柿木、根尾ら大阪桐蔭はやはり“ドラフトの宝庫” 松山聖陵・土居は大化けも (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

柿木、根尾ら大阪桐蔭はやはり“ドラフトの宝庫” 松山聖陵・土居は大化けも

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
大阪桐蔭の柿木投手 (c)朝日新聞社

大阪桐蔭の柿木投手 (c)朝日新聞社

 強打のショートとして面白いのが増田陸(明秀日立)だ。守備はプレーにスピード感があり、リストの強さを生かしたバッティングも力強い。攻守に確実性がアップすれば、高校から直接プロ入りの可能性も高くなるだろう。

 投手だが、野手としての将来性が光ったのは大谷拓海(中央学院)だ。スイングのバランスが良く、ヘッドスピードの速さでも目を見張るものがあった。また、打撃以外のプレーは平凡だが、林晃汰(智弁和歌山)と北村恵吾(近江)の二人はパワフルなバッティングが目立った。三拍子揃ったショートの小幡竜平(延岡学園)、小松勇輝(東海大相模)も将来的にはプロを狙える素材だ。

 昨年の清宮幸太郎(日本ハム)、安田尚憲(ロッテ)のような超目玉と言える選手は不在だったが、将来性のある選手は決して少なくない印象だ。また下級生でも、井上広輝(日大三・投手)、奥川恭伸(星稜・投手)、東妻純平(智弁和歌山・捕手)、渡部雅也(日大山形・捕手)、黒川史陽(智弁和歌山・二塁手)、松浦佑星(富島・遊撃手)、齋藤來音(静岡・外野手)など楽しみな選手も多かった。今年のドラフト戦線はまだ始まったばかりである。昨年の中村奨成(広島)のように、春から夏にかけて急激に評価を上げる選手が登場することにも期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい