• 特集
  • コロナ、これから ~みんなで考えるウィズコロナ~

コロナ、これから ~みんなで考えるウィズコロナ~

  • 「濃厚接触者未満」どこまで自粛や予防? 感染不安から「念のため自粛」でモヤモヤ

    「濃厚接触者未満」どこまで自粛や予防? 感染不安から「念のため自粛」でモヤモヤ

      感染者や濃厚接触者が激増している。それに伴い、濃厚接触者には当たらずとも、感染者や濃厚接触者と接した人も増加。自粛の基準がないだけに混乱が広がっている。AERA 2022年2月14日号は「オミクロ

    AERA

    2/9

  • 夫の自宅療養を経験した40代記者が明かす 備えるべきもの&家庭内感染対策

    夫の自宅療養を経験した40代記者が明かす 備えるべきもの&家庭内感染対策

     新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の猛威が止まらない。病床の確保が追いつかず、感染者の多くは自宅療養を強いられそうだ。いまこそ必要な備えがある。AERA 2022年2月14日号は「オミクロン

    AERA

    2/9

  • オミクロン対策 行政主体から医療現場や患者さん目線に!日々の外来で思うこと

    オミクロン対策 行政主体から医療現場や患者さん目線に!日々の外来で思うこと

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ治療薬を処方して考えたこと」について、NPO法人医療ガバナンス

    dot.

    2/9

  • 修学旅行が中止になっても コロナ禍の特別支援学校が諦めなかった「学び」の場とは

    修学旅行が中止になっても コロナ禍の特別支援学校が諦めなかった「学び」の場とは

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に

    AERA

    2/8

  • コロナ感染の落語家 3日で体重戻るも「声がまるっきり出てない」

    コロナ感染の落語家 3日で体重戻るも「声がまるっきり出てない」

     作家・コラムニスト、亀和田武氏が数ある雑誌の中から気になる一冊を取り上げる「マガジンの虎」。今回は「東京かわら版」。*  *  * 落語が聴きたいな。誰が、どこで演ってるんだろうか。そんなとき手元に

    週刊朝日

    2/4

  • オミクロン拡大で「芸能人はなぜテレビ収録でマスクをしない?」カンニング竹山が答える!

    オミクロン拡大で「芸能人はなぜテレビ収録でマスクをしない?」カンニング竹山が答える!

     コロナウイルス感染者の報道が連日続く芸能界。お笑い芸人・カンニング竹山さんは、「アッコにおまかせ!」で、スタジオで使われるアクリル板をついたてのように持参して和田アキ子さんの楽屋挨拶に訪れたことが話

    dot.

    2/2

  • 3時間歩き食料を得る人も コロナ禍で食料配布の列に並ぶ女性が増加

    3時間歩き食料を得る人も コロナ禍で食料配布の列に並ぶ女性が増加

     ホームレス支援の食料配給の現場で、多くの女性を見るようになった。コロナ禍で、女性たちにいったい何が起きているのか。AERA 2022年1月24日号では、政府の生活支援からこぼれ落ちている女性たちの現

    AERA

    1/20

  • 「コロナも換気扇もどちらも怖い」 苦悩する換気扇恐怖症の男性、SNSの告白が救いに

    「コロナも換気扇もどちらも怖い」 苦悩する換気扇恐怖症の男性、SNSの告白が救いに

     コロナ対策として欠かせない換気扇だが、見たり考えたりすると恐怖を感じる人もいる。その背景には、感染症だけではない不安や恐怖がある。AERA 2022年1月17日号から。*  *  * 名古屋市のIT

    AERA

    1/16

  • 「30代」でも「肺年齢90代」 テレワークで進む老化を止めるキモは「座る」より「立つ」 

    「30代」でも「肺年齢90代」 テレワークで進む老化を止めるキモは「座る」より「立つ」 

     コロナ禍で在宅勤務が普及し、座りっぱなしで運動不足という人も少なくないだろう。いつまでも若々しくありたいなら、生活習慣を見直するが必要がある。重要となるのは、「肺」と「骨」を衰えさせないことだ。「体

    AERA

    1/16

  • コロナ禍で自宅リフォーム増加 大手と中小の差「値段と納期3倍」の落とし穴も

    コロナ禍で自宅リフォーム増加 大手と中小の差「値段と納期3倍」の落とし穴も

     在宅時間が長くなった影響で、自宅のリフォームが増えている。今春には一部メーカーによる価格改定も。下調べなしに申し込むと高くつく。AERA 2022年1月17日号から。*  *  * 不動産流通経営協

    AERA

    1/16

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す