「関ケ原」がいまだ専門家の間で議論される背景と3武将と神社仏閣の関係

あなたの知らない神社仏閣の世界

神社仏閣

2018/09/15 07:00

 日本には様々な記録文章が残されているが、つねに歴史の真実が伝えられているとは言いきれない、と思う。ほんの400年ほど前のことですら、のちの為政者や関係者、時には庶民によってあちこちが脚色され、話が膨らんでしまっている。教科書でも取り上げられている関ケ原の戦も例外でなく、今なおいろいろな逸話が訂正されたり、異説が唱えられたりしている。旧暦・9月15日は徳川家康が天下分け目の関ケ原の戦に勝利した日である。

あわせて読みたい

  • 徳川家康は「◯◯◯」だから!?東照宮で「必勝祈願」をする理由
    筆者の顔写真

    鈴子

    徳川家康は「◯◯◯」だから!?東照宮で「必勝祈願」をする理由

    dot.

    3/18

    徳川宗家19代目・徳川家広「第二の秀吉を封じ込める」

    徳川宗家19代目・徳川家広「第二の秀吉を封じ込める」

    週刊朝日

    2/29

  • 四天王、十六神将…なぜ徳川家康の家臣団には「逸材」が次々に登場したのか

    四天王、十六神将…なぜ徳川家康の家臣団には「逸材」が次々に登場したのか

    dot.

    1/7

    「くだらない」の語源に密接に関係する家康と秀吉の決断

    「くだらない」の語源に密接に関係する家康と秀吉の決断

    dot.

    7/31

  • 徳川宗家19代目・徳川家広「将軍と大名の本当の関係とは?」

    徳川宗家19代目・徳川家広「将軍と大名の本当の関係とは?」

    週刊朝日

    2/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す