三和直樹

三和直樹

三和直樹の記事一覧

日本代表に推された男は新天地で苦戦…Jリーグ今季ここまでの「新戦力ベスト3&ワースト3」は
日本代表に推された男は新天地で苦戦…Jリーグ今季ここまでの「新戦力ベスト3&ワースト3」は
熱戦が続くJ1リーグは、6月22、23日にシーズンの折り返しとなる第19節が行われ、翌週には後半戦がスタートした。その中で目立つのが、各チームの新加入選手たちの働きである。選手獲得時の「期待値」とチーム全体への「貢献度」を重視して、今季のJ1リーグの新戦力ベスト3、そしてワースト3を選びたい。
Jリーグサッカー
dot. 7/4
優勝に最も近いのは? 「EURO2024」決勝Tの展望、“番狂わせ”起こせそうなチームも
優勝に最も近いのは? 「EURO2024」決勝Tの展望、“番狂わせ”起こせそうなチームも
6月14日に開幕した欧州選手権「UEFA EURO2024」は、日本時間27日未明にグループステージ全日程が終了して決勝トーナメント進出16チームが出揃った。大会前に優勝候補に挙げた5カ国中4カ国(スペイン、ドイツ、ポルトガル、フランス)が「左の山」に偏った中、果たしてどのチームが勝ち上がるのか。いよいよ始まる一発勝負の戦いを前に、有力国の戦いぶりを振り返りながら、チーム力を再整理したい。
サッカーUEFA EURO2024
dot. 6/28
五輪サッカー「最強のOA枠3人」 ブラジル、アルゼンチンなど“えぐい顔ぶれ”揃えたのは
五輪サッカー「最強のOA枠3人」 ブラジル、アルゼンチンなど“えぐい顔ぶれ”揃えたのは
ドイツを舞台に絶賛熱戦展開中のEURO2024が終わると、7月下旬からいよいよフランスでのパリ五輪が開催される。その五輪サッカーのルール上の特徴が「23歳以下」の年齢制限であり、各国のチーム編成上で鍵を握るのが1チーム3人まで採用可能な「オーバーエイジ枠(以下OA枠)」である。
サッカーパリ五輪
dot. 6/19
いよいよ開幕!「EURO2024」は見どころが満載 優勝候補、ダークホース、注目選手は
いよいよ開幕!「EURO2024」は見どころが満載 優勝候補、ダークホース、注目選手は
4年に1度の欧州選手権「UEFA EURO2024」が日本時間6月15日未明に開幕する。WOWOWに続いてABEMAでも放送されることが発表され、日本でも一気に注目度が上がってきた。では、ドイツで開催される今大会の優勝候補はどこなのか。
サッカーUEFA EURO2024
dot. 6/11
札幌、京都らは生き残れるのか?「J1残留争い」は今季も熾烈、“危険水域”のチームの現状は
札幌、京都らは生き残れるのか?「J1残留争い」は今季も熾烈、“危険水域”のチームの現状は
開幕から3カ月が経過したJ1リーグは、序盤の大混戦から徐々に上位と下位の差が開きつつある。全38節中の17節までを終えた今、優勝争いに続いて今度はJ1残留争いに目を向けたい。まだ折り返し前だが、すでに危険水域にあるチームはどこか。
Jリーグ残留争い
dot. 6/4
J1優勝争いが面白い! 町田には“正念場”来る予感 復活期す鹿島ら「上位5チーム」カギ握るのは
J1優勝争いが面白い! 町田には“正念場”来る予感 復活期す鹿島ら「上位5チーム」カギ握るのは
開幕から3カ月が経過したJ1リーグは、序盤の大混戦から徐々に上位と下位の差が開きつつある。全38節中の16節までを終えた今、改めて今季の優勝争いに着目し、現状の上位トップ5のチームの戦いぶりと今後の課題を探りたい。
Jリーグサッカー
dot. 5/30
中国代表は敗退の危機? アジアW杯予選、“新興勢力”が躍進 枠拡大で初出場掴めそうな国は
中国代表は敗退の危機? アジアW杯予選、“新興勢力”が躍進 枠拡大で初出場掴めそうな国は
6月、日本代表は2026年W杯のアジア2次予選の2試合(6日:ミャンマー戦、11日:シリア戦)が予定されている。その森保ジャパンの戦いぶりとともに注目したいのが、アジアの出場枠が「4.5」から「8.5」と大幅拡大された中での他国の状況、特に“W杯初出場”を目指す国々の戦いぶりである
ワールドカップサッカー
dot. 5/21
正GK候補や冨安&板倉に“割って入れそう”なDFも 「パリ五輪→A代表入り」期待したい選手たち
正GK候補や冨安&板倉に“割って入れそう”なDFも 「パリ五輪→A代表入り」期待したい選手たち
無事に、そして見事に、U-23日本代表がAFC U-23アジアカップでパリ五輪出場切符を勝ち取り、優勝にも輝いた。今後、パリ五輪出場のメンバー18人の枠の争いに注目が集まるが、その狭き門を経てフランスの地での戦いを終えた後には、A代表での活躍を是非とも期待したい。その能力と資格を持つ選手は多くいる。
サッカー日本代表
dot. 5/14
今季のJリーグでブレイク「代表入り期待したい5人」 遅咲きの点取り屋や、青森山田出身の大型DFも
今季のJリーグでブレイク「代表入り期待したい5人」 遅咲きの点取り屋や、青森山田出身の大型DFも
2024年のJリーグは序盤からサプライズ続きで例年以上の混戦模様が続いている。選手個々に見ると、U-23日本代表としても活躍した快足ドリブラーの平河悠(FC町田ゼルビア)が、J1の2・3月度の「月間MVP」を受賞するなど、今季序盤戦で最もブレイクした選手と言える。だが、その他にもブレイク、あるいはその雰囲気を漂わせる選手は多くいる。その中で、将来的な日本代表入りが期待される5人をピックアップしたい。
Jリーグ日本代表
dot. 5/8
「J1昇格組」序盤戦の評価と課題  町田の“旋風”いつまで続くか 磐田、東京Vの“カギ”握るのは
「J1昇格組」序盤戦の評価と課題  町田の“旋風”いつまで続くか 磐田、東京Vの“カギ”握るのは
混戦模様の2024年のJ1リーグ戦。桜の季節は瞬く間に過ぎ去ろうとしている中で、序盤の“滑り出し”に注目が集まったのが、FC町田ゼルビア、ジュビロ磐田、東京ヴェルディの昇格組3チームである。
Jリーグ町田
dot. 4/16
1 2 3 4 5
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
カテゴリから探す
ニュース
「英国労働党が総選挙で愛なき大勝 『政治家ロボット』が退屈路線で勝利」ブレイディみかこ
「英国労働党が総選挙で愛なき大勝 『政治家ロボット』が退屈路線で勝利」ブレイディみかこ
AERA 6時間前
教育
〈さんま御殿NEWS小山慶一郎と初共演きょう〉料理研究家・みきママ「ママファーストでいいんです」 東大現役合格の長男のスイッチが入った瞬間とは
〈さんま御殿NEWS小山慶一郎と初共演きょう〉料理研究家・みきママ「ママファーストでいいんです」 東大現役合格の長男のスイッチが入った瞬間とは
みきママ
AERA 3時間前
エンタメ
〈ドラマ南くんが恋人!?きょうスタート〉八木勇征が4年越しのアリーナツアー 「今の時期に開催するのが必然だった」理由とは
〈ドラマ南くんが恋人!?きょうスタート〉八木勇征が4年越しのアリーナツアー 「今の時期に開催するのが必然だった」理由とは
八木勇征
AERA 2時間前
スポーツ
宇野昌磨、本田真凜、無良崇人、本郷理華が語る“人気作”演じる難しさ 見所満載「ワンピース・オン・アイス」の魅力
宇野昌磨、本田真凜、無良崇人、本郷理華が語る“人気作”演じる難しさ 見所満載「ワンピース・オン・アイス」の魅力
宇野昌磨
dot. 6時間前
ヘルス
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
いい病院
dot. 7/14
ビジネス
新NISA開始3カ月で買われた日本株・利回り順30「注意! 高配当株の賞味期限」【通常非公開データ】
新NISA開始3カ月で買われた日本株・利回り順30「注意! 高配当株の賞味期限」【通常非公開データ】
AERA Money
AERA 6時間前