「がん」に関する記事一覧

【前立腺がん】男性で最も多いがんで増加傾向 排尿関連の症状があり受診して見つかることも

【前立腺がん】男性で最も多いがんで増加傾向 排尿関連の症状があり受診して見つかることも

 前立腺がんの多くは、ゆっくりと進行するので、なかにはすぐに治療を始めなくていいケースもあります。治療後の生存率も、がんのなかで最も高く、寿命に影響しないこともあります。高齢者に多いがんですが、若い世

dot.

1/23

  • 【乳がん】40代が多く15歳~39歳で発症する人も 妊娠や出産への影響や仕事や子育てとの両立が課題

     女性がかかるがんの中で、最も多い乳がん。毎年9万人以上の人が乳がんと診断されています。多くのがんは60歳以降で発症しやすく、高齢になるほど増えますが、乳がんはより若い世代で発症しやすく、AYA世代と

    dot.

    1/21

  • 【肺がん】死亡数・年間約7万6千人はがんの中で最も多い 喫煙者でなくても発症する人が増え続けている

     がんの中で死亡者数が最も多い肺がん。男性は女性に比べて約2倍多く、50代ごろから増え始め、高齢になるほど発症する人の割合が多くなります。本記事は、2023年2月27日に発売予定の『手術数でわかる い

    dot.

    1/20

  • 【食道がん】男性に多い 患者数は増加傾向にあり、飲酒・喫煙に加え、逆流性食道炎もリスク因子

     国立がん研究センターのサイト「がん情報サービス」のがん統計によると、食道がんの2019年の罹患者数は2万6382人。飲酒・喫煙が主なリスク因子であり、男性に多いこのがんは、自覚症状がみられてから受診

    dot.

    1/18

  • 【大腸がん】日本人に最も多く、年間15万人以上がかかる 喫煙・飲酒、加工肉・赤肉のとり過ぎがリスク

     大腸がんには年間15万人以上がかかっており、がん種別で第1位です(2019年)。また、毎年、5万人以上が大腸がんで亡くなっており、とくに女性ではがんのなかで最も死亡者数が多いのが現状です(20年)。

    dot.

    1/17

  • 【胃がん】ピロリ菌感染がなくても発症する 「胃潰瘍かも」と受診し、胃がんが見つかるケースも

     からだを元気に保ち活動するために欠かすことのできないのが、毎日の食事。胃は、食べ物を一時的にためる、消化・分解する、一部の栄養を吸収する、少しずつ腸へ送るなどの役割を果たし、日々の生活を支えています

    dot.

    1/16

  • 【子宮・卵巣がん】早期なら生殖機能を残せることも 温存、腹腔鏡手術は再発リスクの検討を慎重に

    「子宮頸がん」は比較的若い世代に多く、早期発見できれば5年生存率は90%以上ですが、初期にはほとんど症状がなく、不正出血や下腹部痛などの症状があらわれるのは進行してから。早期発見するには検診を受けるこ

    dot.

    1/15

この人と一緒に考える

  • 進行がん患者の約7割に痛み 適切な「緩和ケア」で生存期間が延長した報告も

    がんが遠隔転移している場合、がんにともなう痛みなど、さまざまな症状をやわらげる緩和ケアの役割は、より重要になる。痛みに対する薬物療法や放射線による緩和照射について、専門医を取材した。*  *  * が

    dot.

    11/28

  • がんステージ4抗がん剤を止めてもいい? 医師「プラスよりマイナスが大きいと感じるなら中止も」

    がんの進行度で最も進んだ状態を示す「ステージ4」。固形がんでは、がんが転移していることを指す。がんが進行し、他の臓器などに遠隔転移すると、治療方針が変わってくる。がんそのものに対する治療は、抗がん剤な

    dot.

    11/18

  • がんステージ4はなぜ根治が難しいのか? 遠隔転移は体中にまかれたがんの「種」が芽を生やした状態

    がんの進行度で最も進んだ状態を示す「ステージ4」。固形がんでは、がんが転移していることを指す。転移はなぜ起こるのか、転移とどう向き合っていくべきなのだろうか。専門医を取材した。*  *  * がんを手

    dot.

    11/16

  • 「ステージ4」抗がん剤治療をやめた患者に「ケアの空白」 終末期の手前を埋める必要性

     がんの治療をしても効果や回復が見込めなくなったとき、医療から突然切り離され、戸惑う患者も少なくない。ケアの空白を埋めるにはどうしたらいいのか。AERA 2022年11月7日号の記事を紹介する。*  

    AERA

    11/6

  • 担当医が気を悪くしない? セカンドオピニオンの患者の悩み【今さら聞けないがんの疑問】

     がんの治療法は担当医から提示され、患者は詳しい説明を受けます。聞き慣れない用語が出てくることもあるかもしれません。「早く治療法を決めなくてはいけない。でも、どうしよう」と迷ったり悩んだりする人も多く

    dot.

    11/5

  • 「診断に疑問がある」でセカンドオピニオンをとっていい?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

     がんの治療法は担当医から提示され、患者は詳しい説明を受けます。聞き慣れない用語が出てくることもあるかもしれません。「早く治療法を決めなくてはいけない。でも、どうしよう」と迷ったり悩んだりする人も多く

    dot.

    11/5

この話題を考える

  • がん患者に適切な情報を届ける難しさ 主治医から検査の選択肢を示されないケースも

     がん治療が高度化・細分化する中で、患者の潜在的なニーズをつかむことが難しくなっている。患者に適切な情報や選択肢を提供するためには、どうしたらいいのか。AERA 2022年11月7日号の記事を紹介する

    AERA

    11/5

  • がんの治療を自宅から遠い病院で受けるのは大変?その理由は?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    がんと診断されて「頭が真っ白になって、そのあと何を言われたか覚えていない……」。そんな人は多くいます。想定していなかったことに気が動転してしまうのも当然です。しかし、いつま

    dot.

    10/30

  • その病院にかかっていなくても、がんの相談ができる窓口は?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    がんと診断されて「頭が真っ白になって、そのあと何を言われたか覚えていない……」。そんな人は多くいます。想定していなかったことに気が動転してしまうのも当然です。しかし、いつま

    dot.

    10/29

  • 腫瘍とがんの違いは? 良性なら治療しなくていい?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

     今や小・中学校などのカリキュラムに「がん教育」が定められるほど、がんは身近な病気です。「生涯のうち、2人に1人ががんになる」とされ、そう遠くない日に自分や近しい人にがんが見つかることもあり得ます。そ

    dot.

    10/16

  • 原発不明がんでも治療できる? 希少がんとは?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

     今や小・中学校などのカリキュラムに「がん教育」が定められるほど、がんは身近な病気です。「生涯のうち、2人に1人ががんになる」とされ、そう遠くない日に自分や近しい人にがんが見つかることもあり得ます。そ

    dot.

    10/16

  • 医師は増えても外科医だけは0・98倍と減少「余裕がない状態」 働き方改革への外科医たちの期待と不安

     高齢化による患者数の増加もあり各地で外科医不足が問題となる中、医師の働き方改革が進められている。今年、日本胸部外科学会が発表した内容によれば、外科手術の件数は増加傾向にある一方で、外科医の数は増えて

    dot.

    10/7

1 2 3 4 5

カテゴリから探す