慶應、立教、東大も! 箱根駅伝、かつてはこんな大学が走っていた

2020/01/02 07:00

 2020年、箱根駅伝で筑波大が26年ぶりに出場する。前回の出場は1994年だった。四半世紀の空白を埋めるため、筑波大は国立大学のスポーツ先端校として長いあいだもがき苦しんだ。

あわせて読みたい

  • 中央は「C」、駒澤は「駒澤大學」…箱根駅伝ユニホーム、大学名表記の違いを比べてみた

    中央は「C」、駒澤は「駒澤大學」…箱根駅伝ユニホーム、大学名表記の違いを比べてみた

    dot.

    1/2

    平成以降に「箱根駅伝」デビューしたのはどんな大学? 初出場の駿河台大、注目の東京国際大は予備校が起源

    平成以降に「箱根駅伝」デビューしたのはどんな大学? 初出場の駿河台大、注目の東京国際大は予備校が起源

    dot.

    1/2

  • 箱根駅伝で注目の新興勢力 「オリジナル4」や「層が厚い」意外な大学も

    箱根駅伝で注目の新興勢力 「オリジナル4」や「層が厚い」意外な大学も

    AERA

    1/2

    箱根駅伝「初出場」をねらう意外な大学は?

    箱根駅伝「初出場」をねらう意外な大学は?

    dot.

    1/2

  • 「いだてん」の筑波大を弘山勉監督が26年ぶりに箱根駅伝に導けたワケ

    「いだてん」の筑波大を弘山勉監督が26年ぶりに箱根駅伝に導けたワケ

    週刊朝日

    1/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す