「地震」に関する記事一覧

  • 九州地方  雨雲接近

    九州地方に雨雲が近づき、熊本県内にも広がってきました。14日に発生した熊本地震後、初めての雨です。この後、今夜から明日の朝にかけて本降りの雨となり、局地的に雷を伴って非常に激しく降る恐れが

    tenki.jp

    4/16

  • 熊本地震の発生状況(~16日9時)

    14日に発生した「平成28年熊本地震」から2日が経過しました。現在も地震活動が活発になっています。揺れの大きかった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっています。今後の地震活動

    tenki.jp

    4/16

  • 阿蘇山でごく小規模な噴火

    4月16日8時30分頃、熊本県にある阿蘇山の中岳第一火口付近でごく小規模な噴火が発生しました。噴煙は火口から約100メートルの高さに上がりました。阿蘇山でごく小規模な噴火が発生気象庁による

    tenki.jp

    4/16

  • 熊本 今夜から日曜の朝 雷雨の恐れ

    今夜(16日)から西日本は雨。九州も明日(17日)の朝にかけて局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の滝のような雨。何かに掴まらないと立っていられない程の強い風。きょう(16日)の日中は広く

    tenki.jp

    4/16

  • "善意の暴走"は逆効果? 【拡散希望】『支援呼びかけデマ』に要注意!

     4月14日夜に発生し、甚大な被害をもたらした熊本地震。発生直後から現在まで、TwitterやFacebook 等のSNSで、タイムライン上に流れた多数の流言、いわゆる「デマ」を目にした方も多いのでは

    BOOKSTAND

    4/15

  • 熊本地震 余震の発生状況(~15時)

    14日夜、発生した「平成28年熊本地震」による余震が現在も発生しています。揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがありますので、今後の余震活動や降雨の

    tenki.jp

    4/15

この人と一緒に考える

  • 平成28年熊本地震から一夜が開け、被害が懸念されるなか、皆さんも防災グッズを再度見直しませんか

    4月14日、21時26分、震度7の地震が熊本地方を襲い、一夜が開け、深刻な被害状況が徐々に明らかになりつつあります。余震が頻発するなか、警察の救助隊、消防、自衛隊が救援に駆けつけ、大手コン

    tenki.jp

    4/15

  • 平成28年熊本地震 今後の注意点

    昨日4月14日21時26分頃、熊本県熊本地方で発生したM6.5の地震『平成28年熊本地震』について、現在の状況と今後の注意点、各種情報をお伝えします。地震の発生状況●平成28年 熊本地震昨

    tenki.jp

    4/15

  • 熊本地震 17日は大荒れの恐れ

    大きな地震の起こった熊本県では17日、日曜は大雨となる恐れがあります。揺れの大きかった市町村では地盤が緩んでいますので、土砂災害に警戒が必要です。低気圧が発達しながら近づく16日、土曜から

    tenki.jp

    4/15

  • 熊本県内 この先の天気

    14日夜、熊本県で最大震度7の大きな地震が発生。特に激しい揺れを観測した益城町を中心に、熊本県のこの先一週間の天気をお伝えします。今日 晴れて 風が弱い ただ暑さに注意きょう一日を通して穏

    tenki.jp

    4/15

  • 原発事故から4年後、中3の決断 「ふたば未来学園高校」に入学した子どもたち

     原発事故により、原発のある福島県双葉郡の子どもたち約1万人が避難に追い込まれた。事故から5年。昨年、ふるさとに新しくできた、県立の「ふたば未来学園高校」に入学した子どもたちの決意とは? 小中学生向け

    dot.

    3/27

  • 阪神・淡路大震災から21年…毎年慰霊祭を取材する地元記者が忘れられない“被災者”

     1995年1月17日――死者約6400人、負傷者約4万4000人を出した阪神・淡路大震災は、きょうで21年目を迎えた。未曾有の震災から20年以上経過した今も、神戸市各地で震災の慰霊祭が行われている。

    dot.

    1/17

この話題を考える

  • 阪神・淡路大震災から明日で21年。LED? 白熱電球? 『神戸ルミナリエ』の電球に託された思いとは?

    明日17日で、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおられ、電飾作品の一部が倒壊するとい

    tenki.jp

    1/16

  • 知っているようで知らない……建物の「耐震」「制震」「免震」の違いとは?

    昨日(9月1日)は「防災の日」でしたね。この機会に、家具の転倒防止や食器類の落下防止など、家の中の地震対策をチェックした人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、建物の震災対策の基本とな

    tenki.jp

    9/2

  • 非常食を日常的に食べよう!「ローリングストック」のすすめ

     9月1日は防災の日。1923年(大正12年)に関東大震災が発生した日である。世界でもまれなプレートの重なり合いの上にあり、近年では各地の火山が活性化する火山国でもあるわが国。災害への備えは常にしてお

    dot.

    9/1

  • “日本沈没”の危機 地震学者らが警告「活断層近くにある伊方、川内、浜岡の再稼働は危ない」

     ここ最近、小松左京のSF小説『日本沈没』を彷彿とさせる地震、火山噴火が頻発している。5月下旬から6月上旬にかけて茨城県と北海道で震度5弱を記録。箱根山にある大涌谷で蒸気の噴き出しが続く中、5月29日

    週刊朝日

    6/15

  • 巨大地震から身を守る備えを

    昨夜、小笠原近海を震源とするマグニチュード(M)8.5の地震。小笠原周辺や首都圏中心に日本列島は大きく揺れた。M8クラスの巨大地震から身を守る備え。もう一度点検を。巨大地震に備えるマグニチ

    tenki.jp

    5/31

  • 震災に備えて日本は「参勤交代」するべき? 専門家指摘

     災いは突然やってくる――と、あきらめてはいませんか。どんなリスクにも、心構えさえしていれば、対処は可能かもしれません。名古屋大学減災連携研究センター長・教授福和伸夫さんに、自然災害時の処し方を聞きま

    AERA

    3/11

4 5 6 7 8

カテゴリから探す