「中森明菜」に関する記事一覧

中森明菜「伝説のコンサート」はなぜ33年たった今も「伝説」なのか

中森明菜「伝説のコンサート」はなぜ33年たった今も「伝説」なのか

 6月19日の夕方「伝説のコンサート『中森明菜 スペシャル・ライブ1989 リマスター版』」(NHK総合)が放送予定だった。この春、NHKのBS4KやBSプレミアムで放送されたものが大きな反響を呼び、

dot.

6/19

  • 平成生まれの若者に「明菜推し」「聖子推し」が続出 22歳女子大生シンガーが語る「80年代アイドルの魅力」

     平成生まれの10代、20代の間で昭和歌謡や昭和ポップスにはまる人が増えている。TikTokでは昭和の楽曲を使ったショート動画が数多く投稿され、総再生回数は9億4400万回を超える。若者の間でとりわけ

    dot.

    2/9

  • 鬼束ちひろ逮捕で露呈した 不幸が似合う激情型「歌姫」たちの悲哀

     今年も「NHK紅白歌合戦」が近づいてきた。出場歌手にはそれなりの顔ぶれがそろっているが、物足りなさもある。たとえば、不幸が似合う激情型の「歌姫」タイプが不在なことだ。 半世紀前には、ちあきなおみや藤

    dot.

    12/28

  • レコ大の衰退は1989年から始まった 「明菜とマッチ」と「ひばりとWink」をめぐる大混乱を振り返る

     かつては今くらいの時期になると、レコード大賞をめぐる話題があちこちで出始めた。本命は誰で対抗、大穴は誰か。アイドル好きにとっては、新人賞の行方も重要だ。世間もメディアもその予想で盛り上がり、1970

    dot.

    9/26

  • 【デビュー40年目】中森明菜がひょうきんキャラから「不機嫌な歌姫」に変わるまで

     中森明菜(55)は1982年5月1日「スローモーション」でデビューした。歌手生活も40年目に突入、というわけだ。 デビュー前、彼女はオーディション番組「スター誕生」(日本テレビ系)に三度挑戦している

    dot.

    5/1

  • 【デビュー40年目】中森明菜「飾りじゃないのよ涙は」の秋元康もうらやんだ傑作性

     デビューした1982年にセカンドシングル「少女A」でブレークした中森明菜(55)は、日本レコード大賞の新人賞を取れていない。11月に発表された5組に入れなかった。※「前編」の「中森明菜がひょうきんキ

    dot.

    5/1

  • 中森明菜「ツッパリ路線は好きじゃなかった」デビュー40年目「少女A」作詞家が語る秘話

     1982年5月1日、「スローモーション」でデビューした中森明菜。デビューから40年目に突入する節目に、セカンドシングル「少女A」の作詞を手掛けた売野雅勇さんに、楽曲が生まれた時代ならではな豪快秘話と

    dot.

    5/1

この人と一緒に考える

  • 「山口百恵の再来と中森明菜に衝撃!」ファン歴40年目の元ゲイバーママが語る愛

     5月1日は中森明菜のデビュー記念日――1982年5月1日「スローモーション」でデビューして40年目に突入。そんな記念の日に中森明菜ファン歴40年、新宿2丁目で“明菜バー”のマ

    dot.

    5/1

この話題を考える

1

カテゴリから探す