舞台女優やアイドル活動も…「異端」の30歳女性医師が考える医療の未来 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

舞台女優やアイドル活動も…「異端」の30歳女性医師が考える医療の未来

上田悠理医師「テクノロジーの発展が、医師を『攻める』に変える」

上田悠理医師「テクノロジーの発展が、医師を『攻める』に変える」

―― 早稲田大学の卒業後は。

 岡山大学医学部に編入して医師免許を取得しました。

―― 医師を目指すうえで心がけていたことはありますか。 極端にいえば、医学部に入ったら医師になる以外ない。ある意味、自分の選択肢を狭めてしまうんです。だからこそ、学生のうちにできるだけ社会経験を積んでほしいですね。

―― 実際にどんなことを?

 私は小さなバーの経営や舞台女優、アイドル活動もしていました。卒業後は世界中を旅したり……。あまり参考にならないと思います(笑)。

―― そうやって人とのつながりを大切にしていたのですね。

 そうですね。知人から医師が運営しているバーを紹介され、いつしかそこでスタッフとして働くようになりました。すると、そこにメドピア代表で医師の石見陽先生が訪れて、私のキャリアに興味を持ってくださって、「Health 2.0」を統括してみないかって。グローバルでスケールが大きく、テクノロジーにも興味があったので、即断で「はい」と返事をしました。

■テクノロジーの発展が、医師を「攻める」に変える

―― どう変わると考えますか。

 まず、医師は事務作業が多いので、テクノロジーを導入して簡便化する。もう一つは、医療従事者同士の連携です。現在も週2.5日ほど臨床に出ていますが、医師とコメディカル、ケアマネジャーなど各々が持っている情報が断絶していて共有できていないんです。

 医師も忙しくなれば、心に余裕がなくなる。ただその忙しさが医療行為からではなく事務作業や情報の不足からだったら、テクノロジーで負荷を減らせるし、もっとアクティブになれる。とはいえ、医療のベースは人間による診療です。医師とAI、どちらに「大丈夫ですよ」と言われて安心できるか。医師ですよね。

 だからこそ、アナログ的な部分を保ちつつ、それを補う意味でテクノロジーの意義があると思います。

上田悠理(うえだ・ゆうり)/訪問診療医、形成外科医、メドピア。1987年山口県防府市で生まれる。2002年、瀬戸内海にほど近い進学校、山口県立防府高校に入学。米国やカナダへの交換留学も経験。高校時代は成績がよく、教師や母親から医学部進学を切望される。だが、当時は「性に合わない」と文系を選択。早稲田大学法学部に入学。勉学に励むと同時に、演劇に心酔。舞台女優のほか、アイドルとしても活動。2008年、大学3 年生になると就職活動をスタート。外資系コンサルティング会社などを受け始めるも、過酷な仕事ですさんだ生活ぶりを聞かされ、就活を見つめ直す。大学4年生になる直前に、突如、医師を志望する。就活を即座にやめて、一日 時間の猛勉強を始める。2009年岡山大学医学部に編入。日々、勉強に励む傍ら、共同出資者として岡山市内でバーを経営。その後、医師国家試験に合格。医師免許を取得する。研修医生活が始まる。2017年メドピア・石見陽CEOと出会う。「Health 2.0 Asia - Japan 2017」の統括ディレクターを任せられる。参加総数は約850名。一躍、名をとどろかせる。

(文・構成/井上和典)

※AERAムック『AERA Premium 医者・医学部がわかる2018』から抜粋


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい