男子マラソン設楽悠太 「1億円」獲得レースの朝に食べた驚きのメニューとは?

2020東京五輪

2019/09/13 17:00

 7月7日、日本では七夕の日にオーストラリアのゴールドコーストから飛び込んできたニュースを聞いて、正直驚いた。設楽悠太、2時間7分50秒で優勝――。MGCまでおよそ2カ月。出場権を獲得している選手のなかで、いまごろフルマラソンに挑戦する選手はいない。しかし、設楽は違った。

あわせて読みたい

  • 設楽悠太の日本新を生んだ“非常識な調整法”

    設楽悠太の日本新を生んだ“非常識な調整法”

    AERA

    3/6

    マラソン五輪代表逃した設楽の恩師が喝「世界と戦うには準備不足」

    マラソン五輪代表逃した設楽の恩師が喝「世界と戦うには準備不足」

    dot.

    9/15

  • 東京マラソン惨敗の設楽悠太 今後の主戦場は海外か?

    東京マラソン惨敗の設楽悠太 今後の主戦場は海外か?

    dot.

    3/3

    金メダルより高い! 東京マラソン2位の褒賞金1億円は有効か

    金メダルより高い! 東京マラソン2位の褒賞金1億円は有効か

    週刊朝日

    3/7

  • 男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    週刊朝日

    3/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す