「不倫」に関する記事一覧

  • 最近の“不倫”事情「女性が我慢しなくなった」

     今年は不倫の「当たり年」。ベッキー騒動以来、タレントや政治家らの不倫が次々に取り沙汰された。不貞行為は民法に抵触する。どうして人はそれを止められないのか。長年、不倫事情を取材しているライターの亀山早

    週刊朝日

    10/3

  • 気がつけば不倫…とならないために 結婚しているかを見抜く5つのポイント

     恋愛アナリストのヨダエリです。このコラムでは、電話相談などを通じて男女のさまざまな悩みに向き合っている筆者が、「切実に結婚したいけど、どうもうまくいかない」とお悩みの皆さんに、明日から使えるアドバイ

    dot.

    9/16

  • タッキー×武井咲の不倫ドラマ 「ティファニー」にメリットあるのか?

     漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、「せいせいするほど、愛してる」(TBS系 火曜22:00~)について、全面協力する「ティファニー」側に、デメリットしかなさそうだと心配する。*  * 

    週刊朝日

    8/9

  • 実にスピーディー! 中高年が陥る“同窓会不倫”の実態

     夏の風物詩といえば、かき氷、海水浴、花火、甲子園を挙げる昭和世代が多いだろう。だが、ここ最近は「同窓会」も仲間入り。お盆休みの懐かしい再会は、中高年世代の“男女の社交場”だ。時には家族を巻き込む“危

    週刊朝日

    7/26

  • “同窓会不倫”の妻に振り回され…仕事も家庭も失った男たち

     ともに青春時代を過ごした面々と再会する同窓会は、出会いが少なくなる中高年世代にとって“男女の社交場”となっている。同窓会での再会をきっかけに、ときに家庭や仕事を捨てる男、はたまた激しい恋に落ちた妻に

    週刊朝日

    7/26

  • ベッキー本格復帰 空騒ぎの舞台裏

     6月10日午後。音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」(BSスカパー!、火曜21時~)に復帰するベッキー(32)が、収録前にスカパー東京メディアセンターで約100人の報道陣に“決

    週刊朝日

    6/16

この人と一緒に考える

  • 晒し者でもOK…「W不倫」ファンキー加藤の“肝っ玉”

     お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(40)の元妻とダブル不倫の末、妊娠させたことを認めた歌手で元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤(37)。謝罪会見直後も活動を続行し、6月7日には京

    dot.

    6/10

  • カトリーヌあやこ

    カトリーヌあやこ

    カトリーヌあやこ 金スマのベッキー謝罪に「ネガティブも過剰なんだね」

     漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、不倫騒動後、ベッキーが初登場した「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系 金曜20:57~)について、反省の弁が過剰だったという。*  *  *

    週刊朝日

    5/27

  • ゲス川谷は呆然と立ち尽くし…文春記者が不倫スクープの現場明かす

     ベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん)の不倫現場を押さえ、「ゲス不倫」という言葉を定着させた週刊文春。政治家のスキャンダルに加え、不倫ネタでも他の追随を許さない。粘りとド根性で数々の標的

    AERA

    5/27

  • 「許せる不倫」と「許せない不倫」の境界線は? 調査で見えたもの

     未婚と偽って異性を誘うのは、それこそ“ゲスの極み”だろう。だが、お互いに配偶者がいることを知りながら陥る大人の恋もある。SNSの普及で、現代は最も不倫しやすい社会との説も。推定不倫人口500万人時代

    AERA

    5/19

  • “勝ち組”不倫タレントの共通点は「◯◯」の存在だった!?

     きゃりーぱみゅぱみゅ(23)が4月11日、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27)と一緒に写った写真をSNSに公開したことで非難にさらされた。複数人で写っているにもかかわらず、その中に川谷がいた

    dot.

    4/21

  • 石田ゆり子の“官能シーン” 「不倫モノ」が春ドラマに続々登場

     今年に入ってから、芸能ニュースを賑わせた数々の不倫騒動を受けたわけではないだろうが、4月期ドラマは、なぜか“不倫モノ”が多い。 栗山千明(31)主演「不機嫌な果実」(テレビ朝日系、4月29日~)、前

    dot.

    4/15

この話題を考える

  • “ゲスの極み乙武”だけじゃない 有名人の不倫「トンデモ言い訳」

    “ゲスの極み乙武”なる言葉も生まれた乙武洋匡氏(39)の不倫騒動。HPに妻と連名で謝罪文を掲載して“炎上”。2月に20年不倫を暴露された桂文枝師匠はとにかく家族に平謝り。発覚時の対応次第で、「その後」

    週刊朝日

    4/7

  • 社会現象となった「愛人バンク」 背景に「おいしい生活」

     社会風俗・民俗、放浪芸に造詣が深い、朝日新聞編集委員の小泉信一が、正統な歴史書に出てこない昭和史を大衆の視点からひもとく。今回は「愛人バンク」。80年代初頭に一世を風靡した“男女交際仲介業”だ。20

    週刊朝日

    4/2

  • 三股“ゲス出馬”乙武洋匡の本音 自民党で仕事なんて「ヘドが出る」

     5人の女性と不倫していたことが週刊新潮の報道で暴かれた乙武洋匡(ひろただ)氏(39)。 乙武氏は今年夏の参院選に自民党から出馬するとされていたが、スキャンダルで活動自粛に追い込まれた。だが、それでも

    週刊朝日

    3/30

  • 桂文枝、狩野英孝、宮崎前議員…恋愛暴露で売り出す女たち

    「私の考えが浅はかというか、調子に乗っておごり高ぶっていたのではないかと思います……」 次々と誘爆する“不倫舞台”に上がったのは、上方落語協会会長の桂文枝(72)。2月19日発売の写真週刊誌フライデー

    週刊朝日

    3/9

  • 性的欲求だけじゃない! 不倫にハマる男の“悲しい性”

     川谷絵音とベッキー、宮崎謙介・元衆院議員と女性タレント……有名人の不倫で世間が喧しい。一連の騒動は“ゲス不倫”とも報じられ、女性はもちろん、男性からも擁護する声は少ない。    あきれ果てたという印

    dot.

    2/18

  • 安倍政権に痛撃 ゲス不倫爆弾の衝撃

     甘利ショックが冷めやらぬ中、育児休暇取得をブチ上げていた自民党の宮崎謙介衆院議員(35)の“臨月(ゲス)不倫”が表面化し、早々に議員辞職へと追い込まれた。首相官邸、自民党が火消しに躍起となったが、閣

    週刊朝日

    2/17

2 3 4 5 6

カテゴリから探す