朝倉未来破ったクレベルも続く? 「RIZIN経由」で世界に羽ばたいた外国人選手たち (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

朝倉未来破ったクレベルも続く? 「RIZIN経由」で世界に羽ばたいた外国人選手たち

dot.sportsdot.
世界最高峰UFCでも強さを発揮しているイリー・プロハースカ(写真/gettyimages)

世界最高峰UFCでも強さを発揮しているイリー・プロハースカ(写真/gettyimages)

 6月13日、「RIZIN.28」が総合格闘技の大会としては18年ぶりに東京ドームで開催された。全10試合が行われ、盛り上がった試合も多かった中、印象に残る戦いぶりを披露したのが、ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケのブラジル人ファイター2人だ。

【写真】朝倉未来の影響も?激化する「アウトロー系YouTuber」について語る元関東連合幹部はこちら

 サトシ・ソウザはライト級タイトルマッチでトフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン)を、クレベル・コイケは日本のMMA界の中心人物である朝倉未来を、ともに得意の三角絞めで下した。

 2人に対しては、国内のMMAを盛り上げて欲しいという声とともに、世界を舞台に戦って欲しいという意見もあるが、UFCなどで戦うのは厳しいとの見方も多い。だが、これまでRIZINで戦った経験を持つ外国人ファイターが、世界のトップクラスまで登りつめた例もある。

 そこで今回は、“RIZIN経由”で世界に羽ばたいた外国人ファイターを紹介したい。

 まず、イリー・プロハースカ(チェコ)は外すことはできないだろう。プロハースカは「RIZIN.1」で日本が誇る“野獣”藤田和之を相手にKO勝利を収めるなど、大会の立ち上げ当初から活躍した選手。RIZINでは計12試合を戦い、負けたのはわずか1試合のみ。2019年4月21日に開催された「RIZIN.15」では、唯一敗戦を喫していた相手でもあるキング・モー(アメリカ)を破り、初代のライトヘビー級王者に輝いた。

 その後、1度王座を防衛したが、2020年1月に王座を返上し、UFCと契約。UFC初戦でいきなりライトヘビー級ランキング7位のヴォルカン・オーズデミアと対戦し、2R KOで勝利すると、続く第2戦では同3位のドミニク・レイエスを2Rの回転バックエルボーで下し、2連勝を飾った。

 まだUFCに参戦してから戦ったのは2試合のみだが、次戦は早くもタイトルマッチの挑戦が噂されている。

 そのプロハースカに敗れたものの、UFCと並ぶメジャー団体Bellatorで王者となったのが、ワジム・ネムコフ(ロシア)だ。ネムコフはプロハースカとは違い、RIZINのリングに上がったのは4試合と少なく、戦績も2勝2敗とそこまで目立った戦いぶりは見せられてはいなかった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい