清水、磐田がともに“残留争い” J1から「サッカー王国」の名門2チームが消滅の危機

2022/08/01 18:00

 森保ジャパンがE-1選手権を戦っていた傍ら、今季のJ1リーグの順位表に目を向けると、清水と磐田、かつて「サッカー王国」と言われた静岡の2チームが下位に沈んでいることに気づく。リーグ再開後の初戦では磐田が勝利(1対0 vs湘南)し、清水は引き分け(3対3 vs鳥栖)でともに勝ち点を積み上げたが、依然として残留争いの渦中にあり、静岡の2チームが同時降格の可能性は消えていない。

あわせて読みたい

  • かつてJ1で栄光掴むも…長年“J2暮らし”が続くチームの今、今季の昇格はあるか

    かつてJ1で栄光掴むも…長年“J2暮らし”が続くチームの今、今季の昇格はあるか

    dot.

    6/1

    Jリーグ開幕から3週間で見えたもの 早くも“J2降格”の危険性を漂わすのは?

    Jリーグ開幕から3週間で見えたもの 早くも“J2降格”の危険性を漂わすのは?

    dot.

    3/8

  • J2の「残留争い」が熾烈すぎる  “J1経験組”の大宮、松本山雅は初のJ3降格危機

    J2の「残留争い」が熾烈すぎる  “J1経験組”の大宮、松本山雅は初のJ3降格危機

    dot.

    11/2

    J2落ちが“危ぶまれる”のはどこだ? 来季は「4チームが自動降格」に…

    J2落ちが“危ぶまれる”のはどこだ? 来季は「4チームが自動降格」に…

    dot.

    12/24

  • 今年の「J1残留争い」は超激戦に?  最下位の神戸は上昇気配、“危ないチーム”はどこ

    今年の「J1残留争い」は超激戦に? 最下位の神戸は上昇気配、“危ないチーム”はどこ

    dot.

    6/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す