「不倫」に関する記事一覧

  • 【実録】「出張中に妻と管理人が…」3人の寝取られ夫たち

    「浮気は男の甲斐性」。その風潮は去り、SNSでアクティブに不倫に走る女性たち。女性政治家やタレントがホテルでの「打ち合わせ」を目撃されたのは記憶に新しい。世間でいう寝取られ夫たちは何を思うのか。一抹の

    週刊朝日

    1/18

  • 夫からの離婚相談が増えている! 不倫妻を受け入れる男の事情

     1992年から離婚カウンセラーとして延べ3万7千人の相談を受ける「離婚110番」の澁川良幸氏は、妻側の浮気やDVが増え、受け身になる夫が振り回されているという。 以前と比べると、夫への罪悪感がなく、

    週刊朝日

    1/18

  • 小室哲哉“不倫”疑惑会見へ 岡野あつこ「介護は同胞意識が芽生えやすい」

    『文春オンライン』で17日、女性看護師との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉さん(59)。同所属事務所によると、「本人が記事について否定している」とし、近日中に本人が会見する予定だという

    dot.

    1/17

  • 妻の不倫でメディアに“倍返し”した太川陽介の「してやったり」

     妻で女優の藤吉久美子(56)の不倫疑惑報道を受けて14日、緊急会見を開いた俳優の太川陽介(58)の“神対応”が絶賛されている。所属事務所関係者がこういう。「太川本人は週刊文春に直撃されるまでぜんぜん

    dot.

    12/15

  • 女性ばかりがたたかれる日本の不倫…辻仁成「あれは何だろう?」

     息子さんとパリにお住まいの辻仁成さん。作家、ミュージシャン、映画監督などとして幅広く活動し、最近では自身初の料理小説『エッグマン』を上梓したばかりの辻さんが、作家・林真理子さんとの対談でフランス人の

    週刊朝日

    11/20

  • フリンがなければ幸徳秋水の大逆事件はなかった!?

     作家・エッセイストの嵐山光三郎氏が『週刊朝日』連載のコラム「コンセント抜いたか」で、明治時代を生きたアナーキストたちの不倫についてつづる。*  *  * 明治二十五年に創刊され、最大発行部数を誇った

    週刊朝日

    11/19

この人と一緒に考える

  • 手つなぎカップル調査で判明! やっぱり「一線は越えて」いる

     “恋人つなぎ”の不倫写真がスクープされたのに「一線は越えていない」だと? 週刊誌や写真誌に「証拠」を撮られた政治家やタレントは、それで「不倫ではない」と言い逃れるつもりだったのだろうが、それは甘い。

    週刊朝日

    11/6

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    不倫夫の「死ぬほど反省」を信じてはいけない本当の理由 専門家が解説

     次から次へと出てくる著名人の不倫報道と謝罪会見。「ここ数年をみても、不倫は確実に増えている」と言うのは、東京・渋谷にカウンセリングルームを構え、数多くのカップルから相談を受けてきた臨床心理士でカウン

    dot.

    10/3

  • もって3カ月?不倫認めた斉藤由貴夫婦の行く末

    「お相手の男性に、女優としても、女性としても、頼り過ぎてしまいました。でも、もう終わりました」 男性医師との不倫疑惑が報じられていた女優・斉藤由貴が9月11日、文書で不倫関係を認め、謝罪した。斉藤は3

    週刊朝日

    9/14

  • 美容師は知っている! “不倫”“毒嫁”時代で変わる女の悩み

     女性にとって美容室は、美しくなるための場所であると同時に、家族や友人には言えない秘密もつい打ち明けてしまうところ。そこには人生のドラマが凝縮されている。女性向け健康・ライフスタイル誌『ゆとりら 夏号

    dot.

    7/9

  • 「サスペンスより怖い」松居一代VS船越英一郎の全面戦争の裏側

    <私を 助けてください> 女優の松居一代(60)が、自身のブログにこう書いたのは、7月4日夜。その後、松居が自ら語る動画が、ユーチューブに投稿された。 船越英一郎(56)との離婚問題を巡る報道などにつ

    週刊朝日

    7/9

  • 友達以上、不倫未満? 既婚者同士の“セカパ”関係はなぜ続く…そのリアルな実態とは?

    〈「セカンド・パートナーは、異性の友達とは違います。遠い将来、互いの配偶者それぞれが離死別して私たちが残ったならば、その時は一緒になろうと約束していますから。でも、男女の関係は誓って持っていません。そ

    dot.

    4/28

この話題を考える

  • 政界サラブレッド中川秀直&俊直 親子2代で女癖の悪さが致命傷

     官房長官など要職を務めながら愛人問題で失脚した父、中川秀直氏(73)の血を受け継いだのか、息子の俊直衆院議員(47)も女性問題で崖っぷちに追い込まれている。 経済産業政務官辞任を4月18日に発表した

    週刊朝日

    4/26

  • 伝説の沖縄不倫旅行も 梅沢富美男、“オスの本能”を語る

     歯に衣着せぬ発言でコメンテーターとしても支持を得る俳優・梅沢富美男さん。“ゲス不倫”へのコメントではネットで炎上し騒がれたそう。それでも姿勢を崩さない理由を作家・林真理子さんとの対談で明かしました。

    週刊朝日

    3/21

  • 石田純一が明かした、3回結婚した理由

     これまで3回の結婚を経験し、それぞれの妻との間に子どもは計4人。最初は学生結婚、2回目は不倫離婚、3回目は22歳の年の差婚……人の何倍も濃い結婚、再婚人生を歩んできた俳優の石田純一(63)。稀代の「

    AERA

    3/16

  • 2017年もまだまだ続くゲス不倫 次は女子アナが狙われる?

     2017年もゲス不倫は続く。特に危ないのは女子アナ──。芸能リポーターの石川敏男氏はそう予言した。 16年はベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音に始まり、数々の不倫がスクープされ、17年は芸能人

    週刊朝日

    1/4

  • 円楽、宮崎元議員…不倫で離婚しないのはもっともキツい制裁?

     著名人の不倫が多々発覚した2016年。そのなかで報道陣を「さすが」とうならせたのは三遊亭円楽だ。 6月に一般女性との不倫が発覚、その後の囲み会見は独演会のようだった。「軽率な行動」と全面的に不倫を認

    週刊朝日

    12/27

  • 【2016不倫】LINEで自滅のベッキー、ゲスの極み乙武も復活の兆し

     ゲス不倫の衝撃で幕を開けた2016年。“お騒がせな人々”を総ざらいする。まずはその不倫問題の主役から……。「このタイミングで私に?と、ただただ驚きました」 12月15日、都内で開かれた会見に今年のお

    週刊朝日

    12/21

1 2 3 4 5

カテゴリから探す