでも大きく変わったのが恋愛や結婚をめぐる風景だ。AERA 2020年9月28日号で掲載された記事から。*  *  

    AERA

    9/26

  • 北原みのり

    北原みのり

    北朝鮮が“抗議”、38度線を越えたドラマ「愛の不時着」熱が止まらない理由とは

     作家・北原みのり氏の連載「おんなの話はありがたい」。第一回は、話題の韓流ドラマ「愛の不時着」について。北原氏は「フェミドラマでもあるのだ」といいます。*  *  * 韓国の財閥女性がパラグライダーで

    dot.

    5/12

  • なぜ人は不倫をやめられない? カギは「遺伝子」、脳科学者・中野信子が解説

     東出昌大・唐田えりかが激しく叩かれた理由は? 「不倫遺伝子」があるって本当!? 一夜の過ちはなぜ起きる? 気鋭の脳科学者が不倫を斬る!*  *  * 芸能人の不倫が発覚すると、皆、はっきりとそう言い

    週刊朝日

    4/17

  • 瀬戸内寂聴さんが「不倫でもいい」から恋愛すべきと断言する理由

    「自分を愛せない人は、人を愛することも出来ない」 恋愛できない若者や中高年へ瀬戸内寂聴さんが贈る言葉――。最新刊『寂聴 九十七歳の遺言』(朝日新書)で「不倫でも何でもやったらいい!」と断言した理由とは

    dot.

    1/7

  • カンニング竹山

    カンニング竹山

    芸能界の結婚ラッシュにカンニング竹山「大金星は安藤なつだ!」

     11月22日の「いい夫婦の日」を迎え、芸能界は結婚ラッシュに突入。タレントの壇蜜さんと漫画家の清野とおるさん、お笑いコンビ・オードリー若林正恭さんのほか、タレントのイモトアヤコさんは人気バラエティー

    dot.

    11/27

この人と一緒に考える

  • モテたい女性必見! 最強“モテ髪師”大悟に学ぶ「男性に喜ばれる愛され術」

    「大悟さんにカットしてもらったら、彼氏ができました!」「サロン帰りに人生で初めてナンパされました!」 そんな声がバンバン届く、ヘアサロンPEACEの総代表モテ髪師大悟さん。なんと、これまでカットした女

    dot.

    10/20

  • しいたけ.

    しいたけ.

    しいたけ.さんが本気で考える「祝福される恋愛」の形とは

     AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。*  *  *Q:同性のパートナ

    AERA

    8/11

  • 美女からのフォローは注意! シニアがSNSで成功するコツ

     今や、シニア時代は“第二の青春”とも言われている。この時期を楽しく過ごすには、自分を大切に思ってくれている人の存在が不可欠。SNSはそういう相手を見つける絶好のツールだ。ただ

    週刊朝日

    6/21

  • 「独身証明書」必須の会も シニア婚活“最前線”

     離婚してからの出会いの場がほしい──。そんな思いに応えるかのように、ここ数年、婚活パーティーやマッチングアプリなどで大人向けの婚活サービスが急増している。離婚経験者専用のサービスなど、出会いのツール

    週刊朝日

    6/21

  • 「こう言えばよかったんだ!」山里亮太さんも実践していたデートの誘い方 5事例

     大きな話題を呼んだ山里亮太さんと蒼井優さんのご結婚。実は、山ちゃんが使った初デートの誘い文句には、「YES」の確率をぐっと高める理由があるのだそうです。今回は、シリーズ累計131万部突破のベストセラ

    ダイヤモンド・オンライン

    6/18

  • “難婚社会”の今、令和の結婚はどうなるのだろう?

     結婚しない男女があふれる難婚社会の到来。困難から不要へ。加速化する現象はいったい何の表れか? なぜ、若者は結婚しないの? そもそも何のために人は結婚するの? 「婚活」の提唱者であり、昭和、平成と内外

    dot.

    6/2

この人と一緒に考える

  • 中瀬ゆかり

    中瀬ゆかり

    中瀬ゆかり「女が付き合ってはいけない3B男とは?」

    「『おばあさんじゃなくてよかったぁ』って。はっきりそう言われたのよぉぉ」と目の前のワイングラスの脚を強く握りしめて語るのは私の学生時代の同級生M子。 バツイチのM子は現在、絶賛婚活中だ。童顔で色白ぽっ

    dot.

    3/7

  • 小島慶子

    小島慶子

    小島慶子「今の日本に必要なのは、安心できる大人の友情なのでは」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    11/17

  • 丸山ゴンザレス

    丸山ゴンザレス

    アメリカでナンパ バーはOK、路上は… 意外なルールを丸山ゴンザレスが解説

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩き、「クレイジージャーニー」でも人気のジャーナリスト・丸山ゴンザレス。危険地帯で人々と交わした"ありえない英会話"を紹介する本連載、今回は海外での素敵な出会いを

    dot.

    9/16

  • 前川喜平

    前川喜平

    「離婚で価値が下がった」再婚焦る女性 前川喜平の助言は?

     文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は再婚を焦る女性からの相談です。*  *  *Q:私は27歳で結婚し、1年で離婚し

    週刊朝日

    9/13

  • カンニング竹山

    カンニング竹山

    剛力彩芽にカンニング竹山が教えたい 有吉、井森ら売れている芸能人は私生活を隠し上手

     女優・剛力彩芽(25)が、衣料品通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイ・前澤友作社長(42)とのラブラブな日常を自身のインスタグラムに投稿し、芸能界やファンの間で疑問

    dot.

    8/1

  • 告白もハラスメント? 「振るのもひと仕事」女性からの衝撃の本音

     男女が恋人同士になる過程で、「告白」は多くの人が通る道……と思いきや、近年、それさえも「ハラスメント」だとする声が出てきている。セクハラ認定が怖くて職場恋愛できないという男性もいたりと、様々なハラス

    AERA

    7/30

1 2 3 4

カテゴリから探す